ドバイのラマダンはお得&華やか!特別シーズンの楽しみ方

| アラブ首長国連邦

| 旅の専門家がお届けする観光情報

小浜 みゆのプロフィール写真 小浜 みゆ アラサー女子旅ライター、トラベルフォトグラファー

イスラム圏のアラブ首長国連邦(UAE)ドバイで気になる「ラマダン」。断食ばかりが注目されがちですが、ドバイのラマダンは特別なデコレーションで街が彩られる華やかなシーズン!さらにイフタールやラマダンテントといった、ラマダンでしかできない観光もできます。ドバイ旅行のラマダンならではの楽しみ方をご紹介します。

ドバイのラマダンは華やかムード!聖なる月を祝おう

ドバイのラマダンは華やかムード!聖なる月を祝おう

写真:小浜 みゆ

地図を見る

イスラム教を国教としているアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで、特別な雰囲気に包まれるラマダン。ラマダンとはヒジュラ歴(太陽歴)の9月を意味する聖なる月を意味し、イスラム教徒にとって信仰心や家族との絆をより深める大事な月となります。

期間は9番目の新月〜次の新月までの1カ月で、新月が肉眼で観測されてはじめて期間が決まるため、正式な開始日・終了日は当日決定。2019年は5月5日〜6月4日前後で、2020年は4月23日〜5月23日前後を予定しています。

イスラム圏ではラマダン中、国によってその雰囲気は変わり、観光都市・ドバイは華やかなムードに一変!日本でいうお正月のイメージで、街は月やランプなどの美しいデコレーションで彩られ、「ラマダン・カリーム(ラマダンおめでとう)」と挨拶が交わされます。

ドバイのラマダンは華やかムード!聖なる月を祝おう

写真:小浜 みゆ

地図を見る

ラマダンは日中の断食が有名ですが、ドバイで観光客が断食をする必要はありません。信者に配慮しているため、写真のように飲食店はカーテンやパーテーションで隠されていますが、ショッピングモールでは多くのお店が営業しています。

またイスラム教徒は「1か月間、ずっと断食している」と勘違いされがち。しかし陽が出ている間だけ断食し、日没後〜日の出までは食事をしています。そのためこういったカーテンも、日没後は外されますよ。

ラマダンの注意としては、観光客も公共の場所で日中の飲食は禁止となります。またオールド・ドバイなど地元の人が多く住むエリアでは、飲食店が日没後〜ということも多いので、日中の食事は観光地のショッピングモールもしくはホテルで楽しみましょう!

ドバイのラマダンは華やかムード!聖なる月を祝おう

写真:小浜 みゆ

地図を見る

ドバイ観光の定番・デザートサファリ(砂漠ツアー)はラマダン中、一部の内容が変更になりますがほとんど影響なく開催しています。

例えばアラビアン・アドベンチャーが開催する「サンダウナー・サファリ」の変更点は、砂漠のキャンプサイトで食事中に鑑賞できるベリーダンスは男性が踊るタンヌーラダンスへ変更という1点のみ。砂漠ドライブ、夕日鑑賞、豪華な食事&アルコールは通常通り楽しめ、日没前に車内で水を飲むのもOKです。

飛行機・ホテルが安い。ラマダンならではの夕食も要チェック

飛行機・ホテルが安い。ラマダンならではの夕食も要チェック

写真:小浜 みゆ

地図を見る

実はラマダン中は、飛行機・ホテル・ツアーが安くなるお得なシーズン!高級ホテルもかなりの割引率となり、憧れのホテルに安く泊まれます。高級ホテル内はどこでも日中飲食可能、服装も自由なのでラマダンで制限されることはありません。

飛行機・ホテルが安い。ラマダンならではの夕食も要チェック

写真:小浜 みゆ

地図を見る

さらにラマダンの時期だからこそ楽しめるのが、「イフタール」!イフタールとは日没後、初めて食べる食事のことで、さまざまなレストランで特別メニューが登場します。

高級ホテル「ワン アンド オンリー ロイヤル ミラージュ」のモロッコ料理を楽しめるレストラン「Tagine」では、イフタールビュッフェ(AED 230)を提供。前菜・スープ・メイン料理に加え、それとは別のビュッフェ形式で食べられるモロッコ料理・デザートを、お腹いっぱい味わいましょう!

飛行機・ホテルが安い。ラマダンならではの夕食も要チェック

写真:小浜 みゆ

地図を見る

Tagineでイフタールを楽しんだあとは、隣にある美しい「Ramadan Majlis」へ。アラビックコーヒーやシーシャ(水タバコ)で、ゆったりくつろげるラマダンテントです。

ドバイに住む人たちは深夜2時〜3時頃まで、街やホテルにある「ラマダンテント」と呼ばれる特別なラマダンの装飾が施されたレストランで家族や友人とおしゃべりを楽しみます。ラマダンテントは夜が深まるほど、大盛り上がり!ぜひおしゃれをして、色々な場所で開催されているラマダンテント巡りを楽しんでみてくださいね。

<One&Only Royal Mirage Dubaiの基本情報>
アクセス:ドバイ国際空港よりタクシーで約30分

SMCCUでイフタール体験!イスラム文化を学ぼう

SMCCUでイフタール体験!イスラム文化を学ぼう

写真:小浜 みゆ

地図を見る

ラマダンやイスラム文化についてより深く学びたいときは、ぜひドバイの旧市街、アル・ファヒディ歴史地区にある「シェイク・モハメッド文化理解センター(SMCCU)」へ。エミラティ(UAE国民)の文化・習慣を学べる場所で、ラマダン中はイフタール特別ツアーを開催しています(AED 185・公式HPより事前予約制・英語)。

SMCCUでイフタール体験!イスラム文化を学ぼう

写真:小浜 みゆ

地図を見る

イフタール特別ツアーは、まずデーツと水からスタート。イスラム教徒は断食後、いきなり食事をするのではなく、デーツと水で体を慣らしていくのが一般的。そしてラマダンの意味や習わしを学び、ドバイの伝統料理をビュッフェ形式でいただきます。

SMCCUでイフタール体験!イスラム文化を学ぼう

写真:小浜 みゆ

地図を見る

食事後は近くのアル ファルーク モスクで、お祈りの方法や文化を学びましょう。モスクへは男性は長ズボンをはき、女性はスカーフで頭を隠し、胸元・肩・膝を覆う洋服を着て入場を。スカーフやアバヤ(服)は、モスクで借りることもできますよ。

<SMCCUの基本情報>
住所:House 26 Al Fahidi Historical Neighbourhood,Al Musallah Street,Bur Dubai
アクセス:AL FAHIDI駅から徒歩約10分

お得なショッピングへ。ラマダン限定品をゲット

お得なショッピングへ。ラマダン限定品をゲット

写真:小浜 みゆ

地図を見る

ドバイへ女子旅で行くときにおすすめなのが、ラマダン時期の特別なショッピング!ドバイ・モールやモール・オブ・ジ・エミレーツなど、多くのショッピングモールは深夜1時〜2時まで営業しており、BUY1 GET1 FREEなどお得に購入できるお店も多くあります。

お得なショッピングへ。ラマダン限定品をゲット

写真:小浜 みゆ

地図を見る

さらにラマダン時期にしか登場しない、人気ショップの限定アイテムも見逃せません。例えばファストファッションブランド「TOPSHOP」からは、限定の「ラマダンコレクション」が登場。これはUAEやサウジアラビアなど、イスラム圏でしか販売していません!

ラマダンテントへのおでかけ用に、ロング丈のカフタンドレスやキラキラのアバヤを購入するのもおすすめ。ほかにもラマダンにちなんだコスメやお菓子など、限定品をぜひチェックしてくださいね。

<Mall of the Emiratesの基本情報>
アクセス:Mall of the Emirates駅よりすぐ

お得なショッピングへ。ラマダン限定品をゲット

写真:小浜 みゆ

地図を見る

ドバイ・モールへ出かけたら、ぜひ隣にあるドバイファウンテンと、バージュ・カリファのラマダン特別LEDショーの鑑賞を!ラマダン中、ドバイファウンテンは19:30〜23:00(木〜土は23:30)まで30分ごとに、バージュ・カリファのショーは木〜土が19:45〜22:45まで1時間ごとに、日〜水は19:45と21:45に無料で開催されています。

<The Dubai Mallの基本情報>
アクセス:Burj Khalifa/Dubai Mall駅より徒歩約15分

観光スポットも夜遅くまで営業!活気あふれる夜のドバイへ

観光スポットも夜遅くまで営業!活気あふれる夜のドバイへ

写真:小浜 みゆ

地図を見る

ラマダン期間中は観光地の営業時間が変更となる場所も多く、夜遅くまで観光できます。人気観光スポット、オールド・ドバイのスーク(市場)は店によって異なりますがだいたい10:00〜13:00、17:00〜22:00過ぎまで営業。スパイスやアラビアン雑貨といったお土産探しを楽しみましょう!

観光スポットも夜遅くまで営業!活気あふれる夜のドバイへ

写真:小浜 みゆ

地図を見る

2019年5月にギネス認定となった、世界最大の額縁「ドバイフレーム」は、ラマダン期間中15:00〜23:00の営業。夜にライトアップされたドバイの新名所は、昼とは違った幻想的な美しさを堪能できます。メトロも夜遅くまで運行するので、さまざまな場所で活気あふれる夜のドバイを体験してくださいね。

<Dubai Frameの基本情報>
アクセス:Al Jafiliya駅より徒歩約17分
入場料:AED 50

ラマダンでしかできない、ドバイ旅行を

ラマダン時期のドバイは飛行機やホテルが安くなり、街が美しく彩られる魅力的なシーズン。公共の場所で日中飲食を控える必要はありますが、それ以上の特別な体験ができます。おすすめの過ごし方としては、お昼過ぎまではホテルステイを楽しみ、夕方〜深夜に賑わう街へ出かけましょう。

イスラム圏で気になる治安面もドバイは群を抜いて安全で、ドバイ在住日本人も太鼓判を押すほど。ちなみに街でお酒が手に入りにくいので、日本から持ち込むか入国後空港で購入を。

ぜひラマダンでしかできないドバイ旅行を、楽しんでくださいね!

取材協力:ドバイ政府観光・商務局、アラビアン・アドベンチャー、One&Only Royal Mirage Dubai

アラビアン・アドベンチャーとは:
ドバイ周辺地域のDMC(デスティネーション・マネージング・カンパニー)のリーディングカンパニーとして、アラビア湾全域およびその他の地域にて信頼できる質の高いプロのサービスをご提供する会社です。
問い合わせ電話番号:03-3567-2263(日本)

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -