ミシュラン太鼓判!ナポリの庶民派食堂「オステリア イル ゴッベット」

| イタリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ミシュラン太鼓判!ナポリの庶民派食堂「オステリア イル ゴッベット」

ミシュラン太鼓判!ナポリの庶民派食堂「オステリア イル ゴッベット」

更新日:2019/05/29 16:59

ケイコ ソリーノのプロフィール写真 ケイコ ソリーノ プーリア旅コーディネーター、チーズ教室主宰

活気溢れる喧騒の街、南イタリア・ナポリ。ここに手頃な値段と庶民的な雰囲気が売りの「オステリア イル ゴッベット」があります。家族経営のこのお店で料理を取り仕切るのは母アンナさん、息子たちは接客を担当します。正真正銘!ナポリマンマが作る家庭の味を堪能できる名店です。魚介と野菜料理が充実したメニューは安くて美味しい!とミシュランもお墨付き。毎日でも食べたい気取らないナポリの味を堪能するならぜひここへ!

観光名所からすぐ!街中の便利な立地

今回ご紹介する「オステリア イル ゴッベット」は、ナポリの見どころが集中する街の中心にあります。近隣にはプレビシート広場(写真)や王宮、サン・カルロ劇場があり、これらの名所からお店までは徒歩3分。観光途中のランチやホテルに戻る前のディナーに最適な立地です。

観光名所からすぐ!街中の便利な立地

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

ナポリで一番賑やかなトレド通りから細い路地へ一本入ると左手にお店があります。ディナーで訪れる場合も大通りからすぐなので安心です。

観光名所からすぐ!街中の便利な立地

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

「オステリア イル ゴッベット」の外観は海を思わせるブルーのタイルが目印。開店後すぐに席が埋まるので訪れる際は必ず事前予約を!予約なしで行く場合は人気店のため行列必至です。

店名の由来である”ゴッブ”は、直訳すると「背中にこぶのある男」という意味。ナポリでは昔からゴッブに触ると幸せがやってくると信じられています。縁起担ぎが好きなナポリ人らしい店名です。

観光名所からすぐ!街中の便利な立地

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

いつも満員御礼!賑やかな店内

決して広いとはいえない店内は木の梁が印象的な石造りの空間です。カジュアルなインテリアは気取らずにナポリのお袋の味を食したい人にとっては十分なもの。とくに緑色のチェック柄テーブルクロスがこのお店の親しみやすさと陽気さを表しているかのようです。

いつも満員御礼!賑やかな店内

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

客席を仕切るのは14歳からお店を手伝うアンナさんの息子パスクワーレ氏とその兄弟。民族衣装に身を包み、饒舌にメニューの説明とオススメ料理を紹介する彼。途中、常連客との掛け合いで店内は笑いの渦に。料理の味だけでなく、この親しみやすい接客が地元の人を虜にしています。パスクワーレ氏は伊語と英語での接客が可能です。

いつも満員御礼!賑やかな店内

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

ボリュームたっぷり!前菜の盛合せ

「オステリア イル ゴッベット」の料理は手頃な値段で価値あるナポリの味を楽しめるとして、2019年ミシュランガイドで評価されています。

食事のはじまりは前菜から!2人から注文できる「ゴッベットの前菜盛合せ」(一人前8ユーロ)がオススメです。ナポリの味覚が次から次へと計8皿登場します。言わずとも日本人にはボリュームたっぷり!まずは温菜のイワシやナス、アーティチョークのフライが揚げたてアツアツで運ばれてきます。

ボリュームたっぷり!前菜の盛合せ

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

続いて、野菜料理の登場!チコリとオリーブの炒め物、ジャガイモのオーブン焼きとキノコのマリネ、ナポリの郷土料理ナスのパルミジャーナ。飾り気はありませんが、どれもアンナさんが作る家庭の味です。

ボリュームたっぷり!前菜の盛合せ

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

そして、冷菜はナポリがあるカンパニア州名物の水牛乳モッツァレラチーズからスタート。口に入れるとミルクがジュワーと溢れ出します。次に新鮮なイワシのマリネ。温菜も冷菜もお酒がすすむ逸品揃い。この前菜盛合せを目当てに通う地元客も数多くいます。

ボリュームたっぷり!前菜の盛合せ

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

海の幸VSナポリ名物ジェノベーゼ

地中海に面したナポリで味わうなら絶対シーフード!たくさんあるシーフードメニューからのオススメは、エビ、ムール貝、アサリが入ったさっぱり味の「漁師町のリングイネ」(9ユーロ)。パスタも100gと食べ応え十分!ふたりでシェアしてもよいですね。この他にあさりのスパゲティ(7ユーロ)も定番人気です。

海の幸VSナポリ名物ジェノベーゼ

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

パスクワーレ氏が薦める意外な郷土の味は「ジェノバ風ペンネ」(7ユーロ)。たっぷりの赤玉ねぎと牛肉をじっくり煮込みショートパスタとあわせた一品。玉ねぎの甘みが懐かしさと優しさを感じさせます。

ナポリなのになぜ北伊ジェノバの名が付いたパスタがあるのでしょうか?その理由は諸説あります。15世紀ナポリ港に頻繁に立ち寄ったジェノバの船員に精のあるものを提供しようと発明されたから。この料理を考えたのがナポリで働くジェノバ出身のコックだったからなど。とにかく、地中海に面してイタリア半島の北に位置するジェノバと南に位置するナポリは昔から関係が深かったことが伺える伝統料理です。

海の幸VSナポリ名物ジェノベーゼ

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

前菜の盛合せとパスタですでにお腹がいっぱいですが、メインディッシュも味わいたい!という人には「カジキマグロのグリル」(7ユーロ)はいかがですか?その日の朝仕入れた鮮度抜群の魚をシンプルに炭火焼きにしたごまかせない一品です。レモンをかけてさっぱりと召し上がれ!

海の幸VSナポリ名物ジェノベーゼ

写真:ケイコ ソリーノ

地図を見る

オステリア イル ゴッベットの基本情報

住所:Via Sergente Maggiore 8, 80132, Napoli
電話番号:+39-081-251-2435
営業時間:ランチ/12:00〜14:30、ディナー/19:00〜22:30、日曜日のみ12:00〜16:00
定休日:月曜日
アクセス:
ナポリ中央駅からR2サンカルロバス停下車徒歩3分
地下鉄1号線トレド駅から徒歩5〜8分

※ランチ・ディナーともに予約をオススメします。

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -