石畳と屋敷の家並みが美しい重伝建の町 宮崎・日向市美々津地区

| 宮崎県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

石畳と屋敷の家並みが美しい重伝建の町 宮崎・日向市美々津地区

石畳と屋敷の家並みが美しい重伝建の町 宮崎・日向市美々津地区

更新日:2019/06/22 10:35

常盤 兼成のプロフィール写真 常盤 兼成 酷道・険道・重伝建マニア

宮崎県日向市美々津地区。江戸時代は高鍋藩の交易港して栄え、現在も当時の風情が色濃く残る静かな港町。1986年には重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定され、町には美しい石畳が残っています。美々津地区は、今でこそ静かな雰囲気の小さな漁港ですが、かつては耳川の水運を利用し、木材等の積み替え港としての役割も担い、良港として賑わいを見せました。今回は静かな漁港、美々津地区をゆっくり散策してみましょう。

美々津地区の入り口は高札場があり宿場町のよう

美々津地区の入り口は高札場があり宿場町のよう

写真:常盤 兼成

地図を見る

日向市美々津地区の入り口には、宿場町の入り口を思わせる高札場があります。美々津の町は、京の都や大阪の町並みを参考に作られたと言われ、港から伸びる3本の道路と、それに直角に交差する火防帯の道(つきぬけ)が特徴的です。

美々津地区の入り口は高札場があり宿場町のよう

写真:常盤 兼成

地図を見る

町には美々津地区の看板があり、町並み散策の参考になります。休日でもそれほど人通りは多くないので、ゆったりとした観光ができます。

美々津地区の入り口は高札場があり宿場町のよう

写真:常盤 兼成

地図を見る

美々津の港には、日本海軍発祥の地の碑があります。伝承によると高千穂を出発した神武天皇が、兄や子を集め東征に出られた地が、この美々津であったとされ、その伝説から海軍発祥の地とされています。

市指定文化財の町屋「日向市歴史民俗資料館」

市指定文化財の町屋「日向市歴史民俗資料館」

写真:常盤 兼成

地図を見る

美々津地区にある「日向市歴史民俗資料館」は、江戸時代の商家「河内家」を復元した建物を使用しており、日向市の指定文化財になっています。

町並みを散策する前に、まずはこの資料館で美々津の予習をするとよいでしょう。

市指定文化財の町屋「日向市歴史民俗資料館」

写真:常盤 兼成

地図を見る

資料館の前の通りは「中町廻船問屋通り」と名付けられ、石畳の美しい道が続きます。このエリアがまさに重伝建地区に選定された場所で、白漆喰の妻入り商家が並びます。

市指定文化財の町屋「日向市歴史民俗資料館」

写真:常盤 兼成

地図を見る

資料館は商家だった建物を再現してあるため、間口が大変広い作りになっています。美しい京格子の外観を眺めると、京都や大阪の街になぞらえて作ったことが実感できます。

資料館の郵便受けには、神武天皇が水軍を率いて「お船出」されたときのものとされる古船が木彫りされています。この地域の古民家の郵便受けには、この「お船出」デザインが多く取り入れられています。

<基本情報>
住所:宮崎県日向市美々津町3244
電話番号:0982-58-0443
アクセス:日豊本線美々津駅から徒歩約25分

町並み保存と観光地化への模索

町並み保存と観光地化への模索

写真:常盤 兼成

地図を見る

資料館から南下していきますと、石畳からアスファルト道になりますが、まだまだ趣深い建物が続きます。晴れた日には白壁が目にまぶしいほどです。

美々津地区には観光用の駐車場がありません。そこでネックとなっているのが観光客の駐車場問題。それを解消するために、道路の片側を奇数月と偶数月にわけて、駐車禁止を解除しています。例えば北進方向左側を奇数月に駐車禁止とし、南進方向左側駐車禁止解除とするように、道路上に駐車スペースを確保していますが、ところどころ路上駐車の車があっては、重伝建の雰囲気は損なわれてしまうというデメリットもあります。

町並み保存と観光地化への模索

写真:常盤 兼成

地図を見る

美々津の町には、町屋風の古民家ばかりではなくこのような洋風な建物もあります。白壁の商家が続く町並みにうまく溶け込むように建つこちらの建物は、昭和初期に建てられた旧美々津郵便局です。

古民家を改装したカフェなどで休憩はいかが

古民家を改装したカフェなどで休憩はいかが

写真:常盤 兼成

地図を見る

美々津地区の散策でちょっと一息つきたくなったら、古民家を改装したカフェなどで休憩されてはいかがでしょう。

雑貨とカフェの「民(みん)」は、ヘルシーな手作り料理とアジアン雑貨を販売するお店。店内は、照明や陳列棚も工夫されており、女性に人気のお店となっています。

<基本情報>
住所:宮崎県日向市美々津町3414
電話番号:0982-58-0425
アクセス:日豊本線美々津駅から徒歩約25分

古民家を改装したカフェなどで休憩はいかが

写真:常盤 兼成

地図を見る

夕方からは築160年の古民家を改装して作られた、「古民家居酒屋 ひなた屋」もオープンします。美々津地区には夜に食事をする場所がほとんどないため、こちらのお店は貴重な存在です。高さ7メートルもある吹き抜けが開放的な空間を作り出しています。

<基本情報>
住所:宮崎県日向市美々津町3413
電話番号:0982-58-0233
アクセス:日豊本線美々津駅から徒歩約25分

古民家を改装したカフェなどで休憩はいかが

写真:常盤 兼成

地図を見る

「おいでなんせ」と書かれた看板が目印の「美々津軒」は、明治初期の商家を修理復元した、入場無料の施設。建物を管理している方は、美々津の町の解説をしてくれ、地元の小学校の生徒たちも、美々津の歴史などのお話を聞きに行くほど。歩き疲れたときに立ち寄ると、お座敷で話を聞かせていただけ、ゆっくりできます。

<基本情報>
住所:宮崎県日向市美々津町3328
電話番号:0982-58-1229
アクセス:日豊本線美々津駅から徒歩約25分

重伝建のまち美々津の基本情報

美々津は重伝建に選定された、美しい町並みが特徴の静かな港町。観光客もそれほど多くないので、ゆっくりと歩いて散策するのに最適。ただし、美々津町内には駐車場がないため、ちょっと離れた美々津海岸の無料駐車場から徒歩で訪れるとよいですよ。

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/03 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -