花束みたい!大阪・難波「ディグラボ ソフトクリーム研究所」がすごい

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

松本 沙織のプロフィール写真 松本 沙織 子連れ&マイルトラベラー、かき氷職人

2019年3月20日、大阪の難波に「ディグラボ ソフトクリーム研究所」がOPENしました!場所は「なんばCITY 南館」近くのアートスペース「AKICHI(アキチ)」内。大阪発のまるで花束のような「エアリーソフトクリーム」は、食感や素材にもこだわった、ここだけしかない新感覚のスイーツです。

お店の魅力はもちろん、写真映えするウォールアートも合わせてご紹介します!

ふわふわの「エアリーソフトクリーム」って何?

ふわふわの「エアリーソフトクリーム」って何?

写真:松本 沙織

地図を見る

一度見たら忘れられない斬新かつ華やかなルックス!こちらがSNSやメディアで話題になっている「ディグラボ ソフトクリーム研究所」の「エアリーソフトクリーム」です。

このソフトクリーム、見た目がすごいんですが、驚きは食べた後にも続きます。ふわっと優しい口当たりなのに舌ざわりはなめらか。濃厚なテイストで後味はさっぱりという新感覚!

ふわふわの「エアリーソフトクリーム」って何?

写真:松本 沙織

地図を見る

この新感覚のヒミツは、空気含有量に隠されています。一般的なソフトクリームは、約30パーセントの空気含有量なんですが、ディグラボでは多いもので約75パーセントの空気を含ませています。これによって、究極のふわふわ感を実現しました。

店名は、温度の「℃」の英語表記である「degree(ディグリー)」と研究所「laboratry(ラボラトリー)」を合わせた造語です。ソフトクリームの空気含有量を季節ごとに自在に変化させ「最も美味しい」と感じる度合いを研究するブランドとして名付けられました。

だから店頭にもフラスコなど研究所を思わせるディスプレイがされています。

アートな空間「AKICHI」が楽しい!

アートな空間「AKICHI」が楽しい!

写真:松本 沙織

地図を見る

ディグラボ ソフトクリーム研究所があるのは、南海電車「なんば駅」の近くにある通称「ウラなんば」と呼ばれている場所です。ここは、安くて美味しいお店が多いと最近注目されている下町感あふれるディープなエリアです。

このウラなんばに突如現れるアートとスイーツの融合スペースが新観光スポット「AKICHI(アキチ)」です。

アートな空間「AKICHI」が楽しい!

写真:松本 沙織

地図を見る

AKICHIのルーフトップにはこんな映えスポットも。夕暮れはライトアップされてロマンチックです。

ウォールアートは、国内外で活躍するアーティスト・伊倉真理恵(いくらまりえ)さんの作品です。

AKICHIについての詳しい情報は、下記のMEMOから関連記事をご覧ください。

アートな空間「AKICHI」が楽しい!

写真:松本 沙織

地図を見る

鮮やかなピンク色のお店がディグラボ ソフトクリーム研究所です。テイクアウトのみですが、AKICHIの空間で撮影を楽しみながら食べることができます。おやつ時は混雑しますので、午前中が比較的撮影しやすいですよ!

大阪発!可愛い!美味しい!ここでしか味わえない!

大阪発!可愛い!美味しい!ここでしか味わえない!

写真:松本 沙織

地図を見る

1番人気は「北海道ミルク×フレッシュストロベリー」です。文句なしに色合いが可愛い!ミルクの優しい味わいとストロベリーの甘酸っぱさがたまりません。ピューレ状にした香りの強いいちご果肉を使用しています。ストロベリーは7月頃までの季節限定メニューです。

・北海道ミルク×フレッシュストロベリー 600円(税込)

大阪発!可愛い!美味しい!ここでしか味わえない!

写真:松本 沙織

地図を見る

メニューに迷ったら、シンプルな「北海道ミルク」をオススメします。空気含有量がメニューの中で一番多い約75パーセントのため、ふわふわ感がたまりません。北海道牛乳を使用することでコクの深い味わいを実現。後味はすっきり軽やかです。

・北海道ミルク 500円(税込)

大阪発!可愛い!美味しい!ここでしか味わえない!

写真:松本 沙織

地図を見る

「フレッシュストロベリー×リッチチョコレート」は甘酸っぱいストロベリーとほろ苦いチョコレートとのリッチなコンビネーション!チョコレートは、カカオ70パーセントのスペイン産ハイカカオチョコレートとカカオ豆100パーセントのブラックココアを合わせています。

バルーンのウォールアートに重ねて撮影すると可愛いですよ!

・フレッシュストロベリー×リッチチョコレート 600円(税込)

芸術の域!ソフトクリームが花束になる!

芸術の域!ソフトクリームが花束になる!

写真:松本 沙織

地図を見る

この美しいソフトクリームの形、一体どのようにして作っているのでしょうか?実は特別な道具などは一切使用しません。お店の研究員さんが、技を駆使して、丁寧かつ素早く作っているんですよ!

マシーンから出てくるソフトクリームを、まるでフリルを付けるかのように、ひたすら折りたたんでいきます。

芸術の域!ソフトクリームが花束になる!

写真:松本 沙織

地図を見る

そして、フリルを付けると同時にカップを回していきます。回していくことで、ミックスなら綺麗な斜めの層ができます。何度も何度も練習しているからこそできる職人技にも注目です。

芸術の域!ソフトクリームが花束になる!

写真:松本 沙織

地図を見る

仕上げにアラザン(無料)とホワイトチョコレートの蝶(+50円)をトッピングしたら出来上がりです。

インスタ映えだけじゃないお店

インスタ映えだけじゃないお店

写真:松本 沙織

地図を見る

心がウキウキしてくるスイーツは、ここでしか味わえません。大阪旅行の思い出にスイーツとアートの融合を楽しんでくださいね!

ディグラボ ソフトクリーム研究所の基本情報

住所:大阪府大阪市浪速区難波中2丁目3-20
アクセス:南海「なんば駅」より徒歩約2分
電話番号:06-6616-9100
営業時間:11:00〜19:00

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -