山頂まで1時間!渓谷鉄道駅からの桐生・荒神山ハイキング

山頂まで1時間!渓谷鉄道駅からの桐生・荒神山ハイキング

更新日:2019/07/29 13:07

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 トレッキングハンター、ネイチャーカメラマン
群馬県桐生市にある「荒神山」は624.4mの低山。トロッコ列車で人気の渡良瀬渓谷鉄道の駅からダイレクトに登れる静かな山として人気です。山頂付近からの赤城山を中心にした大展望も魅力。駅からおおよそ1時間で山頂に到着できるうえに、起点となる「水沼駅」は足湯や温泉が併設されている珍しい駅。のどかな山里風景とレアな渓谷鉄道にのってすがすがしいハイキングをしてみてはいかが?記事内では動画でも紹介しています。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外出自粛要請が出されている都道府県があります。各種報道機関の発表や自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

荒神山は自然豊かで登り安いやすい山

荒神山は自然豊かで登り安いやすい山

写真:佐久田 隆司

地図を見る

群馬県桐生市の黒根町とみどり市の境界にある「荒神山(こうじんやま)」は、駅前から歩き出せる手軽なハイキングコースが整備されています。山頂付近からの大展望は圧巻。家族連れやカップルなどの自然散策にも最適です。

荒神山は自然豊かで登り安いやすい山

写真:佐久田 隆司

地図を見る

渡良瀬渓谷鉄道の水沼駅から目の前に見える山が「荒神山」。山に向かって「くろほね大橋」で渡良瀬川を渡り、突き当りの県道257号線左へ進めばしばらくして登山口の道標があります。

荒神山は自然豊かで登り安いやすい山

写真:佐久田 隆司

地図を見る

道標から右側に進むと、写真の道標が出てきます。道標では山頂は直進ですが、ハイキングの場合は「遊歩道」の方向に鋭角に戻る形で山に分け入っていきます。道標の通りそのまま直進すれば、オフロード車などなら山頂近くまで乗り入れることもできます。

森林に囲まれたつづら折れの登山道で山頂を目指す

森林に囲まれたつづら折れの登山道で山頂を目指す

写真:佐久田 隆司

地図を見る

登山道の整備状態は良く、まさにハイキングにはうってつけ。森林浴と鳥のさえずりを楽しみながらつづら折れに上り山頂を目指します。

森林に囲まれたつづら折れの登山道で山頂を目指す

写真:佐久田 隆司

地図を見る

途中、巨石が現れ目を奪われます。そのすぐわきをすり抜けていきますが、このあたりの岩は崩れやすく、速やかに通過するのがいいでしょう。

森林に囲まれたつづら折れの登山道で山頂を目指す

写真:佐久田 隆司

地図を見る

暫くして手作り広場に出ると道が二手に分かれます。荒神山山頂方面と展望台方面ですが、ひとまず山頂方面へ向かいます。山頂の眺望はありませんが、森に囲まれた静かな雰囲気で記念撮影もいいでしょう。そして再び来た道を折り返し手作り広場に戻ります。

荒神山ハイキングの様子を動画で紹介

動画:佐久田 隆司

地図を見る

ここでは荒神山ハイキングの様子を動画で紹介しています。ぜひご覧ください。

荒神山ハイキングの様子を動画で紹介

写真:佐久田 隆司

地図を見る

荒神山には神様が祀られています。日本では古来山に神様が宿る山岳信仰が盛んでした。類にたがわず荒神山も信仰の山として地元住民から信仰されています。

地元出身の方の息子さんが原因不明の高熱にうなされ、原因が荒神山の神様が逆さになっていたからという実話も残っています。神様をもとの姿に戻したら高熱がおさまり、それ以来この地域では荒神山のお祭りを行うようになっています。

荒神山ハイキングの様子を動画で紹介

写真:佐久田 隆司

地図を見る

手づくり広場は平坦で広く、東屋が設置され休憩や食事などに最適です。そのまま元の道でも下山できますが、展望台方面へ足を進めます。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ぜひ立ち寄りたい展望台からの大眺望!

ぜひ立ち寄りたい展望台からの大眺望!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

荒神山山頂は展望がありませんが、代わりに展望台からの眺望はとても素晴らしく、組まれた櫓から誰でも雄大な景色を楽しむことができ、ぜひ立ち寄りたいスポットです。

ぜひ立ち寄りたい展望台からの大眺望!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

ここは眺望を楽しむ場所なので、食事などは控えましょう。櫓の上はさほど広くないので、順番に上がるようにしましょう。ここからの眺望は赤城山をはじめとする山々の姿が手に取れるように眺められます。スタートラインの水沼駅も確かめられます。

ぜひ立ち寄りたい展望台からの大眺望!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

再びコースに戻ると写真の分岐に差し掛かります。これを遊歩道方面へ進むと、最初の分岐点に戻れます。この水沼駅〜荒神山〜水沼駅のルートは、5.28km、約2時間※になります。
※休憩時間を含まず。一般成人の標準時間

渡良瀬渓谷鉄道の水沼駅で温泉や食事も

渡良瀬渓谷鉄道の水沼駅で温泉や食事も

写真:佐久田 隆司

地図を見る

渡良瀬渓谷鉄道は桐生駅から間藤駅間の44.1kmを単線で走る第三セクターの鉄道。トロッコ列車が人気の渓谷を縫って走るローカル線です。特に紅葉時のトロッコ列車は大人気で、チケットが取りにくくなっています。

渡良瀬渓谷鉄道の水沼駅で温泉や食事も

写真:佐久田 隆司

地図を見る

桐生駅を走り出したときはさほどでない車窓も、水沼駅まで来るとかなり山間の風情が増してきます。水沼駅はひっそりとした駅ですが、足湯や温泉が併設されている珍しい駅。ハイキングの帰りに汗を流していくのもいいでしょう。

渡良瀬渓谷鉄道の水沼駅で温泉や食事も

写真:佐久田 隆司

地図を見る

ここでは食事もできるので、休憩がてら一便電車を遅らせてゆっくりするのもおすすめです。

荒神山ハイキングは誰でも無理なく山頂までたどり着けるもの。全行程2時間ほどのハイキングの帰りには、温泉に浸かることも。風光明媚な渓谷鉄道に乗ってのどかなハイキングに出かけてみてはいかがでしょうか?

荒神山の基本情報

住所:群馬県桐生市黒保根町八木原
電話番号:0277-40-1283(桐生観光協会)
アクセス:桐生駅より渡良瀬渓谷鉄道で水沼駅下車

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -