高知「モネの庭」モネが愛したバラ、行列のできるカフェも魅力

| 高知県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

高知「モネの庭」モネが愛したバラ、行列のできるカフェも魅力

高知「モネの庭」モネが愛したバラ、行列のできるカフェも魅力

更新日:2019/06/30 11:05

水津 陽子のプロフィール写真 水津 陽子 地域活性化・まちづくりコンサルタント

フランス本家のモネの庭から世界で唯一、その名を冠することを許された高知県北川村「モネの庭」マルモッタン。モネの水連の絵を再現した庭もさることながら、モネが愛したバラやクロード・モネの名を冠したバラなど、四季折々の花が咲く「花の庭」も魅力。

その美しい庭を眺めながらお茶や食事が楽しめるカフェ「モネの家」は、ご当地食材を使ったランチやフルーツグラタンも人気、お昼時には平日でも行列ができます。

睡蓮だけじゃない!四季折々の花が咲く庭も魅力

睡蓮だけじゃない!四季折々の花が咲く庭も魅力

写真:水津 陽子

地図を見る

高知県に印象派の画家クロード・モネが愛した庭を再現した北川村「モネの庭」マルモッタンがあります。

モネが夢みた青い睡蓮も咲く睡蓮の池が有名ですが、200種500本のバラなど、睡蓮以外にも美しい花が咲く花の庭やそこを一望する展望デッキ、人気のカフェ「モネの家」も人気です。

※睡蓮の池は記事末尾【関連MEMO】にあるもう一つの記事でご覧頂けます。

睡蓮だけじゃない!四季折々の花が咲く庭も魅力

写真:水津 陽子

地図を見る

高知の豊かな自然に囲まれた山の中に広がる花の庭では、四季折々の花が楽しめます。

睡蓮だけじゃない!四季折々の花が咲く庭も魅力

写真:水津 陽子

地図を見る

花の庭の中央にある噴水の周りでは、ベンチでのんびり寛ぐ女性たちの姿も見られます。

展望デッキ、カフェテラス席からは花の庭を一望

展望デッキ、カフェテラス席からは花の庭を一望

写真:水津 陽子

地図を見る

花の庭を一望する展望デッキ。奥にはカフェのテラス席があります。

展望デッキ、カフェテラス席からは花の庭を一望

写真:水津 陽子

地図を見る

展望デッキの木陰にあるこちらのテーブルと椅子はどなたでも利用可能で、カフェやギャラリー・ショップのみ利用の場合、入園券は不要です。

展望デッキ、カフェテラス席からは花の庭を一望

写真:水津 陽子

地図を見る

カフェのテラス席からは花の庭を一望、美しい花や景色を眺めながらお茶や食事が楽しめます。

カフェのご当地グルメは龍馬パスポートで得をする

カフェのご当地グルメは龍馬パスポートで得をする

写真:水津 陽子

地図を見る

高知を旅する時、様々な特典が受けられる「龍馬パスポート」をご存知でしょうか。モネの庭はこの対象施設になっていて、入園料やカフェでの割引などの特典を受けられます。

龍馬パスポートは獲得したスタンプの数によりステージアップしていく仕組みで、対象施設で3個のスタンプを獲得すると青いパスポートが、青いパスポートで6個のスタンプを獲得すると赤いパスポートにステージアップ。ステージアップする度、特典もプレミア化していきます。

※詳しくは記事末尾の【関連MEMO】の龍馬パスポートのホームページをご覧ください。

カフェのご当地グルメは龍馬パスポートで得をする

写真:水津 陽子

地図を見る

モネの庭では入園料や対象のご当地グルメの利用で割引が受けられるほか、2つのスタンプの獲得が可能です。

カフェ「モネの家」ではこちらのゆのす美食案内対象メニューが100円引になります。カフェは料理もおいしく、人気で平日もランチ時は行列ができます。

カフェのご当地グルメは龍馬パスポートで得をする

提供元:北川村「モネの庭」マルモッタン

https://www.kjmonet.jp/地図を見る

季節のフルーツをふんだんに使ったフルーツグラタンも人気です。

モネが愛したバラ、モネの名がついたバラも

モネが愛したバラ、モネの名がついたバラも

写真:水津 陽子

地図を見る

200種500本もバラが咲く園内では、その時期見ることができるバラの案内図を記したパンフレットがあり、それを手にして園内を廻れば、一つ一つの花との出会いをより楽しみながらバラ巡りも楽しめます。

パンフレットにはそれぞれのバラの写真と名前、花期、花にまつわるエピソード、花のある場所が番号で記されているほか、花の香りの強さを、無香・微香・弱香・中香・強香の五段階に分けて紹介されています。

モネが愛したバラ、モネの名がついたバラも

写真:水津 陽子

地図を見る

こちらは「マーメイド」、モネが一番好きだったとされるツルバラで香りは微香。モネは朝起きた時に見られるようにと寝室のそばに植えらて毎日愛でていたそうです。

花期は6月下旬から10月頃です。

モネが愛したバラ、モネの名がついたバラも

写真:水津 陽子

地図を見る

こちらは「クロード・モネ」、モネの名がついたバラです。クリーム色にピンク色のマーブル模様が入ったバラは室内鑑賞用。花期は春は5月〜6月、秋は10月〜11月。香りは強香です。
 
※尚、モネの庭のバラの一番の見頃は5月。バラ巡りを楽しまれるなら、秋よりは春がお勧めです。

手作りパン工房やショップ、イベントも楽しみ

手作りパン工房やショップ、イベントも楽しみ

写真:水津 陽子

地図を見る

展望デッキの奥にあるフローラルホールでは展示会など、様々なイベントが開催されており、今年の夏は「夏休みの絵画教室〜青い睡蓮を描いてみよう」が開催されます。

手作りパン工房やショップ、イベントも楽しみ

提供元:北川村「モネの庭」マルモッタン

https://www.kjmonet.jp/地図を見る

ギャラリーではモネの絵の複製画を展示、ショップではモネのグッズや北川村の特産品、ガーデニング用品を販売しており、絵画をあしらったカサや北川村特産の柚子を使ったサブレやゼリーが人気です。

手作りパン工房やショップ、イベントも楽しみ

提供元:北川村「モネの庭」マルモッタン

https://www.kjmonet.jp/地図を見る

手作りパン工房では北川村のゆずを使ったパンや焼き菓子などを販売。ふわふわのゆずシフォンケーキやゆずの果汁がかかったソフトクリーム「ゆずかけソフト」も人気です。

モネの庭 マルモッタンの基本情報

住所:高知県安芸郡北川村野友甲1100
電話番号:0887-32-1233
アクセス:土佐くろしお鉄道・ごめんなはり線「奈半利駅」から北川村村営バス(北川村行き)で約10分
(奈半利駅へは高知駅から土佐くろしお鉄道で約1時間半です)

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -