自然を楽しむ鳥取1泊2日モデルコース 鳥取砂丘とどこへ行く?

| 鳥取県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

自然を楽しむ鳥取1泊2日モデルコース 鳥取砂丘とどこへ行く?

自然を楽しむ鳥取1泊2日モデルコース 鳥取砂丘とどこへ行く?

更新日:2019/06/30 10:54

塚本 隆司のプロフィール写真 塚本 隆司 ぼっち旅ライター

鳥取といえば「鳥取砂丘」ですよね。
「行ってみたいけど、どんなプランで楽しめばいいの?」という人へ、鳥取砂丘への1泊2日モデルコースを紹介します。
宿泊先は、JR鳥取駅から徒歩10分の鳥取温泉。移動手段は電車・バスを想定し、時間に余裕をもたせたプランです。カップル、女子旅、一人旅向けの自然が大好きという人にオススメします。
鳥取砂丘への観光の参考にしてください。

1日目 砂丘に入る前に「鳥取砂丘ビジターセンター」へ

1日目 砂丘に入る前に「鳥取砂丘ビジターセンター」へ

写真:塚本 隆司

地図を見る

鳥取砂丘へは、JR鳥取駅からバスで20分ほど。平日は片道370円ですが、土・日・祝日・夏季(8月1日〜31日)は周遊バス「ループ麒麟獅子」が1日600円で乗り放題とおトクです。

まずは、砂丘を眺められる「砂丘センター展望台」バス停へ。バス停前には、食事やお土産が買える「砂丘センター 見晴らしの丘」があります。暑い日は「梨ソフトクリーム」が大人気。3階部分に無料の展望所があり、砂丘と日本海が見渡せ、心地よい風が吹いています。
ここから鳥取砂丘へは、リフトで降りられます。片道大人200円(往復300円)。リフトを降りれば、ほぼ砂丘の上。靴の中が砂まみれになるのが嫌な人は、長靴が無料で借りられます。

<砂丘センター 見晴らしの丘の基本情報>
入館料(展望台含):無料
開館時間:9時〜17時
休館日:年中無休

1日目 砂丘に入る前に「鳥取砂丘ビジターセンター」へ

写真:塚本 隆司

地図を見る

リフトを降りると早速、砂丘へと歩き出したいところですが、右手に続くスロープを通って「鳥取砂丘ビジターセンター」を目指しましょう。

砂丘の成り立ちや見どころがわかる施設になっています。
館内のドームシアター「すなくら」は、1年を通してドローン撮影された映像が美しく、ちょっと感動ものです。シアター内は、人の動きに合わせて面白い仕掛けもありますよ。写真は、足元に咲くハマヒルガオの花。

1日目 砂丘に入る前に「鳥取砂丘ビジターセンター」へ

写真:塚本 隆司

地図を見る

<鳥取砂丘ビジターセンターの基本情報>
入館料:無料
開館時間:9時〜17時
休館日:年中無休

1日目午後 さぁ、鳥取砂丘へ

1日目午後 さぁ、鳥取砂丘へ

写真:塚本 隆司

地図を見る

鳥取砂丘ビジターセンターの向かいには、土産物店や飲食店、人気の海鮮丼の店が並んでいます。食事をするなら「砂丘センター 見晴らしの丘」かこの周辺になりますが、団体予約で貸切の場合があるので注意しましょう。
上の写真は砂丘を背にして左手(西側)にあるレストラン「砂丘の家 レイガーデン」の名物「鳥取県産和牛と県産ポークの石焼きロコモコ」(1,389円税別)。結婚式でも使われるレストランだけに、オシャレで庭の緑が気持ちのいいランチスポットです。

<砂丘の家 レイガーデンの基本情報>
営業時間:
平日11時〜15時 (L.O. 14時)
土日祝11時〜17時30分(ランチL.O.14時、カフェL.O. 17時)
定休日:水曜日、第3火曜日、ウェディングで貸し切りの場合あり

1日目午後 さぁ、鳥取砂丘へ

写真:塚本 隆司

地図を見る

さて、砂丘に向かって歩き出しましょう。馬の背と呼ばれる砂の丘があります。この上から見る日本海の美しさは感動です。夏場は熱中症対策などしっかりしておきましょう。

鳥取砂丘でのアクティビティは、いろいろあります。定番はラクダ乗り体験。事前予約が必要なものでは、砂丘散策のガイドツアーやサンドボード、砂丘ヨガ、ファットバイク、砂丘セグウェイ、パラグライダーなど他では体験できないものばかりです。気になるアクティビティがあればチェックしておきましょう。

1日目午後 さぁ、鳥取砂丘へ

写真:塚本 隆司

地図を見る

鳥取砂丘を満喫した締めといえば「夕日」です。絶景スポットはいくつかありますが、定番スポットは馬の背の上。日本海へと落ちていく夕日が眺められます。
それを眺めている人を、馬の背の下から撮影するのも人気です(写真)。

平日の夏場に沈みゆく太陽を見たいなら、バスの最終時間に気をつけましょう。タクシーを利用するなら、JR鳥取駅まで2,500円程度が目安です。

宿泊 鳥取県は県庁所在地の中心街に温泉あり

宿泊 鳥取県は県庁所在地の中心街に温泉あり

写真:塚本 隆司

地図を見る

鳥取県の県庁所在地である鳥取市。その中心街のJR鳥取駅から徒歩10分ほどの場所に「鳥取温泉」があります。県庁所在地に温泉があるのはとても珍しいこと。温泉宿は少なくビルに囲まれているため、温泉街の風情はありませんが、湯量も多く正真正銘のかけ流しの天然温泉です。

「鳥取温泉 観水庭こぜにや」は、江戸末期創業の老舗旅館。全25室に行き届いたサービスでもてなしてくれます。気持ち良く過ごせるのでリピーターも多く、幅広い世代や外国人にも人気の宿です。

宿泊 鳥取県は県庁所在地の中心街に温泉あり

提供元:鳥取温泉 観水庭こぜにや

https://www.kozeniya.com/地図を見る

露天風呂を備えた大浴場が2つと家族風呂が2つあり、旅の疲れが癒せます。砂丘で思いっきり楽しんだ後にピッタリです。

宿泊 鳥取県は県庁所在地の中心街に温泉あり

提供元:鳥取温泉 観水庭こぜにや

https://www.kozeniya.com/地図を見る

料理はもちろん山陰の幸づくし。鳥取和牛をはじめ、冬はカニ三昧、夏は鳥取のブランド岩牡蠣「夏輝」など、鳥取の幸を満喫できます。
素泊まりでも宿泊できるので、鳥取一の繁華街に繰り出し、夜の鳥取を楽しむのもいいですよ。写真は、春夏のおすすめ「日本海と大地の恵み」コース。

2日目午前 海風を感じながらクルージング「浦富海岸遊覧船」

2日目午前 海風を感じながらクルージング「浦富海岸遊覧船」

写真:塚本 隆司

地図を見る

鳥取市近辺の自慢は鳥取砂丘だけではありません。鳥取駅からバスで岩美方面へ約40分(島めぐり遊覧船のりば前バス停)行くと、遊覧船での浦富海岸巡りができます。
起伏に富んだリアス式海岸で山陰海岸ジオパークを代表する洞門や洞窟、白砂の浜が見事ですが、澄んだ海の美しさは感動もの。何より海風が気持ちいいです。

2日目午前 海風を感じながらクルージング「浦富海岸遊覧船」

写真:塚本 隆司

地図を見る

遊覧船は全部で3種類。定番の「浦富海岸島めぐり遊覧船」は予約なしで乗船できます。
狭い航路や洞門や洞窟をすり抜けるように進む「浦富海岸島めぐり小型船 うらどめ号」は、座席数が少ないため予約がおすすめ。ただし、天気が良くても、うねりがあれば欠航するのでご注意を。

2日目午前 海風を感じながらクルージング「浦富海岸遊覧船」

提供元:山陰松島遊覧株式会社

http://yourun1000.com地図を見る

女子旅におすすめしたいのがプレミアムクルーズ船「ミューズ」。土日祝のみの完全予約制ですが、船内でランチやカフェが楽しめる今注目のクルーズです。

<浦富海岸島めぐり遊覧船の基本情報>
受付時間:9時〜17時
詳細は、文末の関連MEMOから公式サイトで確認ください。

浦富海岸島めぐり遊覧船
周遊時間:約50分/回
料金:大人(中学生以上)1400円、小学生700円

浦富海岸島めぐり小型船「うらどめ号」
周遊時間:約40分/回
料金:大人(中学生以上)2200円、4歳以上1600円

クルーズ船「ミューズ」
周遊時間:約60分/回
料金:大人(中学生以上)4800円、子ども4100円
特記:完全予約制(1週間前までに予約)

2日目 かわいいEVカー「ジオコムス」で絶景とランチを求めてドライブ

2日目 かわいいEVカー「ジオコムス」で絶景とランチを求めてドライブ

提供元:鳥取県環境立県推進課

https://chizu-sekiyu.com/geocoms/地図を見る

美しい浦富海岸をドライブしながら眺めたくなりませんか?
そこでおすすめしたいのが、1人乗りのEVカー「ジオコムス」です。

乗り方は普通自動車と同じなので、普通自動車運転免許証が必要になりますが、1台3,000円(3時間)で利用できます。ゴーカートで海岸線を走るような爽快感は、レンタカーでは体験できません。

2日目 かわいいEVカー「ジオコムス」で絶景とランチを求めてドライブ

写真:塚本 隆司

地図を見る

浦富海岸の美しい風景を眺めながらのドライブ。気になる店があれば立ち寄り、ランチやカフェを楽しむ自由さが旅を楽しくしてくれます。
写真は、浦富海岸海水浴場近くの「cafeニジノキ」。内装もオシャレで眺めがいい、カレーが評判のカフェです。

<cafeニジノキの基本情報>
営業時間:11時〜18時
定休日:火曜日、水曜日

2日目 かわいいEVカー「ジオコムス」で絶景とランチを求めてドライブ

写真:塚本 隆司

地図を見る

利用の拠点となる「ジオコムスステーション」は2カ所あり「浦富海岸遊覧船のりば」の隣りと「鳥取砂丘ビジターセンター」の隣りにあります。

<ジオコムスステーションの基本情報>
事前にインターネットまたは電話で予約されることをお勧めします。
詳細は、文末の関連MEMOから公式サイトで確認ください。

岩美ステーション
受付時間:9時〜17時(乗車最終受付16時) 
定休日:火曜・水曜(祝日除く)
料金(台):3時間3000円、フリープラン1時間2000円

鳥取砂丘ステーション
受付時間:9時〜17時(乗車最終受付15時30分)
定休日:無休
料金(台):3時間3000円、フリープラン1時間2000円

少人数向けの鳥取砂丘周辺をめぐる1泊2日モデルコース

1泊2日の鳥取旅。鳥取砂丘や浦富海岸といった鳥取市の中心部から行ける範囲でご紹介しました。
一人乗りのEVカーで気ままにドライブ、女子旅でクルージングなど、彼氏彼女とでも一緒に楽しめるコースです。
「砂丘以外何があるの?」「砂丘見た後どうする?」そんな心配をせずに、思いっきり鳥取砂丘やその周辺の景観を満喫してください。

取材協力:鳥取県

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/23−2019/05/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -