インスタ映え必至の韓国・プサン(釜山)!週末女子旅でプチ贅沢&リフレッシュ

| 韓国

| 旅の専門家がお届けする観光情報

インスタ映え必至の韓国・プサン(釜山)!週末女子旅でプチ贅沢&リフレッシュ

インスタ映え必至の韓国・プサン(釜山)!週末女子旅でプチ贅沢&リフレッシュ

更新日:2019/07/26 09:46

河合 理恵のプロフィール写真 河合 理恵 絶景フォトグラファー、トラベルインスタグラマー、旅行ブロガー

日本各地からLCCが就航し、より気軽に行けるようになった韓国。ソウルに行ったことがある人は多いかもしれませんが、インスタ映えなら「プサン(釜山)」がおすすめ!おしゃれなカフェやフォトジェニックな観光スポットが続々オープンし、週末の女子旅にぴったり。韓国は日本よりも少し物価が安いので、いつもよりちょっと贅沢な旅をすることも可能。まだまだ知られていない「プサン女子旅」の魅力をご紹介します。(PR)

海も夕日も夜景もおまかせ!プサンのおすすめ絶景スポット

海も夕日も夜景もおまかせ!プサンのおすすめ絶景スポット

提供元:釜山観光公社

地図を見る

プサンで今人気のある絶景スポットの一つが、「多大浦(タデポ)海水浴場」。遮るものがないために美しい夕焼けを見ることができる、プサン屈指の夕日スポットです。また「夢の落照噴水」では毎夜2回、世界最大級の音楽とイルミネーションとを一度に楽しめる20分間の噴水ショーが見られます。噴水ショーは季節によって時間が変わります。

<다대포해수욕장(多大浦海水浴場)の基本情報>
住所:부산광역시 사하구 몰운대1길 14(釜山広域市 沙下区 没雲台1キル 14)
噴水実施期間:4/20(土)〜10/31(木)(悪天候時は中止)
定休日:毎週月曜日
噴水ショー公演時間:4月、9-10月:平日19:30/週末・祝日19:30、20:30(2回)
5-8月:平日20:00/週末・祝日20:00、21:00(2回)
*夏休み期間(7月末-8月末)平日の音楽噴水2回公演(20時、21時)

海も夕日も夜景もおまかせ!プサンのおすすめ絶景スポット

写真:河合 理恵

地図を見る

プサンで一番との呼び声高い夜景スポットが「荒嶺山(ファンニョンサン)」。プサンのカップルにも人気のロマンチックな観光スポットです。山頂エリアに3か所ある展望広場からは遮ることのない360度の絶景が楽しめ、広安大橋やプサンの街の灯りを眺めることができます。夜景を眺められるおしゃれなスイングベンチも。

荒嶺山は標高約430メートルとそれほど高い山ではありませんが、山頂のため夏場でも風が冷たく体感気温が低く感じることも。羽織れるものを一枚持っていると安心です。

<황령산전망쉼터(荒嶺山展望広場)の基本情報>
住所:부산광역시 남구 황령산로 391-39(釜山広域市 南区 荒嶺山路 391-39)
アクセス:地下鉄2号線南川駅よりタクシーで約10分

海も夕日も夜景もおまかせ!プサンのおすすめ絶景スポット

写真:河合 理恵

地図を見る

今話題の影島(ヨンド)にある絶景スポットが「ヒンヨウルマウル」。かつて戦火を逃れてきた避難民たちなどが築いた集落の一つです。影島の蓬莱山から流れる白く美しい清流から名付けられ、“プサンのサントリーニ”とも呼ばれる、インスタ映えする街並みが広がっています。

ヒンヨルマウルの中でも海岸の斜面沿いに作られた歩道「ヒンヨウルギル」は特に美しく、フォトジェニックなのです。さわやかな潮風を感じながらのお散歩もとても気持ちがいいですよ。2018年末にオープンしたトンネルにもかわいらしい仕掛けがあるので、ぜひ通ってみてください。

<흰여울문화마을(ヒンヨウル文化村)の基本情報>
住所:부산광역시 영도구 영선동4가 650-2(釜山広域市 影島区 瀛仙洞4街 650-2)
アクセス:地下鉄1号線南浦駅よりタクシーで約20分

フォトジェニックな街・広安里&影島でグルメやショッピングを!

フォトジェニックな街・広安里&影島でグルメやショッピングを!

写真:河合 理恵

地図を見る

広安里(クァンアンリ)は、韓国でも人気の高い海水浴場「広安里海水浴場」があるビーチリゾートエリア。広安里海水浴場はプサン最大の海水浴場・海雲台海水浴場と並び、夏場にはビーチパラソルが所狭しと建てられるほどの人気ぶりです。

広安里海水浴場の特徴は、広安里エリアのシンボルである「広安大橋」を目の前に見ることができるところ。特に夜には、砂浜越しに広安大橋のライトアップが眺められる人気のスポットです。

フォトジェニックな街・広安里&影島でグルメやショッピングを!

写真:河合 理恵

地図を見る

広安里海水浴場沿いにある「Wild Wave Brewing」は、韓国で人気の高まりつつあるクラフトビール専門店。日本でも人気のあるIPAなど、厳選された個性的なクラフトビールがそろいます。また、ビールにぴったりのおつまみもありますよ。

<Wild Wave Brewingの基本情報>
住所:부산광역시 수영구 광안해변로 271(釜山広域市 水営区 広安海辺路 271)
アクセス:地下鉄2号線「広安駅」より徒歩約16分

フォトジェニックな街・広安里&影島でグルメやショッピングを!

写真:河合 理恵

地図を見る

先にご紹介した「ヒンヨウルギル」などがあり、近年フォトジェニックと話題になっている離島「影島(ヨンド)」エリア。プサンの繁華街のひとつ・南浦洞エリアから車で行くことができる島ということもあり、観光スポットとして定着しつつありますが、実はこの数年でおしゃれなカフェやショップが多数オープンしているのです。

インスタ映えするおしゃれカフェの一つが、「GEMSTONE(ジェムストーン)」。室内プールだった建物をリノベーションしていて、プールのタイルや更衣室などを生かしたおもしろいカフェです。テーブル席のほか、ソファーやビーチソファー、座敷席なども。青いタイルが貼られた元プール部分の席は、まるで海の上にいるような不思議な感覚になります。

館内には南国風の植物なども置かれていて、リゾート感たっぷり。「ヨーグルトマンゴースムージー」7,300ウォンや「グリーングレープ&ケールジュース」7,300ウォンがおすすめです。

<젬스톤(GEMSTONE)の基本情報>
住所:부산광역시 영도구 대교로 6번길 33(釜山広域市 影島区 テギョロ 6ポンギル 33)
アクセス:地下鉄1号線南浦駅よりタクシーで約20分

地元で人気の町をお散歩してインスタ映えする写真を撮ろう!

地元で人気の町をお散歩してインスタ映えする写真を撮ろう!

写真:河合 理恵

地図を見る

釜山駅から近く、地元の人に人気のスポットが「草梁イバグキル」。急峻な崖に作られた町で、かつては20キロもの水瓶を頭に乗せてこの階段を上ったほど過酷な生活環境だったエリア。当時の階段「168階段」が残っていますが、近年は階段のかわいらしいデコレーションや壁画などがフォトジェニックなスポットとして、地元の若者にも人気のあるエリアです。

2016年には無料で乗降できるモノレールが設置され、より気軽に訪れることができるようになりました。168階段には展望台やおもちゃ博物館、イバグ工作所があります。イバグ工作所では、1,000ウォンで昔の学生の制服の着付け体験もできます。

<초량이바구길・168계단(草梁イバグキル・168階段)の基本情報>
住所:부산광역시 동구 초량상로51번길, 일대(釜山広域市 東区 草梁上路51番キル, 一帯)
無料モノレール運行時間:(4〜10月)7:00〜22:00、(11〜3月)7:00〜20:00
アクセス:地下鉄1号線「釜山駅」7番出口より徒歩9分

地元で人気の町をお散歩してインスタ映えする写真を撮ろう!

写真:河合 理恵

地図を見る

「文化通り(ムンファ・ゴルモク)」は、住宅街の路地を生かし、小劇場やバー、ギャラリーなどが集まる複合施設。誰でも気軽に歩くことができる路地には緑が多く、どこか懐かしい雰囲気のあるフォトジェニックなスポットです。

<문화골목(文化通り)の基本情報>
住所:부산광역시 남구 용소로19번길 43-1(釜山広域市 南区 龍沼路19番キル 43-1)
アクセス:地下鉄2号線「慶星大・釜慶大駅」より徒歩約4分

地元で人気の町をお散歩してインスタ映えする写真を撮ろう!

写真:河合 理恵

地図を見る

今話題になっているのが、「田浦カフェ通り」。かつてはスラム街だった西面にある小さな町・田浦エリアに若者たちが集まり、次々とおしゃれなカフェなどがオープンしたことで、カフェ通りと呼ばれるようになったエリアです。狭いエリアに170ものカフェやレストランなどが集まっていて、それぞれに個性豊かなので、カフェのはしごも楽しいですよ。

また、カフェ通りにある「釜山コーヒー博物館」では、珈琲の歴史を知ることができます。アンティークのコーヒーメーカーなど貴重なコーヒー器具なども見ることができます。無料で見ることができるので、ぜひ訪れてみて。入口にある赤い電話ボックスがフォトスポットとして人気があります。

<부산커피박물관(釜山コーヒー博物館)>
住所:부산광역시 부산진구 전포대로 199번길 9(釜山広域市 釜山鎮区 田浦大路199番ギル9)
電話番号:+82-010-9346-8000
開館時間:11:00〜12:00、13:00〜18:00、19:00〜20:00
休館日:月曜日
アクセス:地下鉄2号線「田浦駅」7番出口より徒歩すぐ

料理教室に美容、マッコリ……現地体験までもフォトジェニック!

料理教室に美容、マッコリ……現地体験までもフォトジェニック!

写真:河合 理恵

地図を見る

草梁(チョリャン)で体験したいのが、「therethehouse」の明太子クッキングクラス。実は明太子は福岡・博多ではなく、プサン発祥の食材。こちらでは、そんな明太子を使った料理を作ることができます。

この日のメニューは、明太子のリゾット、マスカルポーネと明太子のラビオリ、トマトと明太子のタプナードのインスタ映えする3メニュー。料理の後にはもちろん試食も。高台からの景色を眺めながら試食ができるので、ランチタイム替わりにもおすすめです。

<덕화푸드 고객센터(therethehouse)>
住所:부산광역시 동구 망양로 533번길 20-3(釜山広域市 東区 マンヤンノ 533ポンギル 20-3)
電話番号:+82-051-262-8163

料理教室に美容、マッコリ……現地体験までもフォトジェニック!

写真:河合 理恵

地図を見る

韓国を訪れたら気になる美容体験。西面にある老舗の美容皮膚科「キムヤンジェ皮膚科」では、医師による診察を受けた後で、お肌の悩みや状態に合わせた医療エステを受けることができます。

日本語対応ができるスタッフが3名いるので、韓国語がわからなくても安心。治療後の鎮静ケアもついていて、気持ちよさについウトウトと眠くなってしまうかも。

<고운세상김양제피부과(ゴウンセサン キムヤンジェ皮膚科)の基本情報>
住所:부산광역시 부산진구 중앙대로 686 부전동, 5층(釜山広域市 釜山鎮区 中央大路686 釜田洞 耕岩ビル5階)
電話番号:+82-10-2541-0645
アクセス:地下鉄1号線「西面駅」2番出口から徒歩6分

料理教室に美容、マッコリ……現地体験までもフォトジェニック!

写真:河合 理恵

地図を見る

韓国でメジャーなお酒・マッコリ。以前は安く飲めるマッコリが主流でしたが、最近では風味や原材料にこだわった、ちょっと高級なマッコリが人気なのです。そんなこだわりのマッコリが楽しめるお店が、水営(スヨン)にある「Sulgosgan(スルゴッガン)」。韓国全土のマッコリが楽しめるほか、香りが楽しめるマッコリなどたくさんの種類がそろっています。

日本ではグラスで注文することが多いマッコリですが、本場韓国ではボトルで注文するのが一般的。お通し替わりにキムチやナムルなどが提供されます。マッコリにぴったりの料理メニューがそろっているのでついいろいろと食べてみたくなりますが、基本的にお料理はどれも量が多いので頼みすぎに注意。おすすめは、「明太子とジャガイモのチヂミ」16,000ウォン、「イカスクフェ」17,000ウォン。

「술곳간(Sulgosgan)」
住所:부산광역시 수영구 광안3동 무학로21번길 98(釜山広域市 水営区 広安3号 ムハン路21番ギル98)
電話番号:+82-051-711-0784
営業時間:17:00〜27:00(日曜日:17:00〜26:00)
定休日:月曜日
アクセス:地下鉄2号線「水営駅」より徒歩約3分

ちょっと贅沢なプサン滞在におすすめ「センタムプレミアホテル」

ちょっと贅沢なプサン滞在におすすめ「センタムプレミアホテル」

写真:河合 理恵

地図を見る

近年、プサンにはおしゃれなホテルが増えているのをご存知ですか。おしゃれなインテリアで統一されたホテルや、テーマのあるブティックホテルなどが続々とオープンしているのです。

その中でも、ちょっと贅沢なプサン滞在を叶えてくれるのが「センタムプレミアホテル」。世界最大のデパートとしてギネス認定された新世界百貨店と、韓国最大の百貨店チェーンのロッテ百貨店とを中心に開発が進む新都心エリアにあるホテルです。ホテル内にはコンビニが2つあるので、ちょっとおやつが買いたいときにも便利です。

ちょっと贅沢なプサン滞在におすすめ「センタムプレミアホテル」

写真:河合 理恵

地図を見る

そんなセンタムプレミアホテルのスイートルームからは、センタムシティの2大デパートや広安里エリアの高層アパート群を見下ろすことができます。ロフトタイプになっていて、重厚感のある家具に囲まれて、ちょっと贅沢なリラックスした時間を過ごすことができますよ。

<센텀프리미어호텔(センタムプレミアホテル)の基本情報>
住所:부산광역시 해운대구 우동 센텀1로17(釜山広域市 海雲台区 佑洞 センタム1路 17)
電話番号:+82-51-755-9000
アクセス:釜山地下鉄2号線センタムシティ駅11番・13番出口より徒歩約3分

次の週末はフォトジェニックなプサンを旅しよう!

女子に人気のフォトジェニックなスポットを中心に、韓国・プサンのおすすめ観光地をご紹介しました。都会的なソウルもいいけれど、少しのどかな雰囲気のあるプサンなら、女子が日々の疲れを癒すリフレッシュ旅にぴったり。海を眺めながらお散歩をしたり、おしゃれなカフェやショップを巡ってみたり、インスタ映え抜群な写真をシェア。日本から近いプサンなら、行くたびに違う魅力に出会えそうです。次の週末はプサンでのんびり女子旅してみませんか。

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

【この記事は 釜山観光公社 とのタイアップです】

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/06/11−2019/06/13 訪問
LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ