グアム行きの直行便はある?LCCで安く行く方法もチェック

| グアム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

グアム行きの直行便はある?LCCで安く行く方法もチェック

グアム行きの直行便はある?LCCで安く行く方法もチェック

更新日:2019/05/16 14:21

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

日本から約3時間半と近く、気軽にリゾートを満喫できる海外旅行先として人気の観光地、グアム。でも「直行便はあるの?」「飛行時間はどれくらい?」と、意外と知らないことばかり。より安く行けるLCCでの航空券情報も含め、グアムに行くおすすめの航空会社をご紹介します。

グアム行きの直行便はある?

グアム行きの直行便はある?

写真:LINEトラベルjp 編集部

グアム国際空港へは東京、大阪、名古屋、福岡から直行便があり、離発着の時間帯も豊富です。

成田⇔グアム間の直行便は「日本航空(JAL)」が1日2便運航(うち1便は「ハワイアン航空」とのコードシェア便)。「全日本空輸(ANA)」「ユナイテッド航空」も1日3便で毎日運航(コードシェア便)。飛行時間は約3時間30分〜約3時間50分です。価格帯はユナイテッド航空で予約すると往復約4〜6万円、ANAだと往復約6〜7万円、JALでは往復約7万〜8万円となり、価格を比較するとユナイテッド航空で予約するのがお得です。

※グアム国際空港の正式名称は、アントニオ・B・ウォン・パット国際空港です。
※コードシェアとは1つの飛行機を2社以上の航空会社で共同運航している便です。

ANAとユナイテッドの直行便は大阪、名古屋、福岡からも

ANAとユナイテッドの直行便は大阪、名古屋、福岡からも

写真:LINEトラベルjp 編集部

ANAとユナイテッド航空(コードシェア便)は、大阪、名古屋、福岡からも毎日直行便が運航されています。関空⇔グアム間の直行便が1日1便、中部⇔グアム間の直行便は1日2便、福岡⇔グアム間の直行便は1日1便。出発時間帯は10時〜11時に集中。現地グアムへは夕方に到着します。
また、地方都市からなら、韓国・仁川国際空港を経由し「コリアンエアー」を使うという手も。仁川到着時間によってはトランジットで空港近郊やソウル観光を楽しむこともできます。

大阪、名古屋ならLCCのチェジュ航空・ティーウェイ航空で往復2万円台も

大阪、名古屋ならLCCのチェジュ航空・ティーウェイ航空で往復2万円台も

写真:LINEトラベルjp 編集部

大阪、名古屋からならLCCの直行便も利用でき、より安く航空券を購入することができます。関空⇔グアム間は、韓国の「チェジュ航空」と「ティーウェイ航空」が毎日1便運航。中部⇔グアム間も、ティーウェイ航空が毎日1便運航しています。例えば、2019年7月上旬の関空⇔グアム直行便は、チェジュ航空だとなんと往復24,340円〜(燃油・諸税込)。

※料金は、2019年5月14日現在、LINEトラベルjp調べ。

直行便は豊富、旅の予算に合わせてグアム行き航空券を!

グアムに行く直行便は、就航空港や便数も多く、思い立ったらすぐ行ける気軽さが魅力。ANAとユナイテッド航空なら、東京、大阪、名古屋、福岡の4都市から直行便で飛び立てます。また、より旅費を安くおさえたいなら、大阪、名古屋から就航のLCCであるチェジュ航空かティーウェイ航空がおすすめ。

あなたに合った飛行機で、楽しいグアムに旅行にいってらっしゃいませ!

※2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -