生まれ変わった倉敷の旅館リゾート「WASHU BLUE RESORT 風籠」

| 岡山県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

生まれ変わった倉敷の旅館リゾート「WASHU BLUE RESORT 風籠」

生まれ変わった倉敷の旅館リゾート「WASHU BLUE RESORT 風籠」

更新日:2019/05/29 13:14

aki sakuraのプロフィール写真 aki sakura フィリピン在住ライター
1980年5月から40年近く、下津井を訪れる人々を迎えてきた「鷲羽ハイランドホテル」が、2019年4月、旅館リゾート「WASHU BLUE RESORT 風籠−かさごー」として生まれ変わりました。

変わらないおもてなしの心と、リニューアルされたこだわりの空間。景色や部屋、料理に温泉、滞在者の様々な期待に応えてくれる、「WASHU BLUE RESORT 風籠」の世界をご紹介します。

鷲羽山から見渡す美しい瀬戸内海の世界

鷲羽山から見渡す美しい瀬戸内海の世界

写真:aki sakura

地図を見る

「WASHU BLUE RESORT 風籠」は、岡山県倉敷市下津井、鷲羽山の中腹にあります。瀬戸内海国立公園に属する鷲羽山は、鷲が翼を広げた姿に見えることからその名が付けられたと言われています。ホテルからは美しい瀬戸内海の景色を眺めることができ、天気が良ければ、対岸の香川県高松市まで見渡せます。朝焼け、夕焼けの眺めもおススメです。

鷲羽山から見渡す美しい瀬戸内海の世界

写真:aki sakura

地図を見る

中に入ってロビーを抜けると、広々としたオーシャンビューフロアがあります。落ち着いた内装とおしゃれな家具で統一感のある空間、本棚には旅行誌や地元岡山の情報誌などが並びます。

2019年6月1日より、昼はドリンクカフェ、夜はカジュアルバーとして営業予定。瀬戸内の塩を使った炭酸飲料「Sora-Iro Cola」や、岡山の地ビール「独歩」などを味わうことができます。

鷲羽山から見渡す美しい瀬戸内海の世界

写真:aki sakura

地図を見る

過ごしやすい季節なら、フロア奥のテラスで過ごすのがおススメ。岡山と香川を結ぶ瀬戸大橋を正面に捉える、素晴らしいロケーションです。

児島デニムがコンセプトの特別ルーム

児島デニムがコンセプトの特別ルーム

写真:aki sakura

地図を見る

WASHU BLUE RESORT 風籠には、様々なタイプの客室が用意されています。全ての客室が海側にあり、窓からは雄大な瀬戸内の海を一望することができます。

その中でも特におススメしたいのが、倉敷市児島の特産品、デニムがコンセプトの特別ルーム。人気ブランド「桃太郎ジーンズ」とのコラボレーションで作られたこの部屋は、クッション、壁の装飾品、ぬいぐるみ、畳に至るまでデニム尽くし。国産デニム発祥の地として知られる倉敷ならではの「特別感」を存分に味わうことができます。

児島デニムがコンセプトの特別ルーム

写真:aki sakura

地図を見る

岡山県の特産と言えば、デニムの他に備前焼があります。赤褐色のイメージが強い備前焼ですが、実は窯変によって様々な色合い、模様が生まれます。その中でも青備前は生産がとても困難で、なかなか目にする機会がありません。デニムルームには、この珍しい青備前のコーヒーカップが備え置かれています。神秘的な青備前の美しさを堪能できるのは宿泊者の特権。気に入ったらお土産処で購入できます。

児島デニムがコンセプトの特別ルーム

写真:aki sakura

地図を見る

客室へのこだわりは、室内だけにとどまりません。本館・鷲羽閣はそれぞれのフロアにコンセプトがあり、エレベータホールや廊下もテーマカラーで統一されています。各階毎に異なるアロマが香り、何度訪れても違った雰囲気を味わうことができます。

旬の食材とライブキッチン 目でも楽しむブッフェディナー

旬の食材とライブキッチン 目でも楽しむブッフェディナー

写真:aki sakura

地図を見る

夕食は懐石料理とブッフェから選べますが、今回ご紹介するのはブッフェスタイルダイニング「竜宮の遣い」。

中央のカウンターには、地元の食材を使った料理が所狭しと並びます。「ままかり寿司」などの郷土料理がいただけるのも嬉しいポイント。別料金になりますが、利酒師でもある料飲部支配人が厳選した岡山の日本酒や地ビール、岡山のワイナリーで作られたワインなど、地酒も多く取り扱っています。

旬の食材とライブキッチン 目でも楽しむブッフェディナー

写真:aki sakura

地図を見る

季節の彩り小鉢コーナーには、旬の食材を使った料理が常時数種類、美しい器に入って並びます。目にも楽しい、色鮮やかな小鉢です。

その他ぜひ食べていただきたいのが、料理長自ら自社菜園で栽培した野菜を使ったサラダ。採れたてで新鮮、無農薬なので安心です。

旬の食材とライブキッチン 目でも楽しむブッフェディナー

写真:aki sakura

地図を見る

竜宮の遣いの目玉はライブキッチン。天ぷらやステーキなど、目の前で調理された出来立ての料理をいただくことができます。シェフの鮮やかな手さばきに食欲がそそられます。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

鷲羽山唯一の天然温泉とはちみつパール風呂

鷲羽山唯一の天然温泉とはちみつパール風呂

提供元:WASHU BLUE RESORT 風籠−かさごー

https://kasago.jp/地図を見る

鷲羽山吹上温泉は、古くから龍神様が宿ると伝えられる鷲羽山唯一の天然温泉です。別館屋上にあり、美しい瀬戸内海を眺めながらの入浴は格別。温泉の効能はもちろんですが、豊かな自然の中で過ごすことで、よりリフレッシュできるのかもしれません。

鷲羽山唯一の天然温泉とはちみつパール風呂

提供元:WASHU BLUE RESORT 風籠−かさごー

https://kasago.jp/地図を見る

本館3階には、宿泊者専用の美肌の湯「はちみつパール風呂」もあります。地元岡山の老舗企業「山田養蜂場」がこのホテルのために開発したお風呂で、肌に潤いを与えてくれます。バスアメニティや基礎化粧品にも山田養蜂場のコスメを使い、また、「ゆずハニードリンク」の試飲ができる嬉しいサービスもあります。

レンタサイクルで児島・下津井を散策

レンタサイクルで児島・下津井を散策

写真:aki sakura

地図を見る

ホテル近くにはレジャー施設「鷲羽山ハイランド」、古い町並みが残る「むかし下津井回船問屋」、国産ジーンズ発祥の地「児島ジーンズストリート」など、見どころがたくさんあります。自分で観光スポットを回りたいという宿泊者のために、レンタサイクルの取り扱いもあります。

レンタサイクルで児島・下津井を散策

写真:aki sakura

地図を見る

ポタリングマップはホテルオリジナル。走行距離6qほどの手軽なものから約16qの本格的な内容まで、体力や目的によってコースを選べます。おススメの観光スポットも載っているので、児島・下津井エリアを散策したいという方は、ぜひフロントにお声掛けください。

「WASHU BLUE RESORT 風籠」で素敵な想い出を

生まれ変わった「WASHU BLUE RESORT 風籠」、部屋や料理、温泉に至るまで沢山のこだわりが詰まっています。気取らない旅館リゾートで、くつろぎの時間をお楽しみください。

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -