香川県小豆島で妖怪アートめぐり!妖怪美術館の歩き方

| 香川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

香川県小豆島で妖怪アートめぐり!妖怪美術館の歩き方

香川県小豆島で妖怪アートめぐり!妖怪美術館の歩き方

更新日:2019/06/14 10:58

すがた もえ子のプロフィール写真 すがた もえ子 妖怪伝承収集家、フリーライター

瀬戸内海に浮かぶ香川県の小豆島は、アートやオリーブで知られる島です。小豆島には数々のアートスポットがありますが、今回ご紹介したいのは妖怪をモチーフにした「妖怪美術館」です。妖怪画家・柳生忠平氏が館長をつとめる妖怪美術館は、古くから日本に伝わる伝承妖怪から、現代社会をモチーフにしたオリジナル妖怪まで幅広い作品が展示されています。小豆島の迷路のまちに点在する5ヶ所の妖怪美術館を巡る旅をご案内します。

スタート地点になるのは妖怪美術館1

スタート地点になるのは妖怪美術館1

写真:すがた もえ子

地図を見る

妖怪美術館は小豆島の迷路のまちの古い建物を利用したギャラリーです。妖怪アートを巡りながら、迷路のまちの雰囲気も楽しめるというのがこの美術館の大きなポイント。

展示されているのは日本全国や海外から集まった立体妖怪アート作品。約800体の妖怪が入れ替わりで展示されるので、何度来ても楽しめるようになっています。

5つある妖怪美術館全てに入場できる共通チケットがあるので、散策前に購入しておきましょう。

スタート地点になるのは妖怪美術館1

写真:すがた もえ子

地図を見る

迷路のまちの案内所にもなっている妖怪美術館1は、元は呉服屋の蔵だった建物です。主に日本に昔から伝わる伝承妖怪を中心とした作品が展示されています。

美術館の外に展示されている巨大アート「HEISEI MAZE SPIRAL」も見ておきたい作品のひとつです。錆びたようなアートの表面には、デザインとして迷路の町の地図が描かれています。内側にはらせん階段があり、出口付近では小豆島に古くから伝わるカワウソの妖怪「カボソ」が出迎えてくれます。

スタート地点になるのは妖怪美術館1

写真:すがた もえ子

地図を見る

1階にはミュージアムショップも併設され、妖怪画家・柳生忠平氏の作品やグッズを購入することができます。

<妖怪美術館1の基本情報>
住所:香川県小豆郡土庄町甲405 MeiPAM1
電話番号:0879-62-0221
定休日:水曜日(祝日及び瀬戸内国際系術祭会期中は営業)
アクセス:土庄港・ 池田港・ 草壁港・大部港・坂手港・福田港からバスで土庄本町バス停下車 徒歩1分

巨大な妖怪アートが待ちうける妖怪美術館2

巨大な妖怪アートが待ちうける妖怪美術館2

写真:すがた もえ子

地図を見る

妖怪美術館2は、醤油屋や米屋が倉庫として使用していた古い建物です。内部は音を吸収しやすい土壁や床がむき出しになっていて、どことなく静寂が漂います。

巨大な妖怪アートが待ちうける妖怪美術館2

写真:すがた もえ子

地図を見る

妖怪美術館2の中央部分を占めているのが、巨大なドデカ妖怪『包んであげましょか?』です。コンセプトは「あなたは妖怪に食べられた記憶はあるだろうか?」巨大な作品の中に入ることができ、妖怪の鼻の孔から顔を出せるというものです。

妖怪に食べられた状態の人の目に映るのは、妖怪たちが見ている世界。暗がりの中にうすぼんやりと浮かび上がる光景がどんなものか、自分の目で確かめてみてください。

<妖怪美術館2の基本情報>
住所:香川県小豆郡土庄町甲550 MeiPAM2
電話番号:0879-62-0221
定休日:水曜日(祝日及び瀬戸内国際系術祭会期中は営業)
アクセス:土庄港・ 池田港・ 草壁港・大部港・坂手港・福田港からバスで土庄本町バス停下車 徒歩2分

オリジナルの現代妖怪がひしめく妖怪美術館3

オリジナルの現代妖怪がひしめく妖怪美術館3

写真:すがた もえ子

地図を見る

妖怪博物館3は、1階がモノノケ堂という駄菓子屋になっています。建物の外見に描かれたカラフルな妖怪たちは、実際に中に展示されている妖怪たちもいます。

オリジナルの現代妖怪がひしめく妖怪美術館3

写真:すがた もえ子

地図を見る

ここに展示されているのは、「妖怪造形大賞」というアートコンテストで選抜されたオリジナルの妖怪たち。たとえばパソコンやスマホから妖怪が生まれたら、といったテーマで生み出された現代社会ならではの妖怪作品です。ユニークでバラエティ豊かな作品は海外からの注目度も高く、多くの外国人観光客が訪れる場所です。

オリジナルの現代妖怪がひしめく妖怪美術館3

写真:すがた もえ子

地図を見る

ここは昔は活版印刷所だった建物で、名残が感じられる場所も多く残されています。建物のいちばん奥にある和室からは、今にも妖怪たちの話し声が聞こえてきそう。

この部屋には靴を脱いで上がることができ、妖怪たちの間に座って記念撮影をすることができる人気スポットになっています。

<妖怪美術館3の基本情報>
住所:香川県小豆郡土庄町甲393-3
電話番号:0879-62-5898
定休日:水曜日(祝日及び瀬戸内国際系術祭会期中は営業)
アクセス:土庄港・ 池田港・ 草壁港・大部港・坂手港・福田港からバスで土庄本町バス停下車 徒歩2分

妖怪美術館4では暗闇で巨大な妖怪天井画をながめる

妖怪美術館4では暗闇で巨大な妖怪天井画をながめる

写真:すがた もえ子

地図を見る

お札が貼られた階段を昇ると、その先には部屋があり、真っ暗な空間が広がっています。部屋の暗さに目が慣れてくると、天井に描かれた巨大な妖怪「カンシシャ」の姿が見えてくるはずです。

妖怪美術館4では暗闇で巨大な妖怪天井画をながめる

写真:すがた もえ子

地図を見る

部屋の中を見渡せば、ただの暗闇だと思ったあちこちに妖怪たちの姿が。畳の上で寝転んで妖怪たちを眺めているとリラックスした気分になってきます。

<妖怪美術館4の基本情報>
住所:香川県小豆郡土庄町甲398
電話番号:0879-62-0221
定休日:水曜日(祝日及び瀬戸内国際系術祭会期中は営業)
アクセス:土庄港・ 池田港・ 草壁港・大部港・坂手港・福田港からバスで土庄本町バス停下車 徒歩1分

国立台湾芸術大学の学生が手掛けた妖怪美術館5

国立台湾芸術大学の学生が手掛けた妖怪美術館5

写真:すがた もえ子

地図を見る

妖怪美術館5は、元飲食店だった建物を利用しています。1階の廃墟のような店部分を通り過ぎて2階へ進めば、そこには所狭しと妖怪アートが描かれています。ここの作品を手掛けたのは、台湾の美大生たち。大陸ならではのスケール感で描かれた妖怪たちに圧倒されます。

国立台湾芸術大学の学生が手掛けた妖怪美術館5

写真:すがた もえ子

地図を見る

ふすまをあけると、押し入れの内部にも妖怪アートが描かれています。妖怪たちは細かいところに潜んでいるので、見逃さないようにしてくださいね。

<妖怪美術館5の基本情報>
住所:香川県小豆郡土庄町甲179
電話番号:0879-62-0221
定休日:水曜日(祝日及び瀬戸内国際系術祭会期中は営業)
アクセス:土庄港・ 池田港・ 草壁港・大部港・坂手港・福田港からバスで土庄本町バス停下車 徒歩3分

妖怪美術館は公式オーディオガイドを聞きながら巡ろう!

妖怪美術館を巡るなら、「ON THE TRIP」が製作する公式オーディオガイドのアプリ(無料)をスマホにダウンロードして巡るのがおすすめです。

たくさんある妖怪作品の説明を聞けるので、ただ見てまわるよりも世界観が広がること間違いなしです。妖怪美術館1の受付にはWi−Fiも飛んでいるので、アプリのダウンロードも安心。スマホを持っていない場合はレンタルもしてもらえます。小豆島の迷路のまちで、妖怪アート巡りを楽しんでください。

取材協力:ON THE TRIP

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/23−2019/05/24 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -