島根・玉造温泉「曲水の庭 ホテル玉泉」は一人旅でも満足コスパ!

| 島根県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

島根・玉造温泉「曲水の庭 ホテル玉泉」は一人旅でも満足コスパ!

島根・玉造温泉「曲水の庭 ホテル玉泉」は一人旅でも満足コスパ!

更新日:2019/06/25 13:53

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

日本を代表する縁結びスポットといえば、島根の出雲大社。せっかくなら、温泉に入って、他のパワースポットも巡りながら、ゆっくりしたい!という方は、車で約45分と近い玉造温泉街がおすすめです。
玉造温泉にある「ホテル玉泉」は、どんな時間でも退屈しない、温泉+αが充実したお宿。リーズナブルな料金設定とうれしい無料特典がついた一人旅プランもあり、おひとり様の強〜い味方になってくれます!

隠れパワースポットもある日本庭園

隠れパワースポットもある日本庭園

提供元:曲水の庭 ホテル玉泉

https://www.hotel-gyokusen.co.jp/地図を見る

「ホテル玉泉」は、玉造温泉街入口から最も近い、創業50年以上の温泉宿。一人客も大歓迎。さらに、温泉だけでなく、滞在のそのものを楽しむスポットが目白押しです。

ここに来たら、まず玉造温泉最大の日本庭園に足を運んでみましょう。松や岩に囲まれたお庭には、川が流れ、白砂で描かれた美しい波紋状が。澄んだ空気の中、壮観なお庭をぶらぶら歩くだけでも元気になります!そして、夜になるとかがり火がともり、幻想的な姿に。昼と夜で雰囲気がガラリと変わるのも特徴です。

隠れパワースポットもある日本庭園

写真:安藤 美紀

地図を見る

ただ、館内から眺めるだけでも楽しいお庭ですが、せっかくなら外へ出て散策してみましょう。一番奥に「ホテル玉泉」リピーターもほとんど知らない、隠れパワースポットがあります。

赤い鳥居が並ぶ飛び石の道を進んでいくと、おいなりさんの愛称で親しまれている「出世稲荷神社」分詞が出現!小さな造りですが、開運招福や商売繁盛、近年は宝くじにご利益があると言われています。

隠れパワースポットもある日本庭園

写真:安藤 美紀

地図を見る

おひとり様だって、かわいい色浴衣が着たいですよね。「ホテル玉泉」の一人旅プランなら、S・M・L・LLサイズ、それぞれ約40種類の柄から、好きな色浴衣を無料で選べます。ちなみに、和傘のレンタルも無料。一人旅のテンションを上げてくれる、重要なアイテムになりますよ。

館内の見逃せないポイント

館内の見逃せないポイント

写真:安藤 美紀

地図を見る

その土地ならではの歴史や文化に触れられるのも、「ホテル玉泉」の魅了。建物自体が神話をテーマにした設えになっているため、ノープランの方は、館内を散策してみるのもいいかもしれません。

広々としたロビー天井のシャンデリアは、八雲(出雲を象徴する言葉で、いくえにも重なった雲のこと)をモチーフにしたデザイン。八雲の1日をイメージしているため、お昼は1色ですが、夜になると赤や青など照明が七変化していきます。

館内の見逃せないポイント

写真:安藤 美紀

地図を見る

また、ロビーには、ヤマタノオロチ退治(出雲で一番有名な神話)の1シーンを陶器だけで作った作品も展示されています。こちらは、島根県平田市の無形文化財に指定された希少な「一式飾り」。その名のとおり、花瓶や茶器、仏具など、様々な陶器を自由に使い分け、技工を凝らして作り上げています。リアルな造りで、見れば見るほど惹き込まれます。

館内の見逃せないポイント

写真:安藤 美紀

地図を見る

時間を持て余し気味なときに立ち寄るといいのが、1Fのパワースポット専門店「めのう・まがたま屋」。無防備に置かれていているのは、なんとお値段1000万円の水晶!

黒い針のようなものは、障害を取り除き運を運ぶというブラックトルマリンです。触るだけなら無料。恋や仕事で傷付いたおひとり様には、ありがた〜いパワー充電スポットになるかも。

一人旅でも客室は最低10畳〜!

一人旅でも客室は最低10畳〜!

写真:安藤 美紀

地図を見る

おひとり様に嬉しいポイントは客室にも。「ホテル玉泉」の客室は、全部で121室。ゆったり落ち着いた和室は、最低でも10畳(5名定員)という広さ!一人でもこの部屋を利用できるなんて、贅沢ですよね。

一人旅でも客室は最低10畳〜!

写真:安藤 美紀

地図を見る

玉造温泉で欠かせないのが、無料で楽しめる足湯。「ホテル玉泉」玄関前に用意された、タオル入り湯籠を持っていけば、手ぶらで足湯が楽しめます。

一人旅でも客室は最低10畳〜!

写真:安藤 美紀

地図を見る

足湯の場所は、温泉街の中心を流れる玉湯川沿いに2箇所と、姫神広場に1箇所(屋根付きの足湯)があります。いずれも、「ホテル玉泉」から徒歩10分と近く、お散歩しているとあっという間に着きます。

湯は無色透明。若干ぬめりはあるものの、匂いはありません。一見、ただのお湯のようにも見えますが、潤い成分「硫酸塩泉」を豊富に含んだ美肌の湯。足湯に浸かるだけで、ガッサガサのかかとがつるんとした感じになります。

200人でも大丈夫!内風呂が圧巻の広さ

200人でも大丈夫!内風呂が圧巻の広さ

提供元:曲水の庭 ホテル玉泉

https://www.hotel-gyokusen.co.jp/地図を見る

「ホテル玉泉」最大の魅力は、200人同時に入れる開放感抜群の大浴場です。

ここで堪能できるのは、もちろん“神の湯”といわれる玉造温泉。古くは出雲の国風土記でも、一度入浴すれば肌が若返り、二度入浴すればどんな病も治ると伝えられてきました特別な湯です。

神の湯で満たされた湯浴みは、至福の時!2種類の大浴場「岩風呂」と「檜風呂」が、朝と夕方で入れ替わるので、ぜひ両方のお風呂に入って趣の違いを楽しみましょう。

200人でも大丈夫!内風呂が圧巻の広さ

提供元:曲水の庭 ホテル玉泉

https://www.hotel-gyokusen.co.jp/地図を見る

泉質は、ナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉。さらに、pH8.4の弱アルカリ性なので、お肌の汚れを落とした後で、潤い成分を補給できるバランスがとれた温泉です。また、コラーゲンの生成を助けてくれるメタケイ酸の数値が高い(110mg)点も女性に嬉しい!

湯から上がると、水分がたっぷり入ったぷるるん潤い肌に。そして、少し時間が経つとサラサラする、もっちり&サラサラ美肌になりますよ。

200人でも大丈夫!内風呂が圧巻の広さ

写真:安藤 美紀

地図を見る

さて、次は「ホテル玉泉」の夕食について。一人旅プランを選ぶと、夕食時のドリンクが1杯無料。もちろん、ビールや日本酒などアルコールもOKです。一人、プハッ〜で極楽気分を味わいましょう。

お食事の内容は、その日によって変わる「料理長おまかせの懐石料理」です。最近の旅館の傾向だと懐石料理は8品が平均ですが、このコースは12〜13品と品数が多く、ボリューム満点です。かなり太っ腹!

一人のようで一人じゃない!?どじょうすくい体験で盛り上がろう

一人のようで一人じゃない!?どじょうすくい体験で盛り上がろう

提供元:曲水の庭 ホテル玉泉

https://www.hotel-gyokusen.co.jp/地図を見る

温泉で癒され、おいしいご飯で満たされたら、ラウンジへ!

ラウンジの一角には浮世舞台があり、9時10分〜約20分の間、安来節のショーを無料で見ることができます。島根の民謡で一番有名な「どじょうすくい」のラストは、宿泊客も一緒に踊る参加型。ちょっぴり勇気はいるけれど、ぜひ参加してみて。心の壁がとれて楽しさ倍増!!最後に拍手ももらえて、旅の充足感が一気に上がります。

一人のようで一人じゃない!?どじょうすくい体験で盛り上がろう

提供元:曲水の庭 ホテル玉泉

https://www.hotel-gyokusen.co.jp/地図を見る

続いて、向かうのは「タイ古式&足つぼコーナー」。一人旅プランだと、足つぼ20分間(通常2160円)も無料です。足はじっとしていても、一番下で体を支えてくれている、縁の下の力持ち。イタ気持ちいい刺激が、足の疲れをねっこから取り除いてくれますよ。

※足つぼの時間は、あらかじめ予約しておきましょう。

一人のようで一人じゃない!?どじょうすくい体験で盛り上がろう

写真:安藤 美紀

地図を見る

翌朝の朝食は、食べたいもの&食べる量を自由に決められるバイキング形式。宍道湖産のしじみのお味噌汁や郷土料理のほかに、洋食や中華料理、パンコーナーも充実していて、迷うほどたくさん出てきます。

絶対外せないメニューが、自分で焼ける一夜干し。ハタハタやアジなど、凝縮された地の魚のうまみを楽しめて、ご飯が進む、進む!幸せな朝食タイムになります。

一人でも快適&楽しい!おすすめの宿「ホテル玉泉」

「ホテル玉泉」は、ただ癒されるだけじゃなくて、気づいたら元気になれるステキなお宿。

出会いがない!最近、まったくトキメキかない!とお嘆きの方は、ぜひ出雲大社とセットで玉造温泉の「ホテル玉泉」を訪れてみてください。

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/06/04−2019/06/05 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -