上野で過去最大級の「クリムト展」開催中!その人生に迫る!

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

上野で過去最大級の「クリムト展」開催中!その人生に迫る!

上野で過去最大級の「クリムト展」開催中!その人生に迫る!

更新日:2019/05/30 14:46

望月 彩史のプロフィール写真 望月 彩史 美術・西洋文化史ライター

上野の東京都美術館で「クリムト展 ウィーンと日本 1900」が開催中。19世紀の「世紀末」を代表する画家の一人、グスタフ・クリムトは、装飾的な華麗な作品で人気の画家です。今回は、2018年の没後100年を記念し、初期から晩年までの25点以上のクリムトの油彩画を集めた、国内では過去最大級の展覧会となっています。家族や恋人など、彼の私生活にも迫っています。この機会を逃さないようにしましょう!

クリムト”黄金様式”の時代の代表作を堪能しよう!

クリムト”黄金様式”の時代の代表作を堪能しよう!

写真:望月 彩史

地図を見る

まずは本展の目玉となる作品をいくつかご紹介しましょう。クリムトといえば、金箔を画面に使った装飾的な画面が有名。1901年に手掛けたこちらの《ユディトI》は、初めて本物の金箔を使用した作品で、彼の代表作の一つ。

ユディトとは、旧約聖書外典に登場するユダヤ人女性。自分の国を守るために、敵軍の司令官を誘惑して酔い潰し、その首を切り落としたと伝えられます。金箔に彩られた背景と写実的に描かれた蠱惑的な表情にご注目です。

グスタフ・クリムト《ユディトI》1901年、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館

クリムト”黄金様式”の時代の代表作を堪能しよう!

写真:望月 彩史

地図を見る

裸体の女性が手にした鏡をこちらに向けています。鏡は真実のシンボル。何も装わない女性が、自分たちのあるがままの姿を見るように促しているのでしょうか。

クリムトたちが保守的な画壇を離れ、進歩的な美術団体「ウィーン分離派」を結成した頃に構想された作品です。大衆に迎合しない真実の芸術を求めるという意思で描かれました。

グスタフ・クリムト《ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実)》1899年、オーストリア演劇博物館

クリムト”黄金様式”の時代の代表作を堪能しよう!

写真:望月 彩史

地図を見る

こちらには《女の三世代》というタイトルで、子供を抱いた若い女性と、老女が描かれ、人生の3段階を表しています。誕生から死に至る人間と、生命を生み出す男女の愛という「生命の円環」というテーマを、クリムトは繰り返し描いています。

グスタフ・クリムト《女の三世代》1905年、ローマ国立近代絵画館

全長34メートルの壁画《ベートーヴェン・フリーズ》を再現!

全長34メートルの壁画《ベートーヴェン・フリーズ》を再現!

写真:望月 彩史

地図を見る

今回のもう一つの目玉は、クリムトが手掛けた壁画の精巧な原寸大複製です。

壁画は1902年に開催された「第14回ウィーン分離派展」のために描かれたもので、展覧会の終了後には解体される予定でしたが、コレクターによって買い取られました。

この展覧会では、ベートーヴェンの音楽を主題にして、芸術家たちが絵画や彫刻、家具などを制作。絵画、建築、詩や音楽を合せた「総合芸術」と呼ぶにふさわしいものになりました。

グスタフ・クリムト《ベートーヴェン・フリーズ》(原寸大複製)(部分)1984年(オリジナルは1901-02年)、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館

全長34メートルの壁画《ベートーヴェン・フリーズ》を再現!

写真:望月 彩史

地図を見る

クリムトは、リヒャルト・ヴァーグナーの解釈に基づいて、ベートーヴェンの交響曲第9番に着想を得て、この壁画を制作しました。天使が歌い、恋人たちが抱き合うこの部分は、曲の最後の部分「歓喜の歌」を表しています。

近くには、この展覧会の会場・分離派会館の模型や、展覧会のテーマのきっかけとなったマックス・クリンガー《ベートーヴェン》像も展示してあります。

グスタフ・クリムト《ベートーヴェン・フリーズ》(原寸大複製)(部分)1984年(オリジナルは1901-02年)、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館

全長34メートルの壁画《ベートーヴェン・フリーズ》を再現!

写真:望月 彩史

地図を見る

モダンなデザインが印象的な、ウィーン分離派展のポスターも展示してあります。

左)グスタフ・クリムト《第1回ウィーン分離派展ポスター》(検閲後)1898年、宇都宮美術館
右)ヨーゼフ・マリア・オルブリヒ《第2回ウィーン分離派展ポスター》1898年、クリムト財団

修業時代の意外な作品たちとクリムトを取り巻く人々

修業時代の意外な作品たちとクリムトを取り巻く人々

写真:望月 彩史

地図を見る

クリムトの人生にも迫る今回の展覧会では、修業時代の作品や、兄弟や師など彼と関係のある人達の作品も併せて見ることができます。

写真左は、クリムトの師マカルトによるもの。ミュージカルでも有名なオーストリア皇后エリーザベトのために作られた、ウィーン郊外のヴィラの寝室のデザインです。マカルトは当時のウィーンを代表する人気画家でした。

右は、20代の若きクリムトによる市立劇場の天井画の下絵。当時、弟のエルンストと、友人のマッチュと3人で経営していた「芸術家カンパニー」での仕事です。師の作品と比べて見ましょう。

左)ハンス・マカルト《ヘルメスヴィラの皇后エリーザベトの寝室装飾のためのデザイン》(中央の絵:『夏の夜の夢』)1884/85年、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館
右)グスタフ・クリムト《音楽の寓意のための下絵(オルガン奏者)》1885年、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館

修業時代の意外な作品たちとクリムトを取り巻く人々

写真:望月 彩史

地図を見る

左は、クリムトと共に芸術家カンパニーを経営していた弟エルンストによる油彩画。右は、ルネサンス期のヴェネツィア派の巨匠ティツィアーノの肖像画を、クリムトが模写した作品です。

クリムトのイメージとは違って、興味深いですね。

左)エルンスト・クリムト《フランチェスカ・ダ・リミニとパオロ》1890年頃、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館
右)グスタフ・クリムト《イザベラ・デステ(ティツィアーノの模写)》1884年、ペレシュ国立博物館(ルーマニア)

クリムトの私生活を知ろう!

クリムトの私生活を知ろう!

写真:望月 彩史

地図を見る

クリムトの作品の多くは、個人的な体験などが重要な背景になっていると考えられていることから、その人生を知ることが、作品理解には欠かせません。

白い服を着た少女は、早世した弟エルンストの娘、ヘレーネの肖像画。奥に小さく見えるのは、金属彫刻を学んだもう一人の弟ゲオルクによる彫金レリーフです。

左)グスタフ・クリムト《ヘレーネ・クリムトの肖像》1898年、ベルン美術館(個人から寄託)
右)ゲオルク・クリムト《サテュロスとニンフ》1900年頃、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館

クリムトの私生活を知ろう!

写真:望月 彩史

地図を見る

クリムトは生涯独身でしたが、恋人たちとの間に何人かの子供を儲けています。しかし、彼が生涯に渡って最も親しかったのは、こちらの肖像画のモデル、エミーリエ・フレーゲでした。二人が何故結婚しなかったのかは、謎とされています。

グスタフ・クリムト《17歳のエミーリエ・フレーゲの肖像》1891年、個人蔵

クリムトの私生活を知ろう!

写真:望月 彩史

地図を見る

エミーリエに宛てたクリムトの手紙も展示してあります。
中にはハートマークが描かれているものも!果たしてその内容は?

展覧会図録に訳文が載っていますので、気になる人はチェックしてみましょう!

グスタフ・クリムト「グスタフ・クリムトからエミーリエ・フレーゲに宛てた書簡(7通)」1895-99年、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館(個人から寄託)

ゴッホの影響も!肖像画と風景画

ゴッホの影響も!肖像画と風景画

写真:望月 彩史

地図を見る

花の絨毯のようにカラフルなこちらの肖像画は、クリムト後期の作品。色が溢れる画面は、金箔を用いた黄金様式とはまた違った魅力があります。

女性の肖像画を多く手掛けたクリムト。彼には女性たちを惹きつける不思議な魅力があったそうです。

グスタフ・クリムト《オイゲニア・プリマフェージの肖像》1913/14年、豊田市美術館

ゴッホの影響も!肖像画と風景画

写真:望月 彩史

地図を見る

クリムトによる珍しい風景画も、幾つか見ることができます。田舎で過ごすときだけ風景画に取り組んでいたそうで、都会の喧騒を離れた場所で風景画を描いて精神を休養させたのでしょう。

この作品には、花や葉の太い輪郭線などの描き方に、ゴッホの影響が考えられています。

グスタフ・クリムト《丘の見える庭の風景》1916年頃、ツーク美術館(カム・コレクション財団から寄託)

ゴッホの影響も!肖像画と風景画

写真:望月 彩史

地図を見る

いかがでしたか?
記事には紹介しきれませんでしたが、その他にも、写真に見えるような日本美術からの影響など、展覧会の魅力は盛りだくさん。

ミュージアムショップのグッズも充実しているので、ぜひ会期中に足を運んでみてください。

左)グスタフ・クリムト《女ともだちI(姉妹たち)》1907年、クリムト財団
右)《第6回ウィーン分離派展ポスター(菊川英山《鷹匠図》に基づくモティーフ)》1900年、クリムト財団

「クリムト展 ウィーンと日本 1900」の基本情報

会場:東京都美術館 企画展示室
住所:東京都台東区上野公園8-36

会期:2019年4月23日(火)〜7月10日(水)
休日:6月3日(月)、17日(月)、7月1日(月)
開室時間:午前9時30分〜午後5時30分
※金曜日は午後8時まで(入室は閉室の30分前まで)

お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

アクセス
JR上野駅「公園口」より徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅「7番出口」より徒歩10分
京成電鉄京成上野駅より徒歩10分
※駐車場はありません。

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -