グアムステイはラウンジ付き客室が断然お得!おすすめホテル3選

| グアム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

グアムステイはラウンジ付き客室が断然お得!おすすめホテル3選

グアムステイはラウンジ付き客室が断然お得!おすすめホテル3選

更新日:2019/08/26 14:23

東郷 カオルのプロフィール写真 東郷 カオル 癒されたい系女子旅ライター、ラグジュアリーホテルライター
スイートルームやクラブルームなど、一定以上の客室タイプ宿泊者のみが使える「クラブラウンジ」付きのお部屋はちょっとした憧れ。でもお値段が高いのでは…と躊躇される方も多いでしょう。確かに一般的にはその通りなのですが、グアムだと意外とリーズナブルに利用可能。比較をせずにクラブラウンジ付きプランを最初から除くのはもったいない。一度比較してみては?
今回は、特におすすめのクラブラウンジをご紹介します。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

ファミリーが気兼ねなく使えるラウンジがある「ホテル・ニッコー・グアム」

ファミリーが気兼ねなく使えるラウンジがある「ホテル・ニッコー・グアム」

写真:東郷 カオル

地図を見る

まずはニッコーグアムをご紹介しましょう。場所はタモン湾の北端ですがタモン中心部へも歩いて行ける距離にあります。赤いシャトルバス「タモンシャトル」やDFSが運営している「DFSシャトル」も停車するホテルですので、お買い物にも便利。

タモン湾の中心のビーチはとても賑やかですが、ここはほぼプライベートビーチのような静かさ。遠浅が続き海を歩いて沖のほうまで行けるので、ファミリーが手をつないで海の中を歩いている様子もよく見られます。

ファミリーが気兼ねなく使えるラウンジがある「ホテル・ニッコー・グアム」

写真:東郷 カオル

地図を見る

ラウンジ付きプランを予約するなら「プレミアラウンジアクセス付」という表示があるものを選びましょう。「ラウンジ付きは高い」という先入観なしに一度比較してみてください。朝食やカクテルタイム、常時のドリンク提供といった付帯サービスを考えてみると、たいした価格の差がないことがおわかりになると思います。

このことを知らずに予約して後で気が付くと、がっかりしてしまうほどの差額です。

ファミリーが気兼ねなく使えるラウンジがある「ホテル・ニッコー・グアム」

提供元:ホテル・ニッコー・グアム

https://www.nikkoguam.com/地図を見る

ニッコーグアムのプレミアラウンジアクセス付の滞在プランは特にファミリーにおすすめ。ここでは「小さな子どもを連れてのラウンジ利用は気が引ける…」なんてことはありません。サービスがふんだんなのはもちろん、そもそもラウンジ自体がファミリーや周りの宿泊客が気持ちよく使えるようになっているのです。

その理由は、ニッコーグアムはグアムで唯一キッズスペース付きラウンジがあるホテルであるということ。じっとしていられないお年頃のちびっこも楽しく遊べるスペースがあると安心ですよね。

ラウンジ付客室ならレストラン優先席のサービスもついていますので、ファイアーダンスやポリネシアンショーを見ながらの「サンセット・ビーチ・BBQ」やマジック・イリュージョンショー「カーメ」では小さなお子さんでも見やすい席に案内してもらえるのが嬉しいですね。

<ラウンジ情報>
07:00〜10:00 朝食
10:00〜17:00 スナックタイム
17:00〜19:00 カクテルタイム

「ホテル・ニッコー・グアム」のラウンジは女子旅にも嬉しい

「ホテル・ニッコー・グアム」のラウンジは女子旅にも嬉しい

写真:東郷 カオル

地図を見る

プレミアラウンジアクセス付のプランは、もちろんファミリーだけではなく女子旅にも威力を発揮。カードキーをかざさないと入れないプレミアラウンジは特別感が感じられ、テンションUP間違いなし!ラウンジ付きのお部屋に泊まっている優越感を抑えつつも、SNSにUPしちゃいましょう(笑)

「ホテル・ニッコー・グアム」のラウンジは女子旅にも嬉しい

写真:東郷 カオル

地図を見る

ニッコーグアムのプレミアラウンジでは、気軽に自分でグラスに注いで楽しめるアルコールの他、オーダー方式のカクテルメニューもあり、スタッフが席まで運んできてくれますよ。

「ホテル・ニッコー・グアム」のラウンジは女子旅にも嬉しい

写真:東郷 カオル

地図を見る

朝食は7時からですが、8時以降はスパークリングワインが提供される時間帯ですので、こちらもお見逃しなく。リゾート滞在ならではの“朝シャン”も女子旅には必需品!

他にはない特別感が味わえるラウンジなら ヒルトン グアム リゾート&スパ「THE TASI」

他にはない特別感が味わえるラウンジなら ヒルトン グアム リゾート&スパ「THE TASI」

写真:東郷 カオル

地図を見る

ヒルトングアムはタモン湾の西端に位置します。先ほどご紹介したニッコーグアムとはタモン湾を挟んでちょうど両端の位置関係です。

ヒルトングアムにはメインタワー、プレミアタワー、タシタワーがあり、最上級のおもてなしを受けられるのがタシタワーの「THE TASI」です。専用デスクでのチェックインやチェックアウト、きめ細やかなコンシェルジュサービスなど、特別な滞在が約束されます。

他にはない特別感が味わえるラウンジなら ヒルトン グアム リゾート&スパ「THE TASI」

写真:東郷 カオル

地図を見る

タシラウンジでは7時から21時まではいつでもフリードリンクが楽しめ、17時から19時までのカクテルアワーでは特別感が増すハイティースタンドで各テーブル個別にオードブルのサービスがあります。

お席まで運んできてくれるので、盛り付けの煩わしさから解放されるのも嬉しいポイントです。

<ラウンジ情報>
07:00〜10:30 ブレックファースト
17:00〜19:00 カクテルアワー
07:00〜21:00 フリードリンクサービス(営業時間内いつでも利用可能)

他にはない特別感が味わえるラウンジなら ヒルトン グアム リゾート&スパ「THE TASI」

写真:東郷 カオル

地図を見る

ヒルトングアムでは「THE TASI」が最上級のプランですが、先に述べた3つのタワーのおもてなしレベルを考慮すると、少々高くても圧倒的なお得感が感じられるタシタワーを選ぶのがおすすめです。

また「THE TASI」は“オーシャンビュー”よりも更に海が身近に感じられる“オーシャンフロント”のゲストルームが魅力です。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

静かに過ごしたいならオトナな空間が魅力の「シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート」

静かに過ごしたいならオトナな空間が魅力の「シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート」

写真:東郷 カオル

地図を見る

「シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート」は静かな大人リゾート。ファミリーや団体客が少なめで、旅慣れた個人客が多いという印象です。

せっかくのインフィニティプールも、宿泊するホテルによってはキッズプールのようになっていてちょっとがっかり…という経験はありませんか?
シェラトンのインフィニティプールは少し深さがあることもあり、他のホテルと比べると子どもが少なめ。もちろん子どもが楽しめるプールが別の場所に設けられているというのも理由の一つ。

プールサイドバーもあり、絶景を眺めながらトロピカルカクテルを楽しむといった、憧れのリゾートが叶いますよ。

静かに過ごしたいならオトナな空間が魅力の「シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート」

写真:東郷 カオル

地図を見る

シェラトンのラウンジは螺旋階段で繋がったオシャレな2層構造というところが特徴的。基本的に旅慣れた大人のゲストが多いのでとても静かですが、ラウンジではドリンクステーションがある1階エリアに子ども連れ、静かな2階部分で大人がバカンスを楽しむという理想的なすみ分けが自然とできています。

静かに過ごしたいならオトナな空間が魅力の「シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート」

提供元:シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート

https://www.sheraton-laguna-guam.com/地図を見る

もう一つ特徴的なのが、14時のアフタヌーンクラブサービスからアルコールが楽しめるという点。ラウンジの大きな窓から「ひょっこりひょうたん島」のモデルとも言われるアルパット島を眺めながら、静かに寛ぎの時間が過ごせます。アルコールにあう軽食も豊富ですよ。

<ラウンジ情報>
営業時間 6:30〜23:00
朝食サービス        07:00〜10:00
アフタヌーンクラブサービス 14:00〜16:00
カクテルサービス      17:00〜20:00

グアムでこそラウンジ付きの滞在を

ラウンジ付きの宿泊プランやゲストルームというと敷居が高く感じるかもしれませんが、グアムではかなりリーズナブルに利用することができます。予約の前には必ず比較してみましょう。
ラウンジによってもお子様ウェルカムな雰囲気や、昼間からアルコールが楽しめる大人な雰囲気など、いろいろと特徴的。是非旅のスタイルにあったラウンジを見つけてくださいね。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/11−2019/04/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -