もふカワな赤ちゃんトラに触れあえる パタヤ「タイガーパーク」

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

もふカワな赤ちゃんトラに触れあえる パタヤ「タイガーパーク」

もふカワな赤ちゃんトラに触れあえる パタヤ「タイガーパーク」

更新日:2019/07/01 16:30

橋詰 真紀のプロフィール写真 橋詰 真紀 旅ライター&MC、コスパ重視の女子旅ナビゲーター
タイのバンコクから、最も近い人気のビーチリゾート「パタヤ」。なんとなくネオン街のイメージが強いせいか、女子旅や家族連れには向いていないかも?と思われがち。いえいえ、そんな事はありません。

ここ数年でパタヤは開発が進み、女子旅や家族連れにもぴったりのスポットも続々と登場中。その中でも今大注目の観光スポットといえば、もふもふカワイイ赤ちゃんトラ達に触れあえる「タイガーパーク」です。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

パタヤの大人気観光スポット「タイガーパーク」

パタヤの大人気観光スポット「タイガーパーク」

写真:橋詰 真紀

地図を見る

2017年パタヤの新しい観光スポットとしてオープンした「タイガーパーク」中心地から南に約11km、車で約20分のスクンビット通り沿いに位置しています。

ここではゲージの中で飼育されている、生後2か月程度のもふもふカワイイ赤ちゃんトラから、生後約36か月のビッグなトラまで直接触れあう事ができるんです。

パタヤの大人気観光スポット「タイガーパーク」

写真:橋詰 真紀

地図を見る

ここで少し心配なのが、数年前にタイのタイガーテンプルで起きたトラの売買や虐待事件。こうした事例から、現在タイではトラの管理については非常に厳しくなっています。

タイガーパークでは、すべてのトラが快適に暮らせるようにできる限りの自然環境で飼育され、鎖や薬物でコントロールする事もしていません。

また30年以上、何世代にもわたってトラを飼育・管理・研究をしてきた専門家がいるため、安全にも配慮。さらにタイガーパークのトラ達は、トレーナーと一緒に生まれ育ってきたため、人を攻撃する事もなく安全管理もしっかりされています。

パタヤの大人気観光スポット「タイガーパーク」

写真:橋詰 真紀

地図を見る

タイガーパークへの入場料は無料ですが、トラと触れあうためには料金が必要となります。料金はトラのサイズによって、金額が変わる仕組みとなっていてます。コースは触れあいのみと、専属カメラマンによる写真撮影付きのパッケージコースがあります。

それぞれのトラと、触れあえる時間は10〜15分程度。混雑状況にもよりますが、全てのタイガーと触れ合う場合の所要時間は、1時間半〜2時間程度は見ておいた方が良いでしょう。

・トラとの触れあいのみ
SMALLEST(生後2〜3か月)1,000バーツ(約3,500円)
SMALL(生後4〜12か月)800バーツ(約2,800円)
MEDIUM(生後13〜18か月)800バーツ(約2,800円)
BIG(生後19〜36か月)1,000バーツ(約3,500円)

・パッケージコース(触れあい+専属カメラマンによる写真撮影)
SMALL+MEDIUM 1,500バーツ(約5,250円)
SMALL+BIG 1,600バーツ(約5,600円)
SMALLEST+BIG 1,800バーツ(約6,300円)
SMALL+MEDIUM+BIG 2,200バーツ(約7,700円)
SMALLEST+SMALL+BIG 2,400バーツ(約8,400円)
SMALLES+SMALL+MEDIUM+BIG 2,800バーツ(約9,800円)

最も人気のコースは、生後2〜3か月の赤ちゃんトラ&ビックタイガーのパッケージコース1,800バーツ(約6,300円)。基本的にパッケージコースの方が、好きなサイズのトラを選ぶ事ができて、さらにプロのカメラマンの撮影もあるためお得ですよ。なお持参したカメラでも撮影は可能です。

タイの相場で見ると値段的には少し高い気もしますが、日本ではなかなかできない体験なので、ここはぜひ奮発しておきたい所ですね。

タイガーパーク内の注意事項は?

タイガーパーク内の注意事項は?

写真:橋詰 真紀

地図を見る

では早速トラ達との触れあい体験をスタート。まずは園内での注意事項がいくつかありますので、説明を受けます。トラに近づく時には、正面からでなく背後からから近づくようにする事。トラの顔には触らない。パーク内では大きな声や音を立てない。カメラのフラッシュはたかない等。

なお15歳未満や身長160cm以下のお子さんは、SMALLESTサイズのトラとしか触れ合えませんのでご注意下さいね。

タイガーパーク内の注意事項は?

写真:橋詰 真紀

地図を見る

注意事項を聞いた後にはロッカーに荷物を預けて、早速一番人気の赤ちゃんトラのもとへと進みます。まずはきちんと手洗いを済ませましょう。

タイガーパーク内の注意事項は?

写真:橋詰 真紀

地図を見る

次にSMALLEST&SMALLの赤ちゃんトラと触れ合う時には、専用のビーチサンダルに履き替えをします。このビーチサンダルの、トラの肉球マークもキュート!

可愛すぎる赤ちゃんトラにキュン!

可愛すぎる赤ちゃんトラにキュン!

写真:橋詰 真紀

地図を見る

いよいよ生後2〜3ケ月の赤ちゃんトラとご対面。「うわっ!カワイイ!」あまりの可愛さにキュン!思わずギュッと抱きしめたくなっちゃいますよね。

可愛すぎる赤ちゃんトラにキュン!

写真:橋詰 真紀

地図を見る

お腹を出したり、じゃれたり途中でミルクを飲んだりするしぐさもズルいほどの可愛さですよね。ちなみに赤ちゃんトラ達はサイズでいうと小型犬ぐらいですが、さすがに手足はがっちりしています。一応猛獣ですから。

可愛すぎる赤ちゃんトラにキュン!

写真:橋詰 真紀

地図を見る

一緒に寝転んで、赤ちゃんトラ達と記念撮影。ここまでの至近距離で10分以上もこんなに可愛いトラ達を触れあえるなんて、これは動物好きとしてはたまりませんね。

ず〜っと触れあっていたくなっちゃいますね。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

スモール&ミディアムサイズのトラ達

スモール&ミディアムサイズのトラ達

写真:橋詰 真紀

地図を見る

続いては、スモールサイズ(生後4〜12か月)のトラ達に会いに行きましょう。先ほどの赤ちゃんトラよりも、少し大きくなってきました。でもまだまだ子供なのでミルクを飲んでいます。

スモール&ミディアムサイズのトラ達

写真:橋詰 真紀

地図を見る

せっかくなので、肉球も見せてもらっちゃいましょう。まだまだやわらくてぷにぷにしていますね。

スモール&ミディアムサイズのトラ達

写真:橋詰 真紀

地図を見る

続いては、屋外に設置されている広いゲージの中で放し飼いをされているミディアムサイズ(生後13〜18か月)のトラ達に会いに行きましょう。すっかり大きくなり、しかも放し飼いとなると、そろそろ近づくのには勇気がいるサイズ感です。

声もしっかり大人のトラと同じ声。でもトレーナーからミルクをもらう様子は、まだまだ子供なんですよね。

大迫力のビッグタイガーにも触れ合える「タイガーパーク」へ

大迫力のビッグタイガーにも触れ合える「タイガーパーク」へ

写真:橋詰 真紀

地図を見る

トラ達の撮影では、専属のカメラマンがポーズの指示をしてくれます。ここではまさかのトラの尻尾を持って記念撮影!尻尾を触ってもまるで嫌がらないトラ達ですが、さすがにこの距離は迫力満点でおっかなびっくり。

大迫力のビッグタイガーにも触れ合える「タイガーパーク」へ

写真:橋詰 真紀

地図を見る

さらに体長3メートル近くある、大迫力のビッグサイズのトラとは、なんと添い寝までできちゃいます。

大迫力のビッグタイガーにも触れ合える「タイガーパーク」へ

写真:橋詰 真紀

地図を見る

可愛い赤ちゃんトラから、ビッグタイガーまで触れあえる「タイガーパーク」。動物好きなら、ぜひ一度は訪れて欲しい大注目のスポットです。バンコクからも車で2時間程で行けるので、日帰りも可能。
大人も子供も楽しめる、トラ達との出会いはきっとあなたの思い出に残る事間違いありません!

タイガーパークの基本情報

住所:349/9 mu 12 Nong Prue Bang Lamung Pattaya Chon Buri
電話番号:+66-038-255-221
営業時間:9:00〜18:00

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/06/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -