田貫湖から出発!富士山の絶景が連続する長者ヶ岳ハイキング

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

田貫湖から出発!富士山の絶景が連続する長者ヶ岳ハイキング

田貫湖から出発!富士山の絶景が連続する長者ヶ岳ハイキング

更新日:2019/06/08 10:10

大木 幹郎のプロフィール写真 大木 幹郎 巨木マニア、低山登山者

静岡県の東部に位置する富士宮市は、富士登山の拠点でもある富士山の眺望に優れた地域。富士山西麓には市内でも屈指の景勝地、田貫湖と長者ヶ岳があります。田貫湖は富士山を背景に広がる美しい湖で、湖面に映る逆さ富士やダイヤモンド富士の名所。湖の西にそびえる長者ヶ岳は、雄大な富士山の山容を見渡せる大展望台。富士宮市から富士山の絶景を満喫するハイキングをご案内します。

田貫湖と長者ヶ岳〜富士山を西側から望む屈指の展望地

田貫湖と長者ヶ岳〜富士山を西側から望む屈指の展望地

写真:大木 幹郎

地図を見る

富士山の西に位置する長者ヶ岳は、静岡県と山梨県との境に連なる天子山地の主峰のひとつ。この大展望は、標高約1336メートルの山頂からの眺めです。大沢崩れの荒々しい谷間を正面とした、雄大な富士山の山容を一望。眼下に青く煌めく田貫湖から、約2時間で登頂できます。

田貫湖は朝霧高原に接する周囲約3.3キロメートルの湖。東に正対する富士山との間は、遮るものがない開けた地形です。このため湖の上に映る富士山は、広大な裾野まで含めた大迫力のもの。富士山を背景にした湖の絶景は、湖畔の遊歩道やキャンプ場で満喫できます。

田貫湖と長者ヶ岳〜富士山を西側から望む屈指の展望地

写真:大木 幹郎

地図を見る

長者ヶ岳山頂から望む田貫湖、その湖畔へのアクセスについて。車では北湖畔のキャンプ場(左端)か南湖畔のキャンプ場(右側)に併設された駐車場へ。電車では富士宮駅か東京駅から、西湖畔(手前)にある休暇村富士行きのバスを利用できます。

ちなみに、富士宮市には富士山の世界遺産の構成資産が6件もあるので、田貫湖と併せて巡りたいところ。最寄りの2件は、白糸ノ滝と人穴富士講遺跡。幅約150メートルの断崖から流れる大瀑布と、人穴浅間神社にある溶岩洞窟です。

田貫湖と長者ヶ岳〜富士山を西側から望む屈指の展望地

写真:大木 幹郎

地図を見る

田貫湖の西側にそびえる長者ヶ岳。ご案内するハイキングルートは、田貫湖の北湖畔キャンプ場から出発。長者ヶ岳(右の峰)に登った後は、南に続く天子ヶ岳(左の峰)へ往復。その後は休暇村富士(中央の建物)まで下山し、湖畔の遊歩道でキャンプ場へ戻ります。

キャンプ場−登山口(10)−長者ヶ岳(120)−天子ヶ岳(50)−長者ヶ岳(50)−休暇村富士(80)−キャンプ場(20)(合計5時間30分)

なお、本ガイドの移動時間は現地の案内板を基にしています。一般的な成人の方が無理なく歩ける時間を想定したもので、休憩時間は含めません。訪れる方の体力に応じた余裕のある登山計画をお立てください。

ハイキングルート案内〜登山口から下山の分岐点

ハイキングルート案内〜登山口から下山の分岐点

写真:大木 幹郎

地図を見る

長者ヶ岳のハイキングルートを詳しくご案内していきます。ここは田貫湖の北湖畔にある登山口。キャンプ場から湖畔の道路を歩いて約10分、標高約670メートルの地点。大展望の山頂から、東へ伸びた尾根の上に続く登山道です。

登山口から約10分の登りで、キャンプ場へ下るルートとの分岐点に。登山口を経由せずとも、キャンプ場の奥から約10分で尾根上に登ることもできます。

ハイキングルート案内〜登山口から下山の分岐点

写真:大木 幹郎

地図を見る

登山口からしばらくは、緩やかな尾根に階段状の坂道が続きます。約30分ほどで標高約915メートルの地点、登山口から最初の富士山の展望地に到着。木々の緑と富士山を重ねながら、ベンチで小休止をとれる気持ちの良い場所です。

ハイキングルート案内〜登山口から下山の分岐点

写真:大木 幹郎

地図を見る

登山口から約40分、休暇村富士へ下るルートとの分岐点に到着。ここは標高約980メートルの地点にある展望地。眼下には田貫湖の姿。広大な富士山の南裾野には、愛鷹連山(右奥)の姿も遠望できます。

なお、ご案内するハイキングルートでは、この分岐点から天子ヶ岳まで往復した後、休暇村富士へ下ります。

ハイキングルート案内〜長者ヶ岳から天子ヶ岳

ハイキングルート案内〜長者ヶ岳から天子ヶ岳

写真:大木 幹郎

地図を見る

休暇村富士との分岐点から長者ヶ岳山頂までは、登り約1時間20分、下り約40分。しばらく植林に覆われた尾根道が続き、平坦な場所を抜けると自然林に包まれます。後半は本ハイキングルートで特に急登となる区間。呼吸を整えて登りましょう。

眼下に輝く田貫湖から約2時間。標高約1336メートル、長者ヶ岳山頂の大展望。正面には、山体に大沢崩れを刻んだ雄大な富士山の西側全容を一望。反対の山梨県側には、南アルプスまで続く深い山並みも望めます。

ハイキングルート案内〜長者ヶ岳から天子ヶ岳

写真:大木 幹郎

地図を見る

長者ヶ岳から天子ヶ岳に続く尾根の様子はこちら。豊かな自然林に包まれた気持ちの良い尾根道で、5月中旬にはシロヤシオの花を見ることも。標高約1205メートルの鞍部まで下り、標高約1330メートルの天子ヶ岳まで登り返します。長者ヶ岳から片道約50分。尾根の鞍部は山梨県の上佐野へ下るルートとの分岐点です。

長者ヶ岳−分岐・上佐野(25)−天子ヶ岳(25)−分岐・上佐野(15)−長者ヶ岳(35)

ハイキングルート案内〜長者ヶ岳から天子ヶ岳

写真:大木 幹郎

地図を見る

天子ヶ岳にある富士山の展望地。天子ヶ岳は長者ヶ岳ほど展望が開けていませんが、山頂一帯が豊かな植生の自然林に覆われています。長者ヶ岳から続く美しい自然景観の尾根歩きは、本ハイキングルートの醍醐味のひとつ。

なお、天子ヶ岳から白糸ノ滝方面へ下ることも。山頂から続く東尾根を下って約1時間20分で天子ヶ岳の登山口。そこから舗装道となり約20分で白糸ノ滝です。

ハイキングルート案内〜田貫湖の遊歩道

ハイキングルート案内〜田貫湖の遊歩道

写真:大木 幹郎

地図を見る

ご案内するハイキングルートの最後は、田貫湖の湖畔の遊歩道。尾根の分岐点から休暇村富士への下りは約40分。植林に覆われた斜面をジグザグに下り、湖畔が近づくと登山道から林道へ。やがて休暇村富士の北側へ出て、眼前には富士山と中之島が浮かぶ田貫湖の眺望が飛び込んできます。

ハイキングルート案内〜田貫湖の遊歩道

写真:大木 幹郎

地図を見る

田貫湖の湖畔に続く遊歩道へは休暇村富士の南側から入ります。ここは西湖畔にある展望デッキ。富士山頂と朝陽が重なるダイヤモンド富士の展望地として知られています。

展望デッキから北湖畔のキャンプ場まで約20分。道中では田貫湖と富士山の共演する絶景が連続するため、何度も足を止めて見入ってしまうことでしょう。

ハイキングルート案内〜田貫湖の遊歩道

写真:大木 幹郎

地図を見る

遊歩道を北湖畔へ進むにつれ、湖の中央部へ近づくので大きく展望が開けてきます。南北約500メートルの美しい湖の上いっぱいに、富士山の雄大な姿が裾野の端まで重なる絶景。対岸の東湖畔には建物がなく、木々の緑に覆われているのも素晴らしいポイントです。

長者ヶ岳は富士山の絶景を望むハイキングの最適地

長者ヶ岳は富士山の絶景を望むハイキングの最適地

写真:大木 幹郎

地図を見る

以上、長者ヶ岳のハイキングのご案内でした。富士山を戴く風光明媚な富士宮市を代表する景勝地。田貫湖では、富士山を大きく背景とできる美しい景観を満喫。長者ヶ岳では、眼下に煌めく田貫湖と、大沢崩れを刻む富士山の雄大な山容を遮るものなく一望。長者ヶ岳は富士山の絶景を望むハイキングに最適なところです。

最後にハイキングルートの移動時間のまとめです。

キャンプ場−登山口(10)−分岐・休暇村富士(40)−長者ヶ岳(80)−分岐・上佐野(25)−天子ヶ岳(25)−分岐・上佐野(15)−長者ヶ岳(35)−分岐・休暇村富士(40)−休暇村富士(40)−キャンプ場(20)

田貫湖の基本情報

住所:静岡県富士宮市猪之頭、佐折
電話番号:0544-27-5240(富士宮市観光協会)
駐車場:田貫湖キャンプ場(北と南)
アクセス:新東名・新富士ICから約30分、中央道・河口湖ICから約45分

<補足・バスでのアクセス>
最寄りバス停あるの休暇村富士までは、富士宮駅から富士急静岡バスの路線で約45分、東京駅から富士急行バスの高速線(やきそばEXPRESS)で約3時間20分。

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/03 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -