初めての小豆島!絶景と島文化を堪能する1泊2日モデルコース

| 香川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

初めての小豆島!絶景と島文化を堪能する1泊2日モデルコース

初めての小豆島!絶景と島文化を堪能する1泊2日モデルコース

更新日:2019/05/30 16:20

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 アウトドアライター、小豆島サイクリングガイド、自転車旅フォトグラファー

瀬戸内海で第二の面積を誇る小豆島は、近年フォトジェニックな島の風景と、豊かな島の文化が脚光を浴び、国内外から多くの観光客が訪れます。実際に訪れてみれば、この島の魅力が多岐にわたっていることに気づくでしょう。自然・食・文化・アートなど惹きつける要素が数多くあり、例えば風景という一要素でも実に色々な表情を持っています。そんな魅力の集合体である小豆島を堪能する1泊2日モデルルートを紹介していきましょう。

1日目午前:ジャンボフェリーの船旅からオリーブリーゼントと醤油蔵見学

1日目午前:ジャンボフェリーの船旅からオリーブリーゼントと醤油蔵見学

写真:土庄 雄平

小豆島は日本一航路が多い島と言っても過言ではないですが、一番おすすめのルートは神戸港〜坂手港を運航する「ジャンボフェリー」!なぜなら「価格がリーズナブル」「深夜便がある」「フェリーからの景色が素晴らしい」という3つの理由があるため。お財布に優しく、休日をフルに活用でき、かつ移動中も楽しむことができるとは、何とも嬉しいですね!

1日目午前:ジャンボフェリーの船旅からオリーブリーゼントと醤油蔵見学

写真:土庄 雄平

地図を見る

深夜便を活用すれば、坂手港に早朝7時半頃に到着できます。坂手港から車を少し北には知らせれば「醤の郷」と呼ばれる小豆島町の中心部!鼻腔を突き抜ける醤油の香りが心地よいです。ここでまず行って欲しいのは瀬戸芸アートの「オリーブリーゼント」!

醤油蔵が立ち並ぶ町の一角に、突如オリーブが現れる様は、何とも小豆島らしい情景です。ここではリーゼントを借りることができるので、ぜひ旅のパートナーと被り、インスタ映えの1枚を撮影してみて下さいね。

<オリーブリーゼントの基本情報>
作家:清水久和
住所:香川県小豆郡小豆島町馬木甲255
アクセス:坂手港・池田港から車で10分(無料駐車場あり)

1日目午前:ジャンボフェリーの船旅からオリーブリーゼントと醤油蔵見学

写真:土庄 雄平

地図を見る

アートを満喫したら老舗醤油蔵「ヤマロク醤油」の見学がおすすめ!オリーブリーゼントから車で10分ほどです。何とここでは無料で醤油蔵の見学と醤油の試飲ができます。天然の桶と自然発酵にこだわった天然の醤油を五感で味わってみてください!醤油かけかけアイスや土日限定のプリンもご賞味あれ!

<ヤマロク醤油の基本情報>
住所:香川県小豆郡小豆島町安田甲1607
電話番号:0879-82-0666
アクセス:坂手港・池田港から車で10分

1日目午後:小豆島創作料理を味わって、魔女の宅急便のロケ地へ!

1日目午後:小豆島創作料理を味わって、魔女の宅急便のロケ地へ!

写真:土庄 雄平

地図を見る

そろそろお腹が空いてきたら、小豆島町にあるカフェレストラン「UCHINKU」でランチにしましょう!ここでは広々とリラックスできる空間で、小豆島の旬の食材をたっぷりと使ったお洒落な創作料理が頂けます。看板メニューのハンバーグには、先ほど訪れたヤマロクの醤油も使われており、お肉と中からとろける半熟卵と合わさり絶品です!

<UCHINKUの基本情報>
住所:香川県小豆郡小豆島町安田甲235-6
電話番号:0879-62-8116
アクセス:池田港・草壁港から車で5分、坂手港から車で10分

1日目午後:小豆島創作料理を味わって、魔女の宅急便のロケ地へ!

写真:土庄 雄平

地図を見る

お腹を満たしたら軽く散策して身体を動かしましょう!「小豆島オリーブ公園」では、小高い丘の上に広がるオリーブ畑と瀬戸内海の美しいコントラストを味わえます。「日本のエーゲ海」と形容され、異国情緒漂う風景です。

1日目午後:小豆島創作料理を味わって、魔女の宅急便のロケ地へ!

写真:土庄 雄平

地図を見る

そんなこの場所でぜひトライしてほしいのが、ギリシア風車の前での「魔女の宅急便ごっこ」!実はこの小豆島オリーブ公園は、かつてジブリの名作「魔女の宅急便」のロケ地になったことで一躍有名になりました。今では、公園内のオリーブ記念館で無料レンタルできる箒に跨って、まるで主人公のキキに転身したかのごとく写真を撮ることが名物になっています。

<小豆島オリーブ公園の基本情報>
住所:香川県小豆郡小豆島町西村甲1941−1
電話番号:0879-82-2200
アクセス:池田港・草壁港から車で5分

2日目午前:小豆島ジェラートと絶景の寒霞渓へドライブ!

2日目午前:小豆島ジェラートと絶景の寒霞渓へドライブ!

写真:土庄 雄平

地図を見る

小豆島の文化を満喫した1日目とは対照的に、2日目は小豆島ならではの大自然を巡るルートになります。まずは島の中央にそびえ立つ「寒霞渓」を目指しましょう!しかし、その前に立ち寄っておきたいのが草壁港にある「MINORI GELATO」!小豆島独自の絶品フレーバーを楽しむことができます。定番から四季折々まで、小豆島の味覚を大いに満喫してくださいね。

<MINORI GELATO>
住所:香川県小豆郡草壁本町1055-2
電話番号:0879-62-8181
アクセス:草壁港から徒歩1分、池田港から車で10分

2日目午前:小豆島ジェラートと絶景の寒霞渓へドライブ!

写真:土庄 雄平

「寒霞渓」へのルートは4つありますが、道が広く、景色変化の大きい「小豆島ブルーライン」がオススメです。渓谷美を見上げる前半と、渓谷美と瀬戸内海を見下ろす後半!小豆島ならではの地形を思いっきり感じることができますよ。

2日目午前:小豆島ジェラートと絶景の寒霞渓へドライブ!

写真:土庄 雄平

地図を見る

もちろん「寒霞渓」からの眺めも素晴らしいのですが、オススメしたいのは、その少し西方に位置する「四方指(大観望展望台)」!少し開けた高原に作られた展望台の上に立てば、そこには小豆島の大渓谷を中心に、四国から本州の岡山まで一気に見渡すことができる大パノラマが広がります。真っ青な瀬戸内海と緑の地形のコントラストは鳥肌が立つほどの美しさ!最高の開放感に浸りましょう!

<四方指/大観望展望台の基本情報>
住所:香川県小豆郡小豆島町神懸嶮岨山乙1117
アクセス:草壁港・大部港から車で30分

2日目午後:千枚田の癒しの風景から三都半島の自然へ

2日目午後:千枚田の癒しの風景から三都半島の自然へ

写真:土庄 雄平

地図を見る

小豆島スカイラインを下れば、土庄町の中山地区へ車を進めましょう!するとそこには「中山千枚田」を基調とする島の山間風景が広がります。島からは想像し得ない風景にきっと驚くこと間違いなし!

四季折々美しい佇まいを見せてくれるこの千枚田ですが、特にオススメなのは3年に1回開かれる瀬戸内国際芸術祭の会期年の夏!生命力を感じさせる青々とした稲とアートのコラボレーションがとても美しいですよ。

<中山千枚田の基本情報>
住所:香川県小豆郡小豆島町中山1486
アクセス:池田港・土庄港から車で10分

2日目午後:千枚田の癒しの風景から三都半島の自然へ

写真:土庄 雄平

地図を見る

中山地区を越えた先にある池田地区でお昼にしましょう!オススメは「Bakery & Cafe菊太郎」です。実は、小豆島を代表するオリーブ農家「井上誠耕園」がプロデュースしたカフェで、1階では豊富な種類のパン、2階ではデッキで軽食を頂くことができます。

特に2階のロケーションが最高!オリーブ畑と池田の町の絶景を横目に、美味しく食事をいただく至福の時間を味わえます。

<Bakery & Cafe菊太郎の基本情報>
住所:香川県小豆郡小豆島町池田2267-5
電話番号:0879-75-1369
アクセス:池田港から車で5分、草壁港から車で15分

2日目午後:千枚田の癒しの風景から三都半島の自然へ

写真:土庄 雄平

地図を見る

食事を終えたら、小豆島の南部にある「三都半島」へ向かいましょう!実はあまり知られていないこのエリアですが、島有数の美しい自然が根付いているほか、2016年瀬戸芸の際に展示されたアートが数々残っています。また2019年には新作も9作品リリースされ、目下話題のエリアです!特に中心の神浦地区は、車でも行きやすく、手軽に美しい海とアートを満喫できるのでオススメですよ。

<花寿波島の秘密の基本情報>
作家:康夏奈
住所:香川県小豆島町神浦
アクセス:池田港から車で5分、草壁港から車で15分

タイミングを見て「エンジェルロード」を組み込もう!

タイミングを見て「エンジェルロード」を組み込もう!

写真:土庄 雄平

地図を見る

「天使の散歩道」と呼ばれる小豆島随一の景勝地「エンジェルロード」は小豆島観光には絶対訪れたいスポットだと思いますが、ポイントは「エンジェルロード」ありきでプランを組まないこと!

どういうことかと言えば、この「エンジェルロード」は1日に2回道ができ、干潮の前後3〜4時間と道ができる時間も長いので、早朝や夕方や、プランの隙間時間を使ってサクッと立ち寄ることができるのです。

タイミングを見て「エンジェルロード」を組み込もう!

写真:土庄 雄平

地図を見る

「エンジェルロード」を中心にプランを組んでしまうと、柔軟なプランニングが難しくなり、小豆島のあらゆる魅力を満喫するコースが組みづらくなるので、あくまで「ついで」として考えるのがミソになります!

<エンジェルロードの基本情報>
住所:香川県小豆郡土庄町銀波浦
アクセス:土庄港から車で5分、池田港から車で10分
※エンジェルロードの干潮時間には関連MEMOをご参照

様々な魅力が溢れる小豆島を満喫するモデルコース!

小豆島には数え切れないほどの魅力があります。だからこそ、それを出来るだけ回ろうと考えると、効率の良いプランニングが大切です!絶景フォトスポット、アートやグルメ、醤油蔵見学・魔女の宅急便ごっこなどのアクティビティなどなど。初めての小豆島で行って頂きたい場所がたくさんあります。

しかしながら、もし全て回ることができなくても気を落とすことはありません。なぜなら小豆島は訪れれば訪れるほど、また新たな魅力が見えてくるから!コンテンツの尽きない「小豆島」へ、まず一度足を踏み入れてみてくださいね。

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/06/10−2019/05/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -