家族で楽しめる千葉の人気テーマパーク!ふなばしアンデルセン公園

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

家族で楽しめる千葉の人気テーマパーク!ふなばしアンデルセン公園

家族で楽しめる千葉の人気テーマパーク!ふなばしアンデルセン公園

更新日:2019/06/25 10:05

Lily Tのプロフィール写真 Lily T 旅先案内人

千葉県船橋市にある「ふなばしアンデルセン公園」は、デンマークの雰囲気が感じられる素敵な総合公園です。

公園内には、ワンパクボール島やワンパク城など子ども向けの遊具も充実していて、太陽の池ではボートにも乗ることができ、大人も子どもも一日中楽しめます!特に週末は、多くの家族連れの観光客で賑わっている人気スポットです。

今回は、家族で楽しめる「ふなばしアンデルセン公園」についてご紹介します!

家族で楽しめる旅行先はこちら

デンマーク・オーデンセ市と姉妹都市の公園!

デンマーク・オーデンセ市と姉妹都市の公園!

写真:Lily T

地図を見る

ふなばしアンデルセン公園は、1987年「ワンパク王国」という名称でオープンしました。現在の名称の由来は、船橋市の姉妹都市がデンマーク・オーデンセ市であり、童話作家アンデルセンの出身地であることから名付けられました。大手旅行サイト2015年日本の人気テーマパーク第3位に選ばれたテーマパークです!

デンマーク・オーデンセ市と姉妹都市の公園!

写真:Lily T

地図を見る

公園内には「ワンパク王国」「メルヘンの丘」「子ども美術館」「自然体験」「花の城」の5つのゾーンで構成されています。
一年を通して四季折々の花々を観賞することができる、自然豊かな公園です。

今回は、「ワンパク王国ゾーン」と「メルヘンの丘ゾーン」についてご紹介します!

子どもが楽しめる「ワンパク王国ゾーン」!

子どもが楽しめる「ワンパク王国ゾーン」!

写真:Lily T

地図を見る

北ゲートから入園する際、はじめに見えてくるのがワンパク王国ゾーンの「芝生広場」です。

広大な広場には子ども達が遊べる遊具や噴水があり、天気のいい日にはテントを張っている観光客も大勢いて、一気にレジャー気分が味わえます!

子どもが楽しめる「ワンパク王国ゾーン」!

写真:Lily T

地図を見る

芝生広場の中央には「ワンパクボール島」という施設があり、子ども達がカラフルなボールの上に乗って元気よく遊べます!

子どもが楽しめる「ワンパク王国ゾーン」!

写真:Lily T

地図を見る

さらに「ワンパク城」と呼ばれる大きな赤いすべり台や、「じゅえむタワー」というアスレチックのような施設があり、一日中いても飽きません!

まるで童話の世界「メルヘンの丘ゾーン」!

まるで童話の世界「メルヘンの丘ゾーン」!

写真:Lily T

地図を見る

ワンパク王国ゾーンからメルヘンの丘ゾーンに繋がる「太陽の橋」を渡ると、大きな風車が見えてきます。デンマークを連想させる風車の中には、風車についての説明書きがあります。風車は見ているだけでも満足ですが、この機会に中へ入ってみるのも良さそうです!

まるで童話の世界「メルヘンの丘ゾーン」!

写真:Lily T

地図を見る

風車の近くには、四季折々の花々で彩られた噴水があります。メルヘンチックな噴水で、写真撮影をしている観光客の姿も。風車の周りにも季節の花々が咲いていて、とても素敵な空間です。

まるで童話の世界「メルヘンの丘ゾーン」!

写真:Lily T

地図を見る

噴水の向かい側にある赤い洋風の建物は、「コミュニティーセンター」です。デンマーク・オーデンセ市フュン野外博物館の管理棟をイメージして建てられ、館内はおみやげ屋や展示ホールなどがあります。フォトジェニックな素敵な建物です!

落ち着いた雰囲気の「太陽の池」!

落ち着いた雰囲気の「太陽の池」!

写真:Lily T

地図を見る

メルヘンの丘ゾーンには、ボートに乗れる「ボートハウス」があります!発券機でチケットを購入すれば、「太陽の池」で自由にボートに乗れます。

落ち着いた雰囲気の「太陽の池」!

写真:Lily T

地図を見る

太陽の池は全体的に落ち着いたのどかな雰囲気で、風車の後ろ姿も見ることができます。まるで、本場のデンマークに来たかのような気分を味わえる素敵なスポットです!

子どもにはライフジャケットが支給されるので、着用すれば安心してボートに乗ることが出来ます。

有名な童話作家アンデルセン!

有名な童話作家アンデルセン!

写真:Lily T

地図を見る

公園の名前の由来にもなった「ハンス・クリスチャン・アンデルセン」は、デンマークの有名な童話作家です。

日本でもアンデルセンの作品は数多く知られていて、代表的な作品は「人魚姫」「裸の王様」「みにくいアヒルの子」などがあります。

アンデルセンはデンマークでも知名度が高い作家で、かつてはデンマークの旧札にも描かれていました。故郷のオーデンセ市には、アンデルセン博物館もあります。

公園内のメルヘンの丘ゾーンには、高さ約2.8メートルの「アンデルセン像」があるので、近くを通った際は是非見てみてください!

有名な童話作家アンデルセン!

写真:Lily T

地図を見る

ふなばしアンデルセン公園には充実した施設が沢山あり、四季折々の花々も見ることができる自然豊かな公園です。

家族で一日中楽しめる公園なので、船橋市へお越しの際は、是非ともふなばしアンデルセン公園へ足を運んでみてください!

ふなばしアンデルセン公園の基本情報

住所:千葉県船橋市金堀町525
電話番号:047-457-6627

入園料金:大人900円 高校生(生徒証提示):600円 小・中学生:200円 幼児(4歳以上):100円
営業時間: 9:30〜16:00  ※4月8日〜10月31日の土日祝日、夏休み期間など:17:00まで
休園日:月曜日、12月29日〜1月1日、臨時休園あり (祝日、春・夏・冬休み期間は開園)

アクセス:新京成線三咲駅から「セコメディック病院行き」バスで約15分。
JR船橋駅から「小室駅行き」バスで約40分。

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/25 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -