ローマ発エレガントなお土産は、老舗「ジュリアーニ」のマロングラッセ

| イタリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

Etsuko Ciaoのプロフィール写真 Etsuko Ciao 美食イタリア旅ライター

イタリア旅行の楽しみの一つに現地グルメ!定番のお土産パスタやオリーブオイルの他に、その町でのみ販売している老舗菓子も、お土産として大変喜ばれています。ローマで70年続く「ジュリアーニ」はマロングラッセの有名店で、実店舗はローマのみ。70年変わることのなく愛されている大粒のマロングラッセ2種は逸品です。ローマ発のエレガントなお土産としておすすめです。

2011年名誉称号を受賞、ローマの老舗ジュリアーニ

2011年名誉称号を受賞、ローマの老舗ジュリアーニ

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

一年中、ヴァチカン市国を訪れる人で賑わうローマ・オッタヴィアーノ地区。多くの観光客が行き交うオッタヴィアーノ駅から、レパルト駅へ向かうと閑静な住宅街へ移り変わります。その住宅街には世界中からお客様が訪れる老舗「ジュリアーニ」がお店を構えています。

2011年名誉称号を受賞、ローマの老舗ジュリアーニ

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

ジュリアーニは、1949年に創設者ジュリオ・ジュリアーニ氏によって創業しその歴史を刻み始めました。それ以前に、マロングラッセとチョコレート作りへの情熱からジュリオ氏はスイスにて技術を習得し、帰国後はローマで、高品質で大粒のマローネを用いた最高のマロングラッセとチョコレート製品を作り上げました。二代目で息子のジョヴァンニ氏と共に製品を世に送り出し、今では世界中にファンがいるほどの人気です。

2011年名誉称号を受賞、ローマの老舗ジュリアーニ

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

ジュリオ氏は2011年にローマ自治体より、マロングラッセ作りの情熱の深さと、職人としての技術力の高さから、プレミオ・マエストロ・デラルティジャナート賞(Premio Maestro dell’Artigianato)を贈られました。この賞は技術を極めた人へ与えられる称号で、ローマ経済に発展しただけでなく、伝統、芸術的にも職人として大変名誉ある賞です。

ジュリアーニの看板!ロングセラーで大人気のマロングラッセ2種

ジュリアーニの看板!ロングセラーで大人気のマロングラッセ2種

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

1949年の創業以来、職人の手によって全て手作りで作られているマロングラッセ。砂糖でコーティングされたシンプルなクラッシックタイプと、チョコレートでコーティングされた2種類です。この2つは、どちらも同様に人気が高いお店の看板商品です。

ジュリアーニのマロングラッセは、一粒が5センチ程もあるかなりの大粒サイズです。イタリアでは栗の種類がカスターニャとマローネがあり、ジュリアーニでは大粒で高級品種のマローネを使用しています。マローネは中央部に割れ目がなく、甘みや香りに優れており、されに渋皮が剥がれやすいので加工に向いているのです。

ジュリアーニの看板!ロングセラーで大人気のマロングラッセ2種

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

ダークチョコレートで覆われたマロングラッセは、厚めにコーティングされたチョコレートの下にカリカリとした砂糖の層があります。さらに、その下には大きく存在感ある栗が現れてきます。栗は少しホクホクした食感を感じさせて食べ応えは抜群です。

人気を二分する、もう一つの人気商品はクラシックタイプのマロングラッセ。こちらは表面を砂糖でしっかりとコーティングしています。砂糖がしっかりと付いているのでかなり甘いです。甘党の方におすすめ!

手頃お土産にぴったりなクリーム、シロップ浸け

手頃お土産にぴったりなクリーム、シロップ浸け

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

店内には栗にちなんだ商品が並んでいます。日持ちのするマロンクリームは3種類、一番小さいサイズで480グラム12ユーロ、中サイズ650グラムで16ユーロ、一番大きいサイズは950グラムで25ユーロです。

他に、マロングラッセのかけらだけを詰め合わせて販売しているマロングラッセ・イン・ぺッツィ(Maron Glaces in pezzi)も人気があります。丸ごと大粒でなく、少しづつ食べたい方におすすめです。

手頃お土産にぴったりなクリーム、シロップ浸け

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

店内にはモンブランケーキもあり、小さいサイズは2.5ユーロ、大きなワンホールは30ユーロです。フレッシュ生クリームとメレンゲの上に、細かなマロンクリームがいくつもの層に重なっています。

手頃お土産にぴったりなクリーム、シロップ浸け

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

シロップに浸かったマロングラッセも瓶詰めで店頭にて販売されています。お土産に様々な商品があるのが嬉しいですね。

あわせて買いたい人気のチョコレート菓子

あわせて買いたい人気のチョコレート菓子

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

初代ジュリオ氏がスイスで習得した技術をとじ込めたチョコレート菓子はお店の代表菓子で、小さな甘い宝石のようです。

ちなみにイタリア語で、小さな一口タイプのチョコレートをチョコラティーニ(cioccolatini)と呼んでいます。

一番人気は、オレンジピールを濃厚なチョコレートでコーティングしたアランチーニ(arancini)です。ほんの少し苦みを残しつつもしっかりと砂糖漬けされたオレンジピールはぜひお試しいただきたい大人感覚のチョコレート菓子です。

二番目はヘーゼルナッツを3個づつまとめてチョコレートコーティングした、トレ・レ(tre re)です。トレはイタリア語で数字の3、レは王様を意味します。

あわせて買いたい人気のチョコレート菓子

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

イタリア国内はもちろんのこと、日本でもピスタチオは人気ですよね。写真はピスタチオとヘーゼルナッツのチョコラティーニですが、ジュリアーニの店頭には、他にアーモンド(mandorla)、ジンジャ−(zenzero)、ペペロンチーノ(peperoncino)、ほうずき(alchechengi)等もあり、種類の豊富さに目移りしそうです。

あわせて買いたい人気のチョコレート菓子

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

口の中でとろけるトリュフチョコレートも手掛けています。甘さと濃厚さ加減からファンの多い一品です。ジュリアーニはインターネット上でお菓子販売もしていますが、その中にトリュフチョコレートはないのでお店にいらした際によかったら購入されてみて下さいね。

ショーケース内は量り売り、リボンでラッピングしてくれます

ショーケース内は量り売り、リボンでラッピングしてくれます

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

最後にご紹介させていただくフルーツゼリーもぜひ味わっていただきたいジュリアーニのお菓子です。天然のフルーツ果汁を感じさせる手作りゼリーは、美しい形状を保ち、繊細で品の良い甘さ。イチゴ、オレンジ、レモンの色鮮やかなゼリー、落ち着いた色のブラックチェリーがあり、詰め合わせをしてくれます。

ショーケース内は量り売り、リボンでラッピングしてくれます

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

店内のショーケースのお菓子は量り売りです。きれいにリボンをつけてラッピングをしてくれます。そのままお友達へお土産としてプレゼントできますよ。

ショーケース内は量り売り、リボンでラッピングしてくれます

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

写真は三代目のジュリオ氏とお母様、そしてベテランスタッフさん。70年の長い歴史とクオリティの高さから、お客様は地元ローマ市民が一番多く近年ではヨーロッパ他、アメリカやアラブ、日本からの観光客の来店も増えています。ローマ発の上質なお土産としてとても喜ばれています。

ジュリアーニ(Giuliani)の基本情報

住所:Via Paolo Emilio, 67/A 00192 Roma
電話番号:+39-06-3243548
営業時間:月曜日−土曜日 9:00〜20:00
定休日:日曜日
最寄駅:地下鉄A線Ottaviano駅、又はLepanto駅

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -