日本初!食育がテーマの「ファームグランピング京都天橋立」へ子連れでGO!

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本初!食育がテーマの「ファームグランピング京都天橋立」へ子連れでGO!

日本初!食育がテーマの「ファームグランピング京都天橋立」へ子連れでGO!

更新日:2019/06/14 16:39

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

近年大人気のグランピング。全国的に施設も急増、様々な特色やテーマをもったものも目立ってきました。そんな中、京都のグランピングのメッカともいえる天橋立に全国初となる食育をテーマとしたグランピングがオープン!子連れファミリーからの大きな注目を集めています。
家族で楽しめる旅行先はこちら

天橋立は一大グランピングエリア!食育テーマのグランピングも登場

天橋立は一大グランピングエリア!食育テーマのグランピングも登場

写真:bow

地図を見る

日本三景のひとつ、京都の天橋立が今グランピングで注目を集めています。森のグランピング、ビーチグランピング、さらには愛犬連れでも行けるドッググランピングなど様々なニーズにこたえるグランピングが次々とオープン!

そして2019年6月に新たにお目見えしたのが食育をテーマとした「ファームグランピング京都天橋立」。大人も子供も楽しめる、子連れファミリー待望のグランピングをご紹介します!

天橋立は一大グランピングエリア!食育テーマのグランピングも登場

写真:bow

地図を見る

「魚が切り身のまま泳いでいる」などという間違った認識の子供がいるような現代において、ますます問われる食育の重要性。そんな中、この「ファームグランピング天橋立」では子供たちが楽しみながら「食」を学べる様々な食育体験プログラムが用意されています。

管理棟にもなっている「Cooking Terrace FUN」、到着したならまずはここへと足を運びチェックインを。テントサイトを確認したら早速食育体験に挑戦してみましょう。

天橋立は一大グランピングエリア!食育テーマのグランピングも登場

写真:bow

地図を見る

普段よく口にする身近な食べ物は、いったいどういう物から、どんな過程で出来上がるのか?グランピングという非日常の中で、食への理解を深める体験が気軽にできるのは嬉しいポイント。この日は子供たちが大好きなポテトチップスを自分で作ることに挑戦!じゃがいもを選ぶところからスタートします。

子供たちと食育体験を楽しもう!

子供たちと食育体験を楽しもう!

写真:bow

地図を見る

優しいスタッフたちの手ほどきを受けつつ、原材料の状態からいくつもの行程を経て、いつも食べているものを作り出すという体験。これが普段できそうでなかなかできないもの。そんな調理体験は子供たちにとって何かの”気づき”にもなるかもしれません。

おでかけ中のテンションの高さも手伝って、子供たちはいつにも増して真剣に取り組んでくれることでしょう。そして何より自分で作ったものの美味しさ、そしてその喜びこそが学びにつながるのです。

※料金は無料。当日申し込みOK、複数コンテンツ参加も可能。

子供たちと食育体験を楽しもう!

写真:bow

地図を見る

またグランピングサイトから徒歩5分ほどの距離にあるのが「天橋立すくすくファーム」。ここでは季節に応じた野菜などの収穫体験ができます。普段口にする野菜や果物は、いったいどんな形で生えているのか?自分で収穫することによって知識として得られるのです。

都会で生活していると田んぼや畑すらもなかなか目にしないもの。そこへ足を踏み入れるということじたいも極めて珍しい体験なのかもしれません。

子供たちと食育体験を楽しもう!

写真:bow

地図を見る

野菜は勝手に生えているわけではなく、人の手によって育てられているという事実も、この場ならば子供たちに伝えやすいでしょう。「食」に対しての心構えを伝えることも親の大事な役目。

そしてカゴいっぱいに取れた野菜は調理して、サラダやディナーの一品として食卓へと並べましょう。自分で取ったものを責任をもって食べる。そんな食への理解と感謝の心を持つべく、食育体験ができるのが「ファームグランピング京都天橋立」なのです。

※収穫体験は、小学生以下のお子様を含むグループのみ。

カユイところにも手が届いているグランピングサイト。

動画:bow

地図を見る

「ファームグランピング天橋立」の魅力は食育だけではありません。とにかく施設の充実っぷりは特筆モノ。なかでも日本初となる直径約10mもの超大型テント「サプライズドーム」はその名の通り、ビックリするほど快適な78.5平米という圧倒的な広さの大空間。その様子は動画でご覧あれ!

※こちらの動画は画面を動かすことが可能なので、テント内を360°見ることができます。

カユイところにも手が届いているグランピングサイト。

写真:bow

地図を見る

京都・丹後の大自然の中を過ごす各テントの海側は一部がスケルトンになっており、テントにいながらパノラマビューも楽しめる仕様!上記の「サプライズドーム」以外にも、直径6mの「スタンタードドーム」、そしてスタンダードドームが2つ並んだ「ツインドーム」の3タイプがあります。

なかでもツインドームは「一緒に旅行は行くけど寝る場所は別がいい」というニーズが非常に多い仲良しの家族同士でのグランピングや、親・子・孫の三世代グランピングにオススメ!

カユイところにも手が届いているグランピングサイト。

写真:bow

地図を見る

各テントサイトの特徴として、それぞれ独立のバス・トイレが設置されているのがポイント。テント内ではなく外部にあることにより、トイレの音が気になるといったことは全くありません。また更衣室付きのバスルームにはバスタブも設置。オーガニックシャンプーなどアメニティー類も充実していて、まるで普通のホテルで過ごしているかのような快適さなのです。

グランピング=アウトドアというイメージで、不慣れな人にとってはトイレなどは不安要素かもしれませんが、それは杞憂に終わることになるでしょう。

コドモヨロコブ、ソノシカケ

コドモヨロコブ、ソノシカケ

写真:bow

地図を見る

「ファームグランピング天橋立」の各テント内は子供たちが喜ぶようなかわいいぬいぐるみたちが待っています。置かれているものはテントによってそれぞれ異なっていて、どんなものが待っているかはお楽しみ!ぬいぐるみなどの調度品はすべて女性スタッフのチョイスとのことで、そのセンスの良さが光っています。

コドモヨロコブ、ソノシカケ

写真:bow

地図を見る

また小さなウサギにエサをあげることも可能で、動物との触れ合いも楽しめます。またテントサイトからすぐ近くの海辺で遊ぶことも可能ですし、子供たちが遊ぶことにおいては困ることはないでしょう。

コドモヨロコブ、ソノシカケ

写真:bow

地図を見る

「Cooking Terrace FUN」にはキャンプファイヤーができる「焚火Bar」があります。夕暮れになると火が灯され、ゾロゾロと人が集まってきます。焚火を囲みながらここでは焼きマシュマロが無料で楽しめたりと、子供たちにとっても印象に残るキャンプの夜が更けていくのです。

BBQこそグランピングの真骨頂

BBQこそグランピングの真骨頂

写真:bow

地図を見る

グラピングにおいてメインイベントといえばやはりBBQでしょう。材料は持ち込みもOKなのですが、おすすめしたいのは食材が準備されたスタンダードグランピングプラン。実は「ファームグランピング天橋立」の経営母体は地元で有名なスーパーや飲食店も運営していて、品質の高い食材の調達はおてのもの!京都・丹後エリアの食材を使用したメニューは、食べて納得の美味いものづくしなのです。

BBQこそグランピングの真骨頂

写真:bow

地図を見る

スタンダードグランピングプランは1泊2食付きで満足度はかなり高め!朝はオシャレにローストビーフバーガーなどを召し上がれ。ちょっとしたピクニック気分も味わえちゃいますね。

BBQこそグランピングの真骨頂

写真:bow

地図を見る

なお各テントサイトには防風・防寒対策が取られた個別のBBQコーナーが完備!ちゃんと景色も楽しめるように窓の面積も広く、悪天候でも問題なくBBQが楽しめちゃいます。また「ファームグランピング天橋立」は日帰りBBQの利用も可能で、天橋立観光のついでに立ち寄り、といった使い方もできるのは嬉しいポイントです。

ファミリー以外にもオススメなファームグランピング

「ファームグランピング京都天橋立」は食育がテーマであり、お子様連れのファミリーで楽しむにはこれ以上ないグランピング。しかしながら、その素晴らしいロケーションと魅力的な設備に支持を得ていて、女子旅やカップルにも人気とのこと。そんな京都の一大グランピングエリアとなった天橋立。行ってみる価値、ありますよ!

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

取材協力:ファームグランピング京都天橋立

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/11−2019/05/12 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -