京都「時空を超えるポスト」で未来へ手紙を送ろう

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

京都「時空を超えるポスト」で未来へ手紙を送ろう

京都「時空を超えるポスト」で未来へ手紙を送ろう

更新日:2019/07/16 17:32

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

京都府北部の日本海に面した京丹後市久美浜町。江戸時代に沿岸交易で巨富を得た「豪商稲葉本家」は久美浜を代表する観光スポットのひとつ。ここにある「時空を超えるポスト」が観光客から人気を集めています。

久美浜の観光スポット「豪商稲葉本家」

久美浜の観光スポット「豪商稲葉本家」

提供元:豪商稲葉本家

http://www.inabahonke.com/

京都府北西部、日本海に面した京丹後市久美浜町は三方を山に囲まれ、久美浜湾が大きく陸地まで入り込んでいます。その湾をふさぐように連なる海岸はまるで天橋立のようにも見えることから「小天橋」と呼ばれています。

久美浜の観光スポット「豪商稲葉本家」

写真:bow

地図を見る

そんな天然の良港である久美浜の地で、江戸時代に海運業で隆盛を極めた豪商・稲葉本家。かつて織田信長の家臣として活躍した美濃稲葉家をルーツにもつという稲葉本家は、この久美浜の地だけでなく、周辺地域の振興にも大きく寄与したという豪商として知られています。

久美浜の観光スポット「豪商稲葉本家」

写真:bow

地図を見る

そんな豪商の佇まいを今に伝える観光施設こそが「豪商・稲葉本家」、久美浜の人気観光スポットのひとつです。

人気の時空を超えるポストとは?

人気の時空を超えるポストとは?

写真:bow

地図を見る

豪商・稲葉本家の広い敷地の一角に置かれた古びたポスト。実はこれ、ただのポストではありません。普通のポストと違い投函口が縦に三つ並んだ特徴的な形状で、一番上の投函口には壱年後、真ん中が参年後、下段は五年後と書かれています。そう、これこそが豪商・稲葉本家でも人気の「時空を超えるポスト」なのです。

人気の時空を超えるポストとは?

写真:bow

地図を見る

古びたように見えるこの時空を超えるポストが設置されたのはなんと2004年。観光客に喜んでもらえるようにと、併設の体験工房の陶芸家である阪井義彦さんが作成したもの。本当に江戸時代からここにあったかのような風情を醸し出している、豪商・稲葉本家にピッタリなデザインなのです。

時空を超えるポストの利用法は?

時空を超えるポストの利用法は?

写真:bow

地図を見る

時空を超えるポストの利用方法ですが、まず売店で「時空を超える絵葉書」を購入しましょう。こちらは時空を超えるための切手代込みの300円。絵葉書は豪商稲葉本家にちなんだデザインが10種類以上用意されていますので、お好みでチョイス!

時空を超えるポストの利用法は?

写真:bow

地図を見る

あとは普通の郵便はがきと同様に、宛先・差出人・そしてメッセージを添えて投函するだけ。自分あてに送るもよし、誰かに送るもよし、時空を超えて未来へのメッセージを送る感覚はちょっと楽しい体験ですね。

ちなみに2019年内に「壱年後」のポストに投函すれば2021年、「参年後」は2023年、「五年後」は2025年の、それぞれお正月に届くようになっています。きっと忘れた頃にやってくるだろう、時空を超えたメッセージ。その頃のいろいろな思い出も甦るのではないでしょうか。

豪商・稲葉本家その他のみどころ

豪商・稲葉本家その他のみどころ

写真:bow

地図を見る

豪商・稲葉本家の入館料は無料!母屋などが国登録の有形文化財となっていますが、建物内はかなり広い範囲で公開されていますので、くまなく見て回って豪商の暮らしをたどってみましょう。最大の見所といってもいいのが家柄と経済力が象徴される土間と居間が一体的になった吹き抜けの大空間。そんな土間には豪商気分でコスプレ撮影ができるポイントも。

豪商・稲葉本家その他のみどころ

写真:bow

地図を見る

他にも未婚の女性が乗れば良縁に恵まれるという嫁入り籠は、実際に乗って写真を撮ってもOK!これは江戸時代に稲葉本家の分家にあたる東稲葉家の当主に嫁入りした際に使われた花嫁籠を修復したもの。ちなみにフィギュアスケーターの浅田舞さんもTVの旅番組の収録時、この籠に入られていますよ!

豪商・稲葉本家その他のみどころ

写真:bow

地図を見る

その他館内には母屋と廊下でつながった宝蔵で稲葉本家の関連展示が常設。また2つある外蔵では月替わりで様々な展示がされるなどギャラリー的な要素もあります。さらには売店では鯛せんべいなどの地元久美浜の特産品が揃っているので要チェック!

名物グルメも堪能しよう

名物グルメも堪能しよう

写真:bow

地図を見る

豪商稲葉本家には美しい庭園を眺めながら食事・喫茶が楽しめる「吟松舎」が併設されています。この吟松舎は江戸時代に建てられたとされ、詫びた佇まいで落ち着いた雰囲気が漂う心地いい空間です。

名物グルメも堪能しよう

写真:bow

地図を見る

そんな吟松舎で丹後ではハレの日などに食べられる名物の「ばら寿司」や、稲葉本家名物の「ぼたもち」など手作りにこだわった昔懐かしい味をお庭を眺めながらいただいてみては?

時空を超えるポストで未来へ手紙を送り、江戸時代からの佇まいをじっくりと堪能できる。そんな豪商稲葉本家は久美浜を訪れるならば必訪のスポットです。

豪商稲葉本家の基本情報

住所:京都府京丹後市久美浜町3102
電話番号:0772-82-2356
営業時間:9:00〜16:00
休館日:水曜日(祝日の場合は翌日)
アクセス:
車→京都縦貫自動車道・山陰近畿自動車道「京丹後大宮」IC下車約40分
鉄道→京都丹後鉄道宮豊線「久美浜」下車徒歩約7分

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -