気軽に行けて眺めもいい!アテネ博物館カフェ・お勧めはこの3つ

| ギリシャ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

小野 雅子のプロフィール写真 小野 雅子 わくわく探しの旅ライター

ギリシャのアテネにはアクロポリスの神殿群に代表される古代遺跡が豊富にあり、観光名所に事欠きません。今も首都としての機能を保ちながら古代都市国家アテナイの姿も混在するこの街は、私たちを魅了し続けます。

そんな市街観光の合間に、素敵なカフェで休憩するのは旅先での楽しみのひとつですよね。そこで活用したいのはロケーションもコスパも大満足な、博物館内のカフェ。イチオシはこの3つです!

中庭の静寂に癒される「国立考古学博物館」のカフェ

中庭の静寂に癒される「国立考古学博物館」のカフェ

写真:小野 雅子

地図を見る

最初にご案内するのは、国立考古学博物館にあるカフェ。ドイツ人考古学者ハインリッヒ・シュリーマンらが発掘したミケーネ遺跡やトロイア遺跡からの黄金細工から始まる展示品の数々は、圧倒的な質・量でギリシャ国内において最高レベルの充実度。

ここのカフェは中庭に面しており、明るい陽光を浴びて煌めく緑や回廊に配置された彫刻などを見渡して寛ぎのひとときを過ごせます。

中庭の静寂に癒される「国立考古学博物館」のカフェ

写真:小野 雅子

地図を見る

ところで今回ご紹介するカフェは3つとも、カフェだけの利用が可能です。もちろん博物館に入場してゆっくり鑑賞しながら、合間に併設されたカフェでひと休みを・・・というのが理想ですが、既に展示のほうは鑑賞済みの場合や時間がない場合でも、気軽に利用できるのは嬉しいですよね。

中庭の静寂に癒される「国立考古学博物館」のカフェ

写真:小野 雅子

地図を見る

美しい中庭にあるテラス席やガラス越しに中庭を眺められる席がお勧めですが、悪天候時や空席が見つからない場合には、奥のテーブルも落ち着けます。

食べ物のメニューはスィーツやサンドウィッチ、パイなど軽食が中心。ホウレン草のパイやチーズパイなどで手軽なランチというのも良いでしょう。

<国立考古学博物館の基本情報>
住所:28is Oktovriou 44, Athina 106 82, Greece
電話番号:+30-21-3214-4800
アクセス:地下鉄ヴィクトリア駅またはオモニア駅から徒歩5分〜10分
博物館入場料:11月〜3月は5ユーロ、4月〜10月は10ユーロ(カフェとショップは入場無料)

開放的なテラス席が魅力!「ビザンチン博物館」

開放的なテラス席が魅力!「ビザンチン博物館」

写真:小野 雅子

地図を見る

次にご案内したいのはビザンチン博物館です。ビザンチン帝国時代の歴史とキリスト教美術がメインの展示となっており、中でもイコン(聖像、とくに東方正教会の平面像)の充実ぶりには目を見張るものがあります。

ビザンチン博物館のカフェは博物館本体とは離れた造りになっているため、広々とした敷地でゆったり寛げるのが魅力。大きなパラソル付きの屋外席は、ギリシャらしい解放感を味わえます。

開放的なテラス席が魅力!「ビザンチン博物館」

写真:小野 雅子

地図を見る

西欧諸国ではコーヒーや紅茶を注文すると受け皿に小さなお菓子が付いてくる国が多く、ギリシャもその例にもれません。大抵のカフェでは小さなクッキーやチョコレート、またギリシャ銘菓のひとつハルヴァ(胡麻やアーモンドが材料の乾菓子)など。このカフェでは個包装の一口クッキーです。

また暑い季節であれば、青い空を見上げながら冷たいビールも気分ですよね!その場合にはビールだけ頼んでもポテトチップスが付いてきますよ。

開放的なテラス席が魅力!「ビザンチン博物館」

写真:小野 雅子

地図を見る

<ビザンチン博物館の基本情報>
住所:Leoforos Vasilissis Sofias 22, Athina 106 75, Greece
電話番号:+30-21-3213-9517
アクセス:地下鉄エヴァンゲリスモス駅から徒歩1分
博物館入場料:11月〜3月は4ユーロ、4月〜10月は8ユーロ(カフェのみの利用は入場無料)

古代の神殿群を愛でるカフェ「アクロポリス博物館」

古代の神殿群を愛でるカフェ「アクロポリス博物館」

写真:小野 雅子

地図を見る

アテネに来たら何といっても見逃せない観光スポットといえば、アクロポリスの丘でしょう。古代ギリシャの神殿群が今も残る光景は、悠久の歴史ロマンそのもの。

しかしながら戸外では風化による損傷が避けられないため、現在では特に貴重な彫刻群などは丘の麓に建設された「アクロポリス博物館」に移転のうえ保存・修復されています。例えばエレクティオン神殿を支えるカリアティード(女性像の柱)も丘の上にあるのはレプリカで、本物はこの博物館で見る事ができるのです。

館内には1階にもカフェがありますが、イチオシは3階にあるカフェ・レストラン。ご覧のように窓越しにアクロポリスを眺められる、素敵なシチュエーションは格別です!

古代の神殿群を愛でるカフェ「アクロポリス博物館」

写真:小野 雅子

地図を見る

なお「アクロポリス博物館」は2009年オープンと比較的新しく、入場者は自動セキュリティ・ゲートを通過する仕組み。そのためカフェだけに行くのは無料ながら、カフェ利用者専用のチケットを受付で発行してもらいます。そのチケットを使って自動ゲートを通ったあと、3階カフェ直行のエレベーターへ。

席に着くとテーブルにセッティングされた紙製のマットと、メニュー表紙にある一見モダンなデザインが目を引きます。実はこれ、主神殿であるパルテノン神殿の見取り図が元になっているんですよ。

古代の神殿群を愛でるカフェ「アクロポリス博物館」

写真:小野 雅子

地図を見る

しっかり食事を頂くのも良く、お茶とスィーツ、または飲み物だけでもOKと便利なカフェ・レストラン。アクロポリスの景色を楽しみながら、ごゆっくり過ごして下さい。

<アクロポリス博物館の基本情報>
住所:Dionysiou Areopagitou 15, Athina 117 42, Greece
電話番号:+30-21-0900-0900
アクセス:地下鉄アクロポリス駅から徒歩3分
博物館入場料:11月〜3月は5ユーロ、4月〜10月は10ユーロ(カフェのみの利用は入場無料)

アテネならではの博物館でカフェ活を!

どの博物館もアテネ中心地にありますから、市街観光やショッピングの途中でサクッと寄れるのも推しポイント。活気のある民間カフェもアテネらしさに満ちていますが、繁華街の喧騒を忘れてしまうような時間を過ごせるのが博物館カフェの魅力です。ご滞在中にぜひ利用してみてくださいね。

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/03/07−2019/03/14 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -