オテル ドゥ クリヨンで心地よい贅沢を。パリの最高位・パラスホテル

| フランス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

オテル ドゥ クリヨンで心地よい贅沢を。パリの最高位・パラスホテル

オテル ドゥ クリヨンで心地よい贅沢を。パリの最高位・パラスホテル

更新日:2019/07/12 14:30

小浜 みゆのプロフィール写真 小浜 みゆ アラサー女子旅ライター、トラベルフォトグラファー

フランス・パリに、世界のセレブリティが「泊まるほどにファンになる」と評判のホテルがあります。それが歴史ある最高級ホテル「オテル ドゥ クリヨン」。5ツ星ホテルの中でも最高位「パラス」に認定されている、確かな質と心地よさを感じられるホテルです。宿泊者以外も利用できる、ブラッスリーもあわせてご紹介します。

パリを代表するパラスホテル「オテル ドゥ クリヨン」

パリを代表するパラスホテル「オテル ドゥ クリヨン」

写真:小浜 みゆ

地図を見る

オテル ドゥ クリヨン, ア・ローズウッド・ホテル(Hotel de Crillon, A Rosewood Hotel)は、コンコルド広場に佇むフランス・パリを代表する高級5ツ星ホテル。1909年創業の歴史あるホテルですが、2013年に改装のためその扉は閉ざされました。

そして約4年間もの時を経て2017年に生まれ変わったオテル ドゥ クリヨンは、歴史的価値や優れたサービスなど多くの難しい条件をクリアし、2018年に最高級ホテルに与えられる最高位の称号「パラス」に認定。

1758年に建てられた歴史ある建物を尊重しながら、モダンな設備や細部に宿るおもてなしで、訪れるゲストを魅了しています。

パリを代表するパラスホテル「オテル ドゥ クリヨン」

写真:小浜 みゆ

地図を見る

改装はフランス王妃「マリー・アントワネット」をテーマに行われ、美しく洗練されたデザインへと新調。元々宮殿だったオテル ドゥ クリヨンとマリー・アントワネットは深い関係があり、実際に「マリー・アントワネットの間」という、彼女がピアノレッスンを受けていた部屋もあるんですよ。

注目は伝説的デザイナー「カール・ラガーフェルド」が内装を手がけた、シグネチャースイート。眩しいほどに美しい大理石のバスルームや、ヴェルサイユ宮殿から取り寄せたという洗面所など、カール・ラガーフェルドにしかできなかったデザインを全身で体験できる空間です。

パリを代表するパラスホテル「オテル ドゥ クリヨン」

写真:小浜 みゆ

地図を見る

オテル ドゥ クリヨンの特徴として驚くのが、ラグジュアリーなのに堅苦しくない雰囲気。最高級ホテルで気になる服装ですが、ジーンズでも問題なし。ホテル内のミシュラン星つきレストランでも、ネクタイを付ける必要はなくスマートカジュアルでOKです。

感じられるのは、「高級感あふれるラグジュアリーな空間で、心からくつろいで欲しい」というホテルの想い。心地よい滞在が評判を呼び、世界的なセレブリティから人気を集めています。

心地よい、確かな"質"。シンプル&ラグジュアリーな客室

心地よい、確かな"質"。シンプル&ラグジュアリーな客室

写真:小浜 みゆ

地図を見る

客室はスイートとシグネチャースイートのほか、ゲストルームがデラックスルーム、プレミアルーム、グランドプレミアルームの3種類。全部屋バトラーサービスつきで、見た目にはシンプルだけれども、確かな質を感じる設えが特徴です。

心地よい、確かな"質"。シンプル&ラグジュアリーな客室

写真:小浜 みゆ

地図を見る

例えばふかふかのフランス製ピロー&ドゥベ、イタリア製の高品質ハンガー、クリストフルのカトラリー、革張りのエスプレッソマシン…。どれも家で使いたくなるほど、最高級のものばかり。1泊、2泊…と宿泊を重ねるたびにお部屋のファンになってしまいます。

心地よい、確かな"質"。シンプル&ラグジュアリーな客室

写真:小浜 みゆ

地図を見る

白を基調とした大理石のバスルームは、シャワー・バスタブ・トイレ別でゆったりとした空間。フランス発コスメブランド「Buly 1803」の石鹸・ボディローションや、フリルのついたシャワーキャップは女心をくすぐる嬉しいバスアメニティです。

ゆるりと癒されて。美しいプール&スパ

ゆるりと癒されて。美しいプール&スパ

写真:小浜 みゆ

地図を見る

オテル ドゥ クリヨンに宿泊したら、ぜひとも利用したいのがプール。太陽光が差し込む、エメラルドグリーン×ゴールドのプールはうっとりしてしまうほどの美しさです。

ゆるりと癒されて。美しいプール&スパ

写真:小浜 みゆ

地図を見る

さらに「センス, ローズウッド・スパ(Sense, A Rosewood Spa)」で癒されるのもおすすめ。フェイシャルトリートメントは、元フジテレビアナウンサー中村江里子さんの旦那様が手掛けるフランスコスメブランド「エヴィドンス ドゥ ボーテ(Evidens de Beaute)」が採用されています。

宿泊者以外も利用可能。ミシュラン店からブラッスリーまで

宿泊者以外も利用可能。ミシュラン店からブラッスリーまで

写真:小浜 みゆ

地図を見る

オテル ドゥ クリヨンで、ぜひとも楽しみたいのがグルメ。ミシュラン一つ星レストラン「レクラン(L’Ecrin)」、アフタヌーンティーが楽しめるティールーム「ジャルダン・ディヴェール(Jardin d’Hiver)」、バー「レ・ザンバサドール(Les Ambassadeurs)」といったダイニングがあり、宿泊者以外も利用できます!

宿泊者以外も利用可能。ミシュラン店からブラッスリーまで

写真:小浜 みゆ

地図を見る

おすすめは若手新鋭シェフが手掛ける「ブラッスリー・ドモン(Brasserie d’Aumont)」。伝統的なフランス料理など、前菜、メインとアラカルトでカジュアルにいただけます。

何より嬉しいのが、なんと日本語メニューがあるんです!なにかとハードルの高いフランス料理店ですが、ここなら肩の力を抜いて、絶品のフレンチを楽しめますよ。値段の目安は前菜18〜56ユーロ、メイン24〜78ユーロ。

宿泊者以外も利用可能。ミシュラン店からブラッスリーまで

写真:小浜 みゆ

地図を見る

ぜひ食事の最後には、本場フランスのスイーツをデザートに。繊細かつ上品なオテル ドゥ クリヨン・クオリティのケーキは、パリに来た幸せを実感できる味わいです。

パラスホテル「オテル ドゥ クリヨン」で"心地よい"贅沢を

歴史ある建物とラグジュアリーな雰囲気のなか、心地よいおもてなしでゲストを迎えてくれるパラスホテル「オテル ドゥ クリヨン」。パリの一等地にあり、ルーブル美術館、シャンゼリゼ通り、ヴァンドーム広場が徒歩圏内。そしてエッフェル塔、グランパレを見渡せる最高の立地です。フランスらしさを存分に体験できるホテルで、パリ旅行を彩ってみてはいかがでしょうか。

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -