上海から日帰りも可能!「四季周庄」水郷ショーが楽しい

| 中国

| 旅の専門家がお届けする観光情報

上海から日帰りも可能!「四季周庄」水郷ショーが楽しい

上海から日帰りも可能!「四季周庄」水郷ショーが楽しい

更新日:2019/06/29 11:56

天草野 黒猫のプロフィール写真 天草野 黒猫 元バックパッカー

上海から片道2時間と日帰りも可能な水郷「周荘」。江南第一の水郷と呼ばれ、明、清時代の建物がそのまま残る古鎮景区です。昼間の古鎮巡りも楽しい周荘ですが、夜の水郷ショー「四季周庄」は特におすすめ!
水郷を利用した300人を超える演者の大規模パフォーマンス。観客へのサービス精神あふれる舞台、圧巻の光の演出。千年の優しい時を閉じこめた水郷で、スペクタクルな夜を体感しませんか。

周荘ってどんなとこ

周荘ってどんなとこ

写真:天草野 黒猫

地図を見る

周荘は元代から明代にかけての建物がそのまま残っている古鎮景区。上海から車で約2時間程度と、日帰りも出来る事から人気の水郷です。また上海、蘇州、杭州などの江南地域で「江南第一の水郷」と言われる程、美しい古鎮でもあります。

周荘ってどんなとこ

写真:天草野 黒猫

地図を見る

水郷ならではの遊覧船観光や、車の侵入規制が行われている古い町並みの散歩。そして、おしゃれなカフェも多い周荘。機織りや加治屋さん、中国伝統の手仕事を見たりと昼間の観光も楽しいのですが、実は夜もおすすめ!夜は古い町並みがライトアップされ、異世界に迷いこんだような美しさです。

エキサイティング!水郷を使ったショー

エキサイティング!水郷を使ったショー

写真:天草野 黒猫

地図を見る

周荘の夜で特にお薦めなのが、エキサイティングな水郷ショー「四季周庄」です。期間限定で、毎年4月1日から11月20日の公演。この「四季周庄」は、水郷をフル活用した周荘ならではのもの。この水郷ショーを見る目的だけでも、周荘の夜はかなり楽しめます。

動画:天草野 黒猫

地図を見る

周荘の土地を活かし、舞台は水郷の中央に設置されています。公演の内容は、水郷の四季の生活を描くストーリー仕立て。大変良く作られた構成で、その活き活きとした様子は、自分がまるで周荘の住人にでもなったかのようです。

舞台に水牛が!臨場感がすごい

舞台に水牛が!臨場感がすごい

写真:天草野 黒猫

地図を見る

「四季周庄」の舞台は、とてもリアル。農機具や、漁に使う網なども実際の道具が利用されています。また、春から夏を描いた田植えのシーズンには、舞台に水牛まで登場!四季を愛でる土地柄や、農作業などの働く喜びが伝わってくる舞台です。

舞台に水牛が!臨場感がすごい

写真:天草野 黒猫

地図を見る

リアルな舞台が繰り広げられる「四季周荘」。舞台が暗転したかと思うと、観客席側で昔ながらのお茶休憩の様子が再現されます。このお茶、客席にサービスされるんですよ。どこか、懐かしさも感じられてほっとさせる構成です。

本格的アクロバット!

本格的アクロバット!

写真:天草野 黒猫

地図を見る

もちろん、ほっとさせる要素だけではありません。本格的アクロバットも間近で繰り広げられます。観客席前から、紐だけを利用して行われるアクロバットは圧巻。手に汗にぎります。

本格的アクロバット!

写真:天草野 黒猫

地図を見る

舞台上でも周荘の四季を描いた風景と共に、高い技術のアクロバットが上演されます。雑技団さながらの技術と共に、300名程の演者によって作り上げられる舞台。ストーリーも変化があり見飽きません。

観客も巻き込み大盛り上がり

観客も巻き込み大盛り上がり

写真:天草野 黒猫

地図を見る

とにかく飽きさせない「四季周庄」。最後はコメディアンの司会者が登場し、客席を巻き込んでいきます。観客から選ばれた花婿が舞台に連れ去られ、結婚式の始まりです。船を使った、華やかな水郷の結婚式。ラストは、観客席から選ばれた花婿と共に祝いの「福まき」です。

観客も巻き込み大盛り上がり

写真:天草野 黒猫

地図を見る

言葉は理解できなくても、充分に舞台の華やぎや楽しさが伝わってくる「四季周庄」。周荘古鎮の古牌楼入口付近に、チケット売り場があります。上海から半日観光や、1泊2日のツアーバスもお勧め。

また、野外のため虫よけスプレーなどの害虫対策、水が飛んできた時のためのタオルの用意などもご準備を。美しい夜の周荘の景色と共に、水郷ショーは必見です。

四季周庄の基本情報

住所:昆山市周荘古鎮
電話番号:+86-512-57200001
入場料:普通席 150元/人 VIP席 280元/人
チケット購入:周荘鎮全功路375号四季周荘チケットカウンター(周荘鎮新牌楼)

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

取材協力:江蘇観光(日本)ピーアールセンター

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/15−2019/06/19 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -