もっと熱海の花火を楽しみたい!おすすめ鑑賞スポット目的別4選

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

もっと熱海の花火を楽しみたい!おすすめ鑑賞スポット目的別4選

もっと熱海の花火を楽しみたい!おすすめ鑑賞スポット目的別4選

更新日:2019/07/14 19:38

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

四季を通じて、年間十数回以上も花火を楽しめる熱海の人気イベント「熱海海上花火大会」。温泉の後で花火を見て帰れば、最高にリフレッシュできますよね!
花火を鑑賞するなら、やはり場所選びは重要!……ということで、今回は「花火をバッチリ見るならココ」というおすすめ鑑賞スポットを、デート、子連れ、女子旅など目的別に厳選してご紹介。あなたに合ったベストポジションを見つけて、楽しい思い出を作ってくださいね。

熱海の花火大会が最高の立地!と言われる理由

熱海の花火大会が最高の立地!と言われる理由

提供元:熱海市観光協会

https://www.ataminews.gr.jp/地図を見る

「熱海海上花火大会」が他の花火大会と大きく異なる点は、ここ何年も中止になっていないこと!毎年、必ず花火を見に行く“花火好き”には、まさに夢の場所です。

中止になりにくい理由は、会場の立地。花火を上げる熱海湾は、すり鉢状の山に囲まれた地形をしているため、風や波の影響を受けにくい恵まれた立地にあります。

熱海なら、よっぽどのことがないと花火は中止にならない。この安心感があるだけで、旅のプランニングがぐっとしやすくなります。

熱海の花火大会が最高の立地!と言われる理由

写真:安藤 美紀

地図を見る

さらに、この地形が生み出す“音の反響効果”はバツグンです。まず音が大きい!そして響く!大迫力の重低音を全身で受け止める感じが、胸を打ちます。

全国いたるところで花火大会が行われていますが、これだけ環境が整った場所は、日本でも稀。花火の関係業者が、熱海の花火を絶賛する理由はここにあります。

熱海の花火大会が最高の立地!と言われる理由

提供元:熱海市観光協会

https://www.ataminews.gr.jp/地図を見る

「熱海海上花火大会」の開始時間は、ちょっと遅めの8時台です。所要時間は夏が30分間、それ以外の季節は25分間。時間は短くても、その内容は濃厚。上を見ていても疲れないように、一気に花火を打ち上げます。

毎年、8月ラストの開催日(2019年8月30日)は、20号玉(特大2尺玉)が1発だけ上がります。この花火は、500mの高さまで打ち上がり、直径500mまで広がる超特大サイズ!その後に続く「大空中ナイアガラ」と合わせて見ると、感動的な思い出が作れますよ。

【子どもと一緒に】6歳未満は無料のドキドキ船上花火

【子どもと一緒に】6歳未満は無料のドキドキ船上花火

写真:安藤 美紀

地図を見る

では、ここから、シチュエーション別のベスト鑑賞スポットをご紹介していきましょう!

まずは子連れ旅編から。

潮風を浴びながら、アドベンチャー気分に浸れる船上花火クルーズは、大人はもちろん、キッズたちも大興奮!しかし、実際船に乗ってみると、屋根が花火の邪魔をする。意外と距離が遠かったという声が上がるのも事実…。

そこでおすすめなのが「熱海マリンスポーツクラブ」の船上花火クルーズ。ここなら、屋根のない船で見られて、花火との距離がとにかく近い。しかも、6歳未満のお子様は無料!

【子どもと一緒に】6歳未満は無料のドキドキ船上花火

写真:安藤 美紀

地図を見る

乗り場は、熱海で一番古い港「横磯港」。防波堤の内側からサッと入れるので、花火の鑑賞スポットまで5分もかからず行けます。あっという間に到着するので、船酔いの心配もいりません。そして、屋根のない船だから、障害物がない分、どこに座っても見晴らしは最高です。

動画:安藤 美紀

地図を見る

小気味よい破裂音を響かせる音玉。何段階にも美しい変化を見せる鑑賞玉。つぎつぎと間髪入れず打ち上がる早打ち!いろいろな大きさの玉を同時に点火して、一瞬、夜空に巨大な火の花をひらくシーンを動画でお楽しみください。

船上から見る熱海の夜景にも目を奪われます。

<船上花火クルーズの基本情報>
所要時間:約1時間15分
料金:6歳以上3900円(7月と8月は4400円)
※前日の15時までに要予約

【カップル向け】カフェでゆったり花火鑑賞

【カップル向け】カフェでゆったり花火鑑賞

写真:安藤 美紀

地図を見る

「熱海海上花火大会」にカップルで行くなら、待ち時間をどう過ごすかが重要。先程の「熱海マリンスポーツクラブ」は、熱海の花火を真正面で見られるビーチサイド沿いにあるお店。2Fのカフェは、こだわりのドリンクを飲みつつ、ゆったり花火鑑賞も楽しめる、カップルに最高のスポットです。

【カップル向け】カフェでゆったり花火鑑賞

写真:安藤 美紀

地図を見る

花火鑑賞の時間帯は、ソフトドリンク1杯付きだから、飲み物の心配はなし。トイレもすぐ行けるから安心です。

ここで提供されるのは、貴重な熱海の無農薬の梅を使った自家製「梅酒」や、伊豆の無農薬レモンと国産はちみつを使った生レモンスカッシュなど、こだわりのドリンクの数々。映えるドリンク「青いお茶・バタフライピー」もチェック!

【カップル向け】カフェでゆったり花火鑑賞

写真:安藤 美紀

地図を見る

花火が始まると店内の照明を消し、花火鑑賞のスタート。近い場所で見られるから、室内でも迫力満点です!

熱海には、店内で花火を鑑賞できるお店がいくつかありますが、ここは「ワンドリンク付き」なのが鍵!多くの店は席をチャージするだけで、同等の料金。飲み物が付くお得感と、心地よいお籠り感がおすすめしたいポイントです。

<店内花火鑑賞>
料金:カウンター特等席2000円、テーブル席1500円。
※ソフトドリンク1杯付き
※要予約

【友達みんなで】気軽に楽しめるビーチへ

【友達みんなで】気軽に楽しめるビーチへ

写真:安藤 美紀

地図を見る

友達同士、みんなでワイワイ熱海の花火を楽しみたいなら、熱海を代表する「サンビーチ」へ行くのが一番。昼は海水浴場、夜は花火の特等席に一変します。

ただし、場所をキープする前に、レジャーシートや折りたたみできる小さい椅子を用意するのをおすすめします。忘れた方は、熱海駅隣接のラスカ熱海にある100円ショップを活用すると便利。

【友達みんなで】気軽に楽しめるビーチへ

写真:安藤 美紀

地図を見る

サンビーチの南側に位置する「親水公園」周辺へ行くと、屋台がいくつか出ていて、お祭り気分が一気に高まります!ただし、「親水公園」は人気スポットなので混雑必至。1時間ほど前にはお目当ての場所を確保した方がよさそうです。(シート等のみ置いての場所取りは禁止。7〜9月は有料観覧席・宿泊者観覧席あり。)

【友達みんなで】気軽に楽しめるビーチへ

写真:安藤 美紀

地図を見る

もう1つ、サンビーチで穴場のスポットが、こちら!「ローソン熱海サンビーチ店」。このローソンは、2Fにデッキスペース付き。そして店内には、浮き輪やサングラス、クーラーボックスなどビーチグッズが満載なのです。

早いもの勝ちにはなりますが、2Fは椅子やテーブルもあるし、嬉しいことに無料!気軽にいろんな楽しみ方ができる、マル秘スポットです。

【女子旅向き】話題のリゾートで楽しむ、花火&温泉

【女子旅向き】話題のリゾートで楽しむ、花火&温泉

提供元:熱海ベイリゾート後楽園

https://atamibayresort.com/地図を見る

熱海には「日帰り入浴可」の施設がたくさんありますが、なかでも女子旅向けなのが、2019年3月末にオープンした「熱海ベイリゾート後楽園」です。フォトジェニックな館内には、おしゃれな休憩スペースが用意されていて、写真を撮ったり、おしゃべりするのにピッタリ!

ちなみに露天風呂は、熱海初となる露天立ち湯。浮遊感が気持ちいい絶景温泉と花火のコラボは、きっと最高の思い出になるでしょう。「熱海ベイリゾート後楽園」の営業時間は23時までとたっぷり。17時以降に入館すれば、割引サービスもありますよ。

歴史ある温泉地でありながら、最近はインスタ映えするスイーツショップが急増し、おしゃれな顔も持つ熱海。さらに、花火もコンスタントに楽しめるので、日帰りでリフレッシュするには最適です。はじめて熱海の花火を見る方もリピーターの方も、こちらのガイドを参考に「ここがベスト!」な場所を見つけて、もっと熱海の花火をお楽しみくださいね。

熱海海上花火大会の基本情報

打ち上げ場所:熱海湾(雨天決行)
住所:静岡県熱海市渚町地先
問い合わせ先:0557-85-2222 (熱海市観光協会)
アクセス:熱海駅から徒歩約20分(親水公園まで)

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/06/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -