まるで江戸時代にタイムスリップ!?三重・熊野古道の馬越峠はまさに絶景!

| 三重県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

まるで江戸時代にタイムスリップ!?三重・熊野古道の馬越峠はまさに絶景!

まるで江戸時代にタイムスリップ!?三重・熊野古道の馬越峠はまさに絶景!

更新日:2019/06/19 10:32

Lily Tのプロフィール写真 Lily T 旅先案内人

熊野古道は、和歌山県を中心とした3県にまたがる紀伊山地にあります。特に、伊勢路にある馬越峠(まごせとうげ)は世界文化遺産にも登録されていて、とても見事な石畳を見ることが出来ます!石畳の他にも、山中の景色や空気がとても綺麗で癒されます。
今回は、熊野古道の馬越峠についてご紹介します!

珍しい道の世界遺産「熊野古道」

珍しい道の世界遺産「熊野古道」

写真:Lily T

地図を見る

熊野古道は、2004年「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産の一部として世界文化遺産に登録されました。別名は熊野参詣道とも言われ、京都や奈良などの都市から熊野三山へ至る参詣道の総称です。

熊野古道は、主に紀伊路、小辺路、中辺路、大辺路、伊勢路、大峯奥駈道の6つの道で構成されています。

珍しい道の世界遺産「熊野古道」

写真:Lily T

地図を見る

道の世界遺産はとても珍しく、2019年現在スペインとフランスの「サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼路」と紀伊山地の霊場と参詣道のみが登録されています。

近年では、熊野古道の景観を求めて世界中から観光客が急上昇しています!

江戸時代の雰囲気が残る馬越峠!

江戸時代の雰囲気が残る馬越峠!

写真:Lily T

地図を見る

熊野と伊勢神宮を結ぶ伊勢路は、江戸時代から多くの庶民によって使われてきました。

特に伊勢路にある馬越峠は、熊野古道ならではの綺麗な石畳の景観が見られることで、数多くの観光客から人気を集めています。

江戸時代の雰囲気が残る馬越峠!

写真:Lily T

地図を見る

開通時期は未詳ですが、江戸時代とする説が有力で、紀伊藩によって整備されました。
石畳が多く用いられているのは、紀伊山地のエリアが日本でも特に降雨量が多いためです。上り坂のため体力は使いますが、実際に歩いてみると想像以上に歩きやすく、綺麗に整備されている石畳を見ると感動することでしょう!山中の景色が、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのようで、古き良き日本を感じられます。

今回ご紹介する馬越峠道は、熊野古道馬越峠登口からJR尾鷲駅まで約2時間40分のコースです。山中で見られるいくつかの見どころについても、ご注目ください!

馬越峠の見どころ

馬越峠の見どころ

写真:Lily T

地図を見る

馬越峠を目指して歩いていると、最初に見えてくるのが「夜泣き地蔵」です。
明治時代までは旅の安全を祈るお地蔵様があったとされる小さな祠は、やがて子供の夜泣き封じを願う夜泣き地蔵と呼ばれるようになりました。

馬越峠の見どころ

写真:Lily T

地図を見る

馬越峠には、江戸末期の俳人可涼園桃乙(かりょえんとうおつ)の「夜は花の上に音あり山の水」と刻まれた句碑が建っています。
この俳句は、可涼園桃乙が夜桜見物の時に詠んだ俳句と云われ、1854年可涼園桃乙の弟子たちによって建てられました。

「馬越公園展望台」で尾鷲市を一望!

「馬越公園展望台」で尾鷲市を一望!

写真:Lily T

地図を見る

馬越公園内にある展望台からは、尾鷲市の景色を一望できます。ここまで登ってきた後に見る眺めは、最高です!

また、春には桜、秋には萩の花など四季折々の花々が公園内に咲き誇ります。眺めの良い東屋もあります。

霊験あらたかな馬越不動尊!

霊験あらたかな馬越不動尊!

写真:Lily T

地図を見る

馬越峠を下ると、大きな石造りの鳥居が見えてきます。鳥居をくぐりしばらく奥へと歩いて行くと、馬越不動滝があります。

霊験あらたかな馬越不動尊!

写真:Lily T

地図を見る

馬越不動滝の左側には馬越不動尊が祀られていて、霊験あらたかなスポットです。涼むこともできて、登山の疲れも吹き飛んでしまいそうです!

霊験あらたかな馬越不動尊!

写真:Lily T

地図を見る

熊野古道はいくつものコースがありますが、今回ご紹介した伊勢路の馬越峠は熊野古道の中でも登山しやすいコースです!登山した後はとても気持ちよく、気分がリフレッシュされます。

熊野古道に行こうか迷われている方は、是非とも馬越峠を登山してみてはいかがでしょうか?登山中の景観などを含めて、行って良かったと思える場所です。
是非とも、尾鷲市の馬越峠に足を運んでみてください!

馬越峠の基本情報

住所:三重県尾鷲市馬越町4538-7
電話番号:0597-23-3784(東紀州地域振興公社)
アクセス:
熊野古道馬越峠登口
JR紀勢本線「相賀駅」から徒歩で約30分
JR紀勢本線「尾鷲駅」からバスで「鷲毛」下車・徒歩で約10分

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/09/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -