17年ぶりに復活!「富士屋旅館 湯河原」で贅沢ステイ

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

17年ぶりに復活!「富士屋旅館 湯河原」で贅沢ステイ

17年ぶりに復活!「富士屋旅館 湯河原」で贅沢ステイ

更新日:2019/07/05 14:02

菊原 朝香のプロフィール写真 菊原 朝香 モデル、美肌温泉家、食べ歩きトラベラー、歴女

17年間眠りについていた神奈川・湯河原の老舗温泉旅館「富士屋旅館 湯河原」が、飲食業界でも有名な「際コーポレーション株式会社」社長の中島武氏の手により、当時の姿を残しつつも現代の利便性を兼ね備えた、素晴らしい温泉旅館として2019年2月に見事に蘇りました。客室・温泉・食にスポットをあてて、「富士屋旅館 湯河原」のその素晴らしさと特徴をご紹介しましょう!

パワーアップして生まれ変わった「富士屋旅館 湯河原」

パワーアップして生まれ変わった「富士屋旅館 湯河原」

写真:菊原 朝香

地図を見る

「富士屋旅館 湯河原」は、惜しまれながら17年前に閉業した老舗温泉旅館でした。ほぼ廃墟同然になっていたこの素晴らしい旅館を見事に復活させたのは、「際コーポレーション株式会社」社長の中島武氏。類まれな商才と味覚、そしてデザイン力、創造力の高さで、飲食業界では有名な人物です。多数の飲食店と旅館を経営していますが、どこも内装やインテリアなどは中島社長のデザインによるものなのです。

パワーアップして生まれ変わった「富士屋旅館 湯河原」

写真:菊原 朝香

地図を見る

「富士屋旅館 湯河原」も、和風旅館でありながらモダンさと斬新さとを併せ持つ、元々の良さを引きたてつつも独創的かつデザイン性に優れた建物に生まれ変わりました。さりげなく置かれたインテリアの趣味の良さや、消化器など雰囲気にそぐわないものを場になじむようにと凝らされた工夫から、お客さんに寛いでもらいたいという中島社長の思いが見えてきます。

パワーアップして生まれ変わった「富士屋旅館 湯河原」

写真:菊原 朝香

地図を見る

そのもてなしの心は、スリッパ1つとっても伝わってきます。クッション性が高く、その履き心地の良さが光るスリッパ。黒革のすっきりとしたデザインは「富士屋旅館 湯河原」の雰囲気によくなじみます。客に違和感・異物感を抱かせる物は、一切ない。そして、それらをむしろ居心地の良さすら感じさせる存在に変えてしまう。それが中島流なのです。

贅沢な空間を思う存分堪能させてくれる「旧館」「洛味荘」

贅沢な空間を思う存分堪能させてくれる「旧館」「洛味荘」

写真:菊原 朝香

地図を見る

客室は、ロビーのある新館と、大正時代に建てられた旧館、そして昭和時代に建てられた洛味荘(らくみそう)の3つの棟からなっています。この2棟は渡り廊下で新館とつながっており、2階建ての離れになっています。客室は各階2部屋ずつ。旧館は楼閣風建築、洛味荘は和風建築の木造旅館で、古き良き日本の風情があり、ぜひ一度は泊まってみたい!と思わせられます。

贅沢な空間を思う存分堪能させてくれる「旧館」「洛味荘」

提供元:富士屋旅館 湯河原

https://fujiyaryokan.jp/地図を見る

旧館も洛味荘も大幅にリノベーションしていますが、ガラスや組子細工など当時の意匠は修復してそのまま使っています。組子細工の職人は今では国内に1人しかいないといわれ、とても貴重なもの。またちょっとした小部屋が隠れてたりと、遊び心をくすぐります。窓からは日本庭園が臨め、食事以外は客室内で完結しているので、プライベートな時間を贅沢に楽しみたい人にオススメです。

贅沢な空間を思う存分堪能させてくれる「旧館」「洛味荘」

提供元:富士屋旅館 湯河原

https://fujiyaryokan.jp/地図を見る

旧館も洛味荘も、すべての客室に檜の温泉内風呂がついているのがまた魅力的。大浴場でのびのびつかるのもよし、部屋風呂で檜の香りに包まれて自分だけの湯を独り占めするのもよし。どちらも同じ湯なので、自分の好きな過ごし方が選べます。

「新館」でリーズナブルに「富士屋旅館 湯河原」を楽しむ

「新館」でリーズナブルに「富士屋旅館 湯河原」を楽しむ

写真:菊原 朝香

地図を見る

新館の客室は、基本的にお風呂は付いていません。唯一例外なのは、1階に2部屋だけある和室。こちらには檜造りの内風呂が付いています。しかし温泉ではなく、沸かし湯になります。それ以外の8室は洋室で、こちらはシャワーのみ。なので、温泉につかりたい時は、新館1階の大浴場へ行きましょう。

「新館」でリーズナブルに「富士屋旅館 湯河原」を楽しむ

写真:菊原 朝香

地図を見る

和室も洋室も、シンプルでとてもゆったりとした造り。アメニティも充実していて、浴衣も羽織も粋で洒落たデザイン。着替え用の浴衣もあるんです。もちろん、足元が冷えやすい女性にうれしい足袋靴下も。お風呂やレストランへ行く時に、貴重品やちょっとした物を入れられる便利な和柄の大きめトートバッグもステキです。

「新館」でリーズナブルに「富士屋旅館 湯河原」を楽しむ

写真:菊原 朝香

地図を見る

シャンプー・コンディショナー・シャワージェルなどは、ギルクリスト&ソームスのヴェルデコレクション。コットンや歯ブラシセット、フェイス&ハンドソープはプロバンシア。ブラシやカミソリなど、丁寧にそれぞれ白い箱に入っています。それがまた、統一感があって洗練された印象を受けます。

ブラシの箱にはブラシと櫛が両方とも入っていて、どちらも普段使いできるようなきちんとしたもの。カミソリに至っては、5枚歯なんです。5つ星ホテルでも5枚歯のカミソリを用意しているところはそうそうありません。こういったところからも、ホスピタリティの高さが伺えます。

美肌の湯につかって美しさに磨きをかけて

美肌の湯につかって美しさに磨きをかけて

写真:菊原 朝香

地図を見る

大浴場は新館の1階にあります。露天風呂はなく内湯のみですが、脱衣所といい浴室といい、柱を多用したり高さに変化を持たせたデザインが素晴らしく、品が良く落ち着いた空間になっています。天井の梁など昔の物をそのまま使っていたり、古いものを大切に活かしているところにも好感が持てます。

美肌の湯につかって美しさに磨きをかけて

写真:菊原 朝香

地図を見る

そして、こちらの温泉は身体を芯から温めてくれる保温性、そしてしっとりと肌に潤いを与えてくれる保湿性に優れ、余分な角質や皮脂を落としてくれるクレンジング効果も期待できます。源泉をかけ流しているのも温泉好きにはうれしいポイント。神奈川県の条例に従って塩素消毒していますが、身体が湯につかる瞬間にふわっと匂いがする程度です。

美肌の湯につかって美しさに磨きをかけて

写真:菊原 朝香

地図を見る

またうれしいのが、アメニティもタオルも大小両方置いてあって、ヘアケア・スキンケア用品や着替え以外は手ぶらで行けてしまうところ。浴室のシャンプーなどはプロバンシアでそろえてあります。

「富士屋旅館 湯河原」の真骨頂「食」

「富士屋旅館 湯河原」の真骨頂「食」

写真:菊原 朝香

地図を見る

食事は1階ロビー右奥にある瓢六亭でいただきます。さすが人気の飲食店を多数経営しているだけあって、食事もいい意味で期待を裏切ってくれます。夕食の献立は月替わり。その時期に食べるべき食材を、一番おいしくいただけるように工夫を凝らしてあります。

湯河原と言う山海に囲まれた立地を活かし、新鮮な地魚やジビエをふんだんに使った懐石料理が楽しめます。その見事さ豪華さは、和風オーベルジュと言ってもいいかもしれません。見事な古伊万里や古九谷を惜しげもなく使っていて、食器やカトラリーにも中島社長のセンスがうかがえます。

「富士屋旅館 湯河原」の真骨頂「食」

写真:菊原 朝香

地図を見る

実は、瓢六亭は都内にも店舗を2ヶ所構えている鰻料理の店。なので「富士屋旅館 湯河原」にも鰻料理のプランがあります。蒸さずに焼く関西風の蒲焼きは、うなぎの味がしっかりとしていて食べ応え十分。しかも焼いているのは、お店を入ってすぐのところなので、目でも音でも匂いでも鰻を楽しめ、食欲をそそられます。

2019年7月19日(金)までの期間限定ですが、肉の匠と名高い新保吉伸氏が手当てした近江牛の部位を食べ比べできるプランなどもありますよ。ちなみに、ランチもディナーも宿泊客以外でも楽しめます。

「富士屋旅館 湯河原」の真骨頂「食」

写真:菊原 朝香

地図を見る

朝食は、たっぷりの野菜と温かい出来立ての総菜、そして土鍋で炊き立てのごはんという起き抜けの身体が悦ぶ献立。とろろには、だし汁だけでなく、ゴマや刻んだ大葉が入っていて滋養にあふれています。量もしっかりとあって、朝から活動するのに十分なパワーがもらえます。

極上の時間を「富士屋旅館 湯河原」で過ごす

アクセスは良く、JR湯河原駅前から「不動滝」行き、もしくは「奥湯河原」行きのバスで約15分ほど揺られたら、「藤木橋」バス停で下車、すぐのところにあります。タクシーなら約7分。車がなくても何の問題もありません。チェックインは15時から、チェックアウトは10時。出来たらチェックイン時刻と同時に入って、目いっぱい「富士屋旅館 湯河原」を楽しんでほしいところです。一人旅プランや素泊まり、朝食のみのプランもあるので、まずは手軽なプランから試してみるのもいいかもしれません。日常に追われて疲れ切った心と体を、この極上の時間と空間を過ごすことで存分に癒されてください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/03/13−2019/03/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -