昭和レトロの街で人気の純喫茶!鹿児島「名山町スザク」

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

昭和レトロの街で人気の純喫茶!鹿児島「名山町スザク」

昭和レトロの街で人気の純喫茶!鹿児島「名山町スザク」

更新日:2019/05/17 14:05

湯川 カオル子のプロフィール写真 湯川 カオル子 温泉流浪人、路地裏ウォーカー
鹿児島市の繁華街にほど近い名山町は、昭和20年代から30年代の家屋が建つレトロな裏路地。桜島へ渡るフェリー乗り場や、欲しいお土産が必ず見つかる鹿児島唯一のデパート「山形屋」なども近く、観光に便利です。ここに2018年12月にオープンした「名山町スザク」は、ノスタルジックな純喫茶&リサイクルのお店。大島紬の小物や昔懐かしい掘り出し物も満載! 一杯のコーヒーで、昭和時代にタイムトラベルしてみよう。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

名山町は、70年前の昭和レトロが残る街

名山町は、70年前の昭和レトロが残る街

写真:湯川 カオル子

地図を見る

名山町ができたのは、戦後まもなく。空襲で市街地の9割以上が焼失し、その焼野原にできた商店街。歳月を経て年季がはいり、近年のレトロブームとあいまって、鹿児島の「路上遺産」ともいえそうなレトロな地区になりました。濃密な気配を残した裏路地には、蓄積された時間と哀愁がただよいます。

シャッター商店もありますが、昔のままの雑貨店や、リーズナブルに飲み歩きできる小さな居酒屋をはじめ、ちかごろは古い建物をリノベーションした、隠れ家的なカフェやレストランがオープン。個性的で美味しいお店がありますよ。

名山町は、70年前の昭和レトロが残る街

写真:湯川 カオル子

地図を見る

名山町スザクは、現オーナーの宮脇絵里香さんが、築70年の釣具店だった建物を買い取り、2018年12月にオープンした純喫茶。古風な響きのスザク(朱雀)とは、南の方角を守る、真っ赤な鳥の姿をした中国の神獣。平城京や平安京など古い都の守護神です。お店が宮脇さんの自宅から南の方角にあることと、好きな赤を結び付けての命名。

建物は改装した箇所もありますが、大半は昔のまま。赤い朱雀が描かれた看板は味のあるデザイン。路地から2階を見上げると、風雨にさらされ灰色にあせた、柱や手摺が見られます。

一風変わったものがある、1階のリサイクル店

一風変わったものがある、1階のリサイクル店

写真:湯川 カオル子

地図を見る

1階は、商店だった間取りを活かすリサイクルショップ。宮脇さんの実家にあった骨董品や、引っ越しで不要になった古道具が並びます。なかには砲撃地点までの距離を測る旧陸軍の測距儀(非売品)など、一風変わった昭和の品も展示。ちなみに買い取りはしていません。

一風変わったものがある、1階のリサイクル店

写真:湯川 カオル子

地図を見る

鹿児島の名産、大島紬の生地で作ったバッグも販売。祖父母が大島紬の工場を経営していたときに、宮脇さんのお父さんが作ったもので、価格もリーズナブル。

一風変わったものがある、1階のリサイクル店

写真:湯川 カオル子

地図を見る

こちらは大島紬に使われる絹糸。先染めされた絹糸は、とってもしなやかで1つ90円。鹿児島ならではの掘り出し物です。

昭和感満載のレトロ純喫茶

昭和感満載のレトロ純喫茶

写真:湯川 カオル子

地図を見る

2階の喫茶室へは、昔ながらの急で狭い階段をあがります。天井は高く、木枠にはまった窓ガラスは当時のまま。壁の向こうは隣家の部屋。1棟を仕切って数戸が暮らす、長屋ならではの造りです。

昭和感満載のレトロ純喫茶

写真:湯川 カオル子

地図を見る

ベルベット生地が張られた座り心地のいい椅子や、昭和の歌謡曲がBGMに流れるノスタルジックな室内。

昭和感満載のレトロ純喫茶

写真:湯川 カオル子

地図を見る

こちらは喫煙専用のお部屋。今ではタバコが吸える場所が少なくなったため、喫煙家のために席を用意。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

シンプルでリーズナブルなメニュー

シンプルでリーズナブルなメニュー

写真:湯川 カオル子

地図を見る

大胆に手書きされた元気いっぱいのメニューは、お店の雰囲気にピッタリ。お値段はどれも300円から500円とリーズナブル。スティックシュガーが置かれたビニールマットも懐かしさを覚えます。

シンプルでリーズナブルなメニュー

写真:湯川 カオル子

地図を見る

近ごろ注目のハーブティのバタフライピー。レモンを絞ると紫色に変化する不思議なお茶です。タイ原産で、アンチエイジングや美肌にもいいと評判で、ポットに淹れて運ばれます。シナモントーストとセットでもたったの500円。

シンプルでリーズナブルなメニュー

写真:湯川 カオル子

地図を見る

こちらはカプチーノとハチミツたっぷりのトースト。上品なカップやお皿も、旧いお店にピッタリ。

名山町の「支え合い」

名山町の「支え合い」

写真:湯川 カオル子

地図を見る

2階の窓を開けると、向かいの建物まで伸びる柱。お店の外観を写した写真でも見えますが、この柱がなくなると互いの建物が倒れてしまう!?という衝撃の事実。支え合いの町なんです。

名山町の「支え合い」

写真:湯川 カオル子

地図を見る

名山町は、自分自身が昭和時代に入りこめる街。かごしま水族館や桜島の絶景を楽しめるドルフィンポートなどにも近く、観光に便利です。特に、フェリー乗り場から桜島に渡る前後に、年季の入った街並みを歩いてみるのがおすすめ。しばし「名山町スザク」に立ち寄れば、一杯のコーヒーで、ノスタルジックな世界にひたれます。鹿児島を訪ねるなら、昭和時代にタイムトラベルしてみませんか?

名山町スザクの基本情報

住所:鹿児島県鹿児島市名山町3-2
電話番号:050-3468-2119
アクセス:市電 朝日通駅徒歩5分、市役所前駅徒歩5分
営業時間:朝8時から18時

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -