石川・能登のおすすめ夕陽スポット7選 夕暮れどきに訪れたい

石川・能登のおすすめ夕陽スポット7選 夕暮れどきに訪れたい

更新日:2019/06/05 09:03

Mayumi Tのプロフィール写真 Mayumi T 金沢出身の歴史探索家、B級グルメマニア、北陸の旅先案内人
石川県の中でも能登方面は、里山や里海の風景があちこちで見られるため、特にドライブで訪れる人からは人気の旅先となっています。最近では金沢や加賀方面と併せて訪れる人も増えており、特に全区間無料の「のと里山海道」を走行しながら、自然が満喫できるスポットに立ち寄る人も多いでしょう。昼間のドライブも快適ですが、能登は夕暮れ、夕陽も美しいので、立ち寄りながらのドライブもおすすめです。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

かほく市の高松海岸

かほく市の高松海岸

写真:Mayumi T

地図を見る

「高松海岸」は、石川県のかほく市に位置する海岸です。金沢側より車で訪れた場合「のと里山海道」に入り、能登方面を車で向かった際に金石海岸、内灘海岸とずっと海岸が続きますが、その次に車窓にみえてくるのがこの「高松海岸」。「のと里山海道」の「高松」SAには「道の駅 高松」がありますので、ドライブの休憩にはぴったり。ちょっと休憩して、海岸線沿いの風景を眺めてみましょう。

かほく市の高松海岸

写真:Mayumi T

地図を見る

こちらは「のと里山海道」の高松SA内「道の駅 高松(上り)」側より反対側の"下り"方面を眺めた様子です。"上り"側からは、海岸線沿いの景観は少しだけ距離が離れてしまいますが、能登方面と金沢方面ともに夕暮れどきに走行した際、道の駅の駐車場から夕陽を眺めることができます。

この「道の駅 高松」の里山館(上り、下り)では、夕暮れどきのみにOPENする「夕陽カフェ」が人気。羽咋市(はくいし)内にある「神音(かのん)カフェ」の自家焙煎の豆で丁寧に淹れた美味しいコーヒーが味わえます。

<道の駅 高松の基本情報>
住所:石川県かほく市二ツ屋16-3
電話番号:076-281-2221

かほく市の高松海岸

写真:Mayumi T

地図を見る

この高松海岸から羽咋市の「千里浜なぎさドライブウェイ」にかけては、天気が良くて風もなく、波が穏やかな日には潮溜まりができやすい海岸線沿いです。このようなことからリフレクションが撮影できることもあるので、この周辺は地元のカメラマンからも注目の夕陽スポットとなっています。

<高松海岸の基本情報>
所在地:石川県かほく市二ツ屋周辺

羽咋市、千里浜なぎさドライブウェイ

羽咋市、千里浜なぎさドライブウェイ

写真:Mayumi T

地図を見る

日本国内で唯一、海岸線沿いの波打ち際の砂浜を車などで走行できる砂浜として知られている「千里浜なぎさドライブウェイ」。晴れ渡った日にドライブするともう爽快!国内外から多くの人が訪れる観光スポットとして、人気となっています。

羽咋市、千里浜なぎさドライブウェイ

写真:Mayumi T

地図を見る

「千里浜なぎさドライブウェイ」は昼間の走行はもちろん爽快ですが、夕陽のスポットとしても人気です。夕暮れどきは、グループやお一人、カップル、どんなシチュエーションで訪れてもきっとステキな夕陽が満喫できるでしょう。

羽咋市、千里浜なぎさドライブウェイ

写真:Mayumi T

地図を見る

時間とともに深まっていく夕陽。これは前述の夕陽の写真から数十分ほどたった頃ですが、時間とともに夕陽の朱色がだんだん色濃く変わっていきます。

陽が傾きかけの頃もよいのですが、時間があるならちょっとその場でしばらく立ち止まってみて!きっと、時間がたつごとに朱く深まっていく夕陽に出逢えるでしょう。

<千里浜なぎさドライブウェイの基本情報>
所在地:石川県羽咋郡宝達志水町今浜〜羽咋市千里浜町

羽咋郡志賀町の能登金剛・巌門周辺

羽咋郡志賀町の能登金剛・巌門周辺

写真:Mayumi T

地図を見る

「能登金剛」は、能登半島に位置する福浦港から関野鼻に至る約29キロメートルの景勝地で、「巌門」はその景勝地の中にあるスポットです。

羽咋郡志賀町の能登金剛・巌門周辺

写真:Mayumi T

地図を見る

海岸線沿いを車などで走行するとわかりますが、断崖や奇岩がずっと続いており、特に「巌門」は長い年月の経過によって浸食されてできた大きな穴や洞窟が多く、見どころの一つです。

この周辺には「能登金剛センター」という駐車場、お食事処、お土産や休憩処などが集結した施設がありますので、時間があれば休憩も兼ねてゆっくり散策されることをおススメします。

羽咋郡志賀町の能登金剛・巌門周辺

写真:Mayumi T

地図を見る

こちらの写真の向かって右側が前述の「巌門」です。左側に見えるのが「鷹の巣岩」で、その少し右側に見える小さく見えるのが「碁盤島」。「碁盤島」はその昔、義経と弁慶が囲碁を楽しんだ場といわれているスポットです(その昔、京都より源頼朝の追手から逃れ、奥州平泉、現在の岩手県平泉町へと向かう途中、巌門に身を隠したと伝えられています)。

長い年月の経過や自然によって造りだされた景観は見事なもの。遊覧船も運行していますので、海岸側からも壮大な断崖や奇岩などの見ごたえある景観に出逢えます。夕暮れどきには、ゆっくりと沈んでいく夕陽が眺められるでしょう。

<巌門周辺の基本情報>
所在地:石川県羽咋郡志賀町富来牛下(とぎうしおろし)周辺
※巌門の遊覧船巡りは例年3月中旬頃〜11月中旬頃の不定期運行

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

能登金剛・機具岩

能登金剛・機具岩

提供元:石川県観光連盟

https://www.hot-ishikawa.jp/地図を見る

この能登金剛周辺には大小様々な奇岩が点在していますが、その一つの「機具岩(はたごいわ)」は、機織りの神様の伝説が元となっている夫婦岩です。

機織りをする際の道具を思わせるような岩があることから名付けられていますが、高さ約16メートル、約12メートルの二つの岩が寄り添うように並んでいます。伊勢の二見岩にも似ていることから「能登二見」とも呼ばれていますが、能登の機具岩は大きい岩が女岩、小さい岩が男岩です。

こちらも見逃せない夕陽スポット。ライトアップされる時期もあり、夕陽を眺めた後に暗闇に浮かび上がる幻想的な景観が楽しめます。

能登金剛・機具岩

提供元:石川県観光連盟

https://www.hot-ishikawa.jp/地図を見る

その昔、この地に織物を広めた鹿島郡の能登比盗_社のご祭神である渟名木入比当ス(ぬなきいりひめのみこと)が、織機を背負い山越えを試みたところ、途中で山賊に遭遇、その際に持っていた織機を海の中に投げ捨てたところ、それが岩に変わったという伝説が語りつがれています。

能登には様々な伝説が語りつがれていますので、こんな歴史ある伝説を思い起こしながら、夕陽を眺めるのも一興かもしれませんね。

能登金剛・機具岩

提供元:石川県観光連盟

https://www.hot-ishikawa.jp/地図を見る

そんな機具岩周辺も、夕暮れどきは時間がたつごとに沈んでいく夕陽が朱く深く染まっていきます。能登へのご旅行の際には、ぜひ立ち寄ってみてください。

<機具岩の基本情報>
所在地:石川県羽咋郡志賀町富来七海、国道249号海岸線

奥能登の白米千枚田、曽々木海岸、仁江海岸の夕陽

奥能登の白米千枚田、曽々木海岸、仁江海岸の夕陽

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/地図を見る

輪島市内の「白米千枚田」は、日本の棚田百選、国指定文化財名勝に指定され、2011年には「世界農業遺産」にも認定されています。春先に田に水がはられた際の景観は日本国内の他の地域でもみられる光景ですが、こちらの千枚田も夕陽が美しいスポットとして、国内外から多くの人が訪れるスポット。大小の小さな田が千枚(実際にはそれ以上ですが)あることから名付けられていますが、小さな田には農作業の機器が入らないことから、毎年手作業によって行われています。

大小の田に夕陽に照らし出される見事な景観ですが、もちろん春先の時期以外も、この棚田から眺める夕陽は美しい景観です!緑に彩られていく時期、秋の棚田、冬は「あぜのきらめき」というイルミネーションスポットとして、能登の四季折々の里山や里海がとても感じられるスポットです。

<白米千枚田の基本情報>
所在地:石川県輪島市白米町

奥能登の白米千枚田、曽々木海岸、仁江海岸の夕陽

写真:Mayumi T

地図を見る

こちらは輪島市と珠洲市との境目辺りの海岸線沿いに位置する「曽々木海岸」です。国の名勝、天然記念物に指定されており、こちらも断崖や奇岩が点在するスポット。曽々木海岸の象徴ともいえるのが窓岩ですが、冬の時期には「波の花」が眺められ、冬の風物詩となっています。海や波、大小の岩が織りなす景観とともに夕陽も美しいので、周辺の散策の折にはぜひ立ち寄ってみてください。

<曽々木海岸の基本情報>
所在地:石川県輪島市町野町曽々木

奥能登の白米千枚田、曽々木海岸、仁江海岸の夕陽

写真:Mayumi T

地図を見る

仁江(にえ)海岸は、千畳敷の岩場が広がる景勝地です。こちらも夕陽が美しいことで知られ、「日本の夕陽百選」にも選ばれています。この海岸では、日本で唯一「揚げ浜式製塩法」による塩づくりが行われており、長く大切な歴史ある伝統が約500年前よりずっと受け継がれています。海岸と岩場、夕陽との景観が美しい地です。

<仁江海岸の基本情報>
所在地:石川県珠洲市仁江町

石川、能登へ訪れたら、夕陽を眺めてみよう

ご紹介のように、石川、能登方面には夕陽が美しく眺められる箇所があちこちに点在しています。夕陽が眺められる時間帯というのは一日の中でも限られている時間ですので、多くのスポットを巡るのは難しいかもしれません。ですが、ぜひ能登を訪れた際には、日本海側の夕陽を眺めてみませんか。きっとのどかで穏やかな能登の里山里海の自然とともに、美しい夕陽に出逢えるでしょう。

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/03/30−2019/05/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -