アムステルダム・ダム広場周辺で訪れたいオススメスポット

アムステルダム・ダム広場周辺で訪れたいオススメスポット

更新日:2019/06/25 09:33

高野 祥のプロフィール写真 高野 祥 絶景フォトグラファー、オシャレスポット探訪家
ダム広場は、オランダ・アムステルダムへ観光で訪れた人が必ずと言っていいほど訪れるマストスポット。街の中心でもあり、この周囲には王宮やショッピングモール、教会、オシャレなホテルなどが集結しています。どこもクラシカルで素敵な建物ばかり!今回は、ダム広場から半径約300m範囲にある、オススメの観光・ショッピング・フォトジェニックスポットやオシャレホテルなどをご紹介いたします。

まずは定番のダム広場

まずは定番のダム広場

写真:高野 祥

地図を見る

ダム広場周辺には王宮や新教会、デパートなど、大きな建物が沢山あるので、建築が好きな方も楽しめるスポット。東京でもお馴染みの蝋人形館「マダム・タッソー」もあります。

<ダム広場の基本情報>
住所:Dam, 1012 JS Amsterdam

まずは定番のダム広場

写真:高野 祥

地図を見る

「アムステルダムの王宮 (Koninklijk Paleis Amsterdam)」は、元々1665年に市庁舎として建てられました。1808年からナポレオン皇帝の弟ルイ・ボナパルト王が生活拠点として使い始め、王宮となったという異色の経緯があります。

<アムステルダムの王宮の基本情報>
住所:Nieuwezijds Voorburgwal 147, 1012 RJ Amsterdam
入館時間:10:00〜17:00
開館日:公式サイトで要確認
入館料:大人10ユーロ、学生9ユーロ、18歳以下無料

まずは定番のダム広場

写真:高野 祥

地図を見る

同じくダム広場にある白い塔は、戦没者慰霊塔の「ナショナル・モニュメント (Nationaal Monument)」。サークル状の階段に座って一休みしたり、記念撮影する人々が沢山。

<国立モニュメントの基本情報>
住所:Dam, 1012 JL Amsterdam

ショップが建ち並ぶストリート

ショップが建ち並ぶストリート

写真:高野 祥

地図を見る

ダム広場を中心とする半径600メートル、特に南北方向には、非常に沢山のお店が建ち並んでおり、観光客で溢れかえっています。

ダム広場から南へと伸びるストリート「カルフェル通り (Kalverstraat)」には、ファストファッションやコスメショップなどが多数!

ショップが建ち並ぶストリート

写真:高野 祥

地図を見る

ダム広場から北へと伸びるショッピングストリート「ニーウェンデイク(Nieuwendijk)」と、東側の大通り「ダムラク (Damrak)」を行き来できる通路「ビュールシュ・パッサージェ (Beurs passage)」は、天井が非常に美しいフォトジェニックスポット。モザイクタイルで装飾されており、海の生物が至る所にあしらわれているのが特徴。照明器具も可愛らしいので要チェック!

<ビュールシュ・パッサージェの基本情報>
住所:Beurspassage 1, 1012 LW Amsterdam

ショップが建ち並ぶストリート

写真:高野 祥

地図を見る

低価格の生活雑貨やアパレル、バラエティグッズなどを買いたい方は、「ヘマ (HEMA)」や「プライマーク (PRIMARK)」を覗いてみて下さい。特に「ヘマ (HEMA)」はオランダのブランドで、市内には数店舗展開しています。お土産に使えるアイテムが見つかるかも!

<ヘマ・ニーウェンデイク店の基本情報>
住所:Nieuwendijk 174-176, 1012 MT Amsterdam
電話番号:+31-20-623-4176
営業時間:9:00〜21:00、日曜は10:00〜19:00
定休日:無休

雰囲気抜群!インテリアがカワイイオシャレホテル

雰囲気抜群!インテリアがカワイイオシャレホテル

提供元:Soho House Amsterdam

http://www.sohohouseamsterdam.com/en地図を見る

1930年代に建てられた元商社のオフィスをリノベーションした「ソーホーハウス・アムステルダム (Soho House Amsterdam)」は、天井が高く、上品でハイセンスなインテリアが魅力のホテル。基本は会員制ですが、そうでない方も公式サイトから予約可能。アメニティや備品は、日本の高級ホテル以上に充実しているので、非常に満足度の高い特別なステイができるでしょう。

雰囲気抜群!インテリアがカワイイオシャレホテル

提供元:Soho House Amsterdam

http://www.sohohouseamsterdam.com/en地図を見る

グラウンドフロアのレストラン「チェッコーニズ (Cecconi’s)」では、手作りパスタやピッツァなどの本格北イタリア料理を楽しめます。月〜水曜の15時〜18時の間はアペリティーヴォ(食前酒)アワーが設けられており、日曜の12時から16時の間はブランチブッフェも提供されます。

<チェッコーニズの基本情報>
電話番号:+31-20-888-0304
営業時間:12:00〜0:00
定休日:無休

雰囲気抜群!インテリアがカワイイオシャレホテル

提供元:Soho House Amsterdam

http://www.sohohouseamsterdam.com/en地図を見る

アムステルダムはリゾート地ではありませんが、ルーフトッププールで贅沢に日向ぼっこが出来ます。クラブフロアとルーフトッププールは会員と宿泊者のみ利用可能。

<ソーホーハウス・アムステルダムの基本情報>
住所:Spuistraat 210, 1012 VT Amsterdam
電話番号:+31-20-888-0300

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

重厚感のあるショッピングモールと百貨店

重厚感のあるショッピングモールと百貨店

写真:高野 祥

地図を見る

アムステルダムの街なかにある建物は、ほとんどがクラシカルで趣のあるものばかり。ショッピングモール「マグナ・プラザ (Magna Plaza)」はテナント数少なめですが、外観・内観共に重厚感があり、建物自体に魅力のある施設です。

<マグナ・プラザの基本情報>
住所:Nieuwezijds Voorburgwal 182I, 1012 SJ Amsterdam
営業時間:10:00〜22:00 (店舗により異なる場合あり)

重厚感のあるショッピングモールと百貨店

写真:高野 祥

地図を見る

「ナショナル・モニュメント」のすぐ北隣りにある建物は、老舗デパート「デ・バイエンコルフ (De Bijenkorf)」。こちらも外観がフォトジェニックで見応えたっぷり!

重厚感のあるショッピングモールと百貨店

写真:高野 祥

地図を見る

館内は日本の百貨店的な雰囲気。コスメやハイブランドのアパレル品、キッチンアイテム、書籍などが取り揃えられています。

最上階にはフードコート風のレストランがあり、イタリアンや和食、アジアン、スイーツなど、好きなものを気軽に召し上がれます。結構広く、意外と人が少ないので、ゆっくり食事したい時にオススメな穴場スポット。

<デ・バイエンコルフの基本情報>
住所:Dam 1, 1012 JS Amsterdam
電話番号:+31-88-245-4488
営業時間:10:00〜21:00 (日・月は11:00〜)
定休日:無休

絶景が楽しめるルーフトップバー

絶景が楽しめるルーフトップバー

写真:高野 祥

地図を見る

ホテル「W アムステルダム (W Amsterdam)」の6階、絶景を楽しめるルーフトップバー「W ラウンジ (W Lounge)」は、今風のカジュアルな雰囲気で若者に大人気のスポット。黒とゴールドを基調としたインテリアは、夜になるとクラブのよう。

絶景が楽しめるルーフトップバー

写真:高野 祥

地図を見る

「W アムステルダム」のアイコン的な存在の長細プールは、ついつい写真を撮りたくなるスポット。道路を挟んだ向かいにある「王宮」と、ショッピングモールの「マグナ・プラザ」が入るように撮影するのがポイント!

絶景が楽しめるルーフトップバー

写真:高野 祥

地図を見る

寒い日は、暖炉にあたりながらカクテルや軽食などをお楽しみ下さい。

<W ラウンジの基本情報>
住所:W Hotel, Spuistraat 175, 1012 VN Amsterdam
電話番号:+31-20-811-2500
営業時間:7:00〜2:00 (金・土は3:00まで)

ダム広場からの徒歩圏内に見所は盛り沢山!

今回は、アムステルダムの中心ダム広場から徒歩ですぐアクセスできる、定番観光スポットやショッピングエリア、オシャレホテルなどをご紹介しました。もう少し足を延ばせば、まだまだ見所は盛り沢山!コンパクトにまとまっているアムステルダムの街を散策しつつ、素敵な景色を楽しんで下さいね!

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/27−2019/06/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -