抜け出た先は海!葉山町一色の「こみち」散歩が楽しい!

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

抜け出た先は海!葉山町一色の「こみち」散歩が楽しい!

抜け出た先は海!葉山町一色の「こみち」散歩が楽しい!

更新日:2019/06/07 13:06

沢原 馨のプロフィール写真 沢原 馨

神奈川県葉山町はリゾート感溢れる海辺の町として知られています。中でも一色地区は一色海岸を抱えた魅力的な行楽地です。その一色地区の海岸に近い辺り、住宅地の中に「しおさいこみち」や「佐島石こみち」、「長雲閣こみち」といった路地が辿っていて、素敵な町散歩が楽しめることをご存知でしょうか。「こみち」を辿ればフォトジェニックな風景やアイテムもたくさん!葉山一色の町で「こみち」散歩を楽しみましょう!

レトロな丸形ポストも!町歩き好きには魅力たっぷりの葉山町一色

レトロな丸形ポストも!町歩き好きには魅力たっぷりの葉山町一色

写真:沢原 馨

地図を見る

神奈川県立近代美術館葉山館前、県道207号が大きくカーブを描くところに、レトロな赤い丸形ポストが立っています。この赤ポストの立つ風景は、今ではすっかり一色(いっしき)の町、ひいては葉山の町を象徴するものになりました。町歩きの好きな人なら、この風景だけで訪ねてみたいと思ってしまいますよね。

海辺のリゾート地というイメージも強い葉山の町ですが、特に一色は町歩きの好きな人なら絶対に訪れてみたい、素敵な風景がたくさん見つかる町なんです。

レトロな丸形ポストも!町歩き好きには魅力たっぷりの葉山町一色

写真:沢原 馨

地図を見る

海岸を離れれば基本的に静かな住宅地ですが、その中を縫うように「佐島石こみち」や「森山こみち」、「菖蒲沢こみち」などと名付けられた路地が辿っています。適度に曲がりながら延びてゆく「こみち」の様子は町歩き趣味の人には絶対のお勧め!迷い込むような感覚で「こみち」に入り込んでゆくのは楽しいですよ。

レトロな丸形ポストも!町歩き好きには魅力たっぷりの葉山町一色

写真:沢原 馨

地図を見る

それぞれの「こみち」にはネームプレートが設置されています。それぞれに工夫された意匠のネームプレートは、それ自体が素敵です。要所には「こみち」マップも設けられていますから、散策の際には参考にするといいでしょう。

抜け出れば一色海岸!「しおさいこみち」は必ず歩いておこう

抜け出れば一色海岸!「しおさいこみち」は必ず歩いておこう

写真:沢原 馨

地図を見る

神奈川県立近代美術館葉山館と葉山しおさい公園との間に、細い小径が延びています。これが「しおさいこみち」。県道207号から西へ抜けてゆくと、やがて小径の先に海が見えてきます。その光景が何ともフォトジェニック!

歩いていくほどに海は大きく見えるようになって、やがて小径を抜け出ると目の前に一色海岸が広がります。思わず感嘆の声を上げてしまいそうな、素敵な瞬間です。

抜け出れば一色海岸!「しおさいこみち」は必ず歩いておこう

写真:沢原 馨

地図を見る

一色海岸は夏になれば大勢の海水浴客で賑わいますが、オフシーズンには静かで穏やかな浜辺です。春から初夏は浜辺散策もお勧め。夏の喧噪が訪れる前の一色海岸で、のんびりと海を眺めながら散歩するのもいいものです。

抜け出れば一色海岸!「しおさいこみち」は必ず歩いておこう

写真:沢原 馨

地図を見る

沖合にはマリンスポーツを楽しむ人たちの姿が見られるかもしれません。北西の方角には江の島の島影も見えています。江の島を背景に色鮮やかなセイルが映えて、ついついカメラのレンズを向けたくなる光景です。

それぞれに魅力ある「こみち」の風情を楽しもう!

それぞれに魅力ある「こみち」の風情を楽しもう!

写真:沢原 馨

地図を見る

海岸散歩を楽しんだ後は、住宅地へと足を運んで「こみち」散歩を楽しみましょう。県道207号と国道134号に挟まれたエリア、静かな住宅地の中を「こみち」が抜けています。どの「こみち」もそれぞれに魅力があって、すべての「こみち」を歩いてみたくなってしまいます。気の向くままに足を運んで「こみち」散歩を堪能しましょう!

ただし、あくまで住宅地、暮らしている方々のご迷惑にならないよう、特に写真を撮るときには充分に注意しましょう。

それぞれに魅力ある「こみち」の風情を楽しもう!

写真:沢原 馨

地図を見る

「長雲閣こみち」の名は明治期の政治家、桂太郎の別荘「長雲閣」に因んだもの。桂太郎は明治期に陸軍大臣や内務大臣、外務大臣などを歴任した政治家です。この「長雲閣」で、明治34年(1901年)、西郷従道や大山巌、松方正義、井上馨、山本権兵衛海相、小村寿太郎外相といった人たちと共に日英同盟問題が議論されたのです。「長雲閣こみち」は、その別荘跡地の脇を延びています。素敵な「こみち」ですよ。

それぞれに魅力ある「こみち」の風情を楽しもう!

写真:沢原 馨

地図を見る

「長雲閣こみち」が「三ヶ岡通り」と交差したら、その先は「佐島石こみち」。沿道に佐島石を使った石垣が続いています。佐島石は三浦半島南西部に分布する砂礫凝灰岩で、特に横須賀市の佐島周辺で産出されていたことからこの名があります。独特の質感が風情ある景観を生み出しています。葉山町一色の町散歩で、ここも必ず歩いておきたい「こみち」です。

森山神社にも参拝、葉山一色郵便局も見ておこう!

森山神社にも参拝、葉山一色郵便局も見ておこう!

写真:沢原 馨

地図を見る

「森山こみち」を辿ってゆくと、住宅地の中の小高くなったところに森山神社が鎮座しています。伝えられているところによれば、森山神社の創建は天平勝宝の頃(749〜757年)。晴々とした印象の美しい神社です。参拝して、旅の無事を祈願しておきましょう。

森山神社にも参拝、葉山一色郵便局も見ておこう!

写真:沢原 馨

地図を見る

森山神社の参道を降りてゆくと国道134号に抜け出ます。そのすぐ南側、国道脇に葉山一色郵便局が建っています。この郵便局が必見!お洒落な外観はカフェかレストランかと思ってしまうほど。町歩き趣味の人でなくても、ぜひ見てみたいと思ってしまいますよね。

ここもご迷惑にならないよう、静かに外観だけを見学させていただきましょう。外階段部分にも勝手に立ち入らないよう、気をつけましょう。

森山神社にも参拝、葉山一色郵便局も見ておこう!

写真:沢原 馨

地図を見る

葉山一色郵便局では建物の他にも注目ポイントが!建物横、ポスト脇に立てられたネームプレートが何ともお洒落でフォトジェニックなんです。南側からカメラを向ければ、北側に建つ洋菓子店の建物や木々の緑を背景に素敵な写真が撮れますよ。

「長雲閣こみち」脇に建つ「ヴィラマレーア」でランチを!

「長雲閣こみち」脇に建つ「ヴィラマレーア」でランチを!

写真:沢原 馨

地図を見る

一色の町には素敵なカフェやレストランが点在しています。葉山しおさい公園前に建つ「ヴィラマレーア(Villa Marea)」もそのひとつ。前述の「長雲閣こみち」の入口脇に建っています。

「長雲閣こみち」脇に建つ「ヴィラマレーア」でランチを!

写真:沢原 馨

地図を見る

「ヴィラマレーア」は石窯焼きピザなどが人気のイタリアンレストラン。それほど広いお店ではありませんが、そのお陰でかえって居心地良く感じられます。格式張らず、カジュアル過ぎず、アットホームで女性一人でも利用しやすい雰囲気のお店ですよ。

「長雲閣こみち」脇に建つ「ヴィラマレーア」でランチを!

写真:沢原 馨

地図を見る

石窯焼きピザをはじめ、さまざまなメニューが楽しめますが、散策途中で立ち寄る際には日替わりランチもお勧め。パスタにスープやサラダ、デザート、コーヒーなどがセットになって、価格もリーズナブル。素敵なランチタイムを過ごすことができますよ。

ランチを楽しんだ後は、さぁ、また一色の町の「こみち」散歩の続きを楽しみましょう!

<ヴィラマレーア(Villa Marea)の基本情報>
住所:神奈川県葉山町一色2183-4
電話番号:046-875-6245
アクセス:JR横須賀線逗子駅、京急逗子線新逗子駅からバス、三ヶ丘バス停下車、徒歩約5分/駐車場2台分

葉山町一色の基本情報

住所:神奈川県三浦郡葉山町一色
アクセス:JR横須賀線逗子駅、京急逗子線新逗子駅からバス、三ヶ丘バス停、一色海岸バス停等で下車/県道207号沿いに民間駐車場有り

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/21 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -