一味違う淡路島ステイ術 楽園ホテル「プラザ淡路島 別邸蒼空」へ

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

一味違う淡路島ステイ術 楽園ホテル「プラザ淡路島 別邸蒼空」へ

一味違う淡路島ステイ術 楽園ホテル「プラザ淡路島 別邸蒼空」へ

更新日:2019/05/17 16:26

藤井 麻未のプロフィール写真 藤井 麻未 元秘境系海外旅行添乗員
本州と四国を行き来する際に多くの方が通過する淡路島。高速を走るだけでは島の全体像は分からないが、実は真っ青な空と海、穏やかな気候とのんびりとした淡路島の空気はリゾートステイにぴったりなのだ。今回は、そんな淡路島の魅力を味わうために、ぜひ宿泊してみたい楽園ホテル「プラザ淡路島 別邸蒼空」をご紹介しよう。

丘上の楽園ホテル「プラザ淡路島 別邸蒼空」

丘上の楽園ホテル「プラザ淡路島 別邸蒼空」

提供元:ホテルニューアワジ プラザ淡路島

https://www.plazaawajishima.com/地図を見る

うずしおで名高い徳島県鳴門市からほど近く、南淡路に立つのが「プラザ淡路島」だ。淡路島を中心に関西、四国エリアでも有名な「ホテルニューアワジ」グループのホテルである。

入り組んだ美しい海岸線を眼下に見て、小高い丘を登ったところに落ち着いた佇まいを現すプラザ淡路島は、ファミリー、カップル、友人同士と幅広い層に満足度が高い上質なリゾートホテル。更に一味違う滞在を楽しみたいのならば、2012年にオープンした別邸蒼空へ。鳴門海峡を望む究極のプライベート空間はまさに「別邸」と呼ぶにふさわしい。

別荘ライクなプライベート感

別荘ライクなプライベート感

写真:藤井 麻未

地図を見る

別邸蒼空のコンセプトは「あなただけの別邸」。客室に一歩入ると、まるで別荘を訪れた時のような非日常の寛ぎを感じられる。その秘密は客室のほとんどが100平米以上という余裕の広さにある。和室の他ベッドルームも備え、リビング・ダイニングには広々としたテーブルが置かれる。大人数で団欒できるのは子連れやお年寄りがいる複数世代旅行にも重宝だ。

別荘ライクなプライベート感

写真:藤井 麻未

地図を見る

また、別邸蒼空では旬の海鮮をふんだんに使った特別料理をプライベートに部屋で頂くことができる。(グランデツインのみレストランにて)。専属の板前が目の前で新鮮な海の幸を捌いてくれるという徹底ぶりだ。ホテルスタイルでありながらも、旅館のように寛いで部屋食を楽しめる。周りの目を気にすることなく自分たちのペースで食事ができるのは大きな魅力の一つだろう。

専用ラウンジには淡路牛乳やアルコールも

専用ラウンジには淡路牛乳やアルコールも

写真:藤井 麻未

地図を見る

別邸蒼空に宿泊するゲストにとって嬉しいサービスが専用ラウンジの利用だ。蒼空ゲストのみが利用できるため、ひっそりと静寂が保たれていて落ち着いたひとときを過ごすことができる。

コーヒー紅茶の他ジュースなどもあり、スナックやお菓子などがいつでも楽しめる。各種フレーバーのリーフティーや、淡路島牛乳が飲み放題なのも嬉しい。フレッシュな淡路島牛乳を使って作るカフェオレは特別感のある味わいだ。バータイムにはワインやブランデーなどアルコール類まで無料で好きなだけ楽しめるというのは他ではなかなか見かけない。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

屋外プールや天空テラスで淡路の風を感じる

屋外プールや天空テラスで淡路の風を感じる

提供元:ホテルニューアワジ プラザ淡路島

https://www.plazaawajishima.com/地図を見る

夏季にオープンする屋外プールは21:00まで利用可能。爽やかな夏の夜にナイトプールを楽しむというのもロマンチックだ。海に入るのは少し面倒くさいけれど、気軽に利用できるプールがあればリゾート感も高まる。設備の整ったホテルプールは子連れ層にも人気が高い。

屋外プールや天空テラスで淡路の風を感じる

写真:藤井 麻未

地図を見る

晴れた日にはぜひ最上階のテラスへ。ここには鳴門海峡を一望できる素晴らしい景色が広がっている。瀬戸内海を行き交う船を眺めたり、朝夕の紅色に染まる海を眺めるのも最高だ。テラスにはソファーも設置され、のんびりと淡路の風を感じてみて欲しい。

絶景を独り占め!全室専有露天風呂付

絶景を独り占め!全室専有露天風呂付

提供元:ホテルニューアワジ プラザ淡路島

https://www.plazaawajishima.com/地図を見る

別邸蒼空の醍醐味は、何といっても全室専有露天風呂付だということ。更にこの露天風呂から眺める鳴門海峡の景色は最高だ。暮れなずむ海岸線、満点の星空、早朝の靄、それぞれに美しさがあり、島の清々しい風と潮の香を独り占めできる湯浴みのひとときは極上の贅沢だ。もちろん大浴場にも絶景を楽しめる露天風呂があるので両方を楽しんでみては。

「プラザ淡路島 別邸蒼空」まとめ

今回は、見過ごしがちな淡路島でその魅力を存分に味わえる楽園ホテルをご紹介した。充実した館内施設と贅沢なプライベート感が溢れる「別邸蒼空」は特別な滞在を演出してくれること間違い無い。淡路島は美食の宝庫でもあり、美しい自然を楽しめるスポットも沢山ある。次回はぜひ淡路島で一味違う極上ステイはいかがだろうか。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/08/15−2018/08/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -