紅茶だけじゃない!インド・ダージリンの過ごし方5選

| インド

| 旅の専門家がお届けする観光情報

紅茶だけじゃない!インド・ダージリンの過ごし方5選

紅茶だけじゃない!インド・ダージリンの過ごし方5選

更新日:2019/07/21 11:57

wanderlust tomokoのプロフィール写真 wanderlust tomoko シヴァナンダ ヨガのインストラクター
インドの「ダージリン」は標高約2000メートルに位置する高原地で、そこには“あつい”インドは存在しないのです。

インドならではの無秩序はやや控えめ、紅茶農園をはじめとした緑豊かな自然とその眺望、イギリスとチベット文化もミックスし、ステレオタイプなインドとは違う雰囲気を持つ街。

インドらしからぬ街・ダージリンで欠かせない過ごし方を5つ厳選してご紹介します。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

神々しいカンチェンジュンガとご来光を拝もう!

神々しいカンチェンジュンガとご来光を拝もう!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

インドの高原地・ダージリンで欠かせないことがこのご来光と、ヒマラヤ山脈の一部をなす世界で3番目の高さを誇る「カンチェンジュンガ」の眺望。

雲海から顔を出す太陽と、朝の清々しい空気の中で一段と輝きを放つ標高8586メートルのカンチェンジュンガを眺めることは、新しい1日を始めるのにこの上ない贅沢なこと。

この最上級の風景は、ダージリンの街から約10キロメートル、標高2590メートルのタイガーヒル展望台からのもの。

神々しいカンチェンジュンガとご来光を拝もう!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

展望台にはとにかくインド人観光客が溢れているのでかなりの体力と根性が必要。さらに標高が高いためと早朝の時間帯のため、かなり冷え込みます。

それでも日が昇る瞬間に赤く染まるカンチェンジュンガは、疲れも寒さも一気に吹き飛ばしてくれます。

年間通してこの景色が堪能できるわけではないので、ある程度の計画と運が必要。6月中旬から9月いっぱいのモンスーンの時期と12月から2月の冬の時期は避けた方がよいでしょう。

<タイガーヒルの基本情報>
アクセス:ダージリンの街から約10キロメートル
ホテルでタクシーを手配、もしくはガンジーロードとNerhu Roadが交わる広場から乗り合いジープかタクシー(僧院とバタシアループにも立ち寄ります)

チベット仏教僧院と鉄道のループ線を訪れてみよう!

チベット仏教僧院と鉄道のループ線を訪れてみよう!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

ご来光とカンチェンジュンガの後には、チベット仏教のサムテンチョリン僧院へ行くのが恒例。門をくぐったとこにある建物は一見シンプルですが、中はカラフルな色で飾られています。約4.5メートルもの巨大なブッダの銅像が見もの。

建物の裏側に回って階段を上がると、今見てきたばかりのカンチェンジュンガをまた別の角度から見ることができます。

グームモナストリーと呼ぶ人が多いのですが、実際のグームモナストリーは、近くのイガチョリン僧院のことなのでご注意くださいね。

<サムテンチョリン僧院の基本情報>
住所:Ghoom, Darjeeling, West Bengal

チベット仏教僧院と鉄道のループ線を訪れてみよう!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

ダージリンヒマラヤ鉄道のループ線の一つ、バタシアループもご来光と一緒に訪れるのに欠かせない場所。行くまでの道中には車が走るすぐ脇に鉄道の線路があり、まるで路面電車のよう。

電車が走っていないときには、品物をそこら中に並べ商売が繰り広げられていて、これぞインド!な面を肌で感じることができます。

チベット仏教僧院と鉄道のループ線を訪れてみよう!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

バタシアループの周囲は、約4500平方メートルに広がる公園。時期によっては日本の紅葉のように色トリドリな葉っぱや花が一面を覆います。

ループの中は、インド独立後の戦争で命を絶った兵士への慰霊碑と銅像が建てられています。

この360度に広がる絶景と、その先には、天気がよければ写真のようにカンチェンジュンガが姿を現してくれるのです。

<バタシアループの基本情報>
住所:West Point, Darjeeling, West Bengal

インド、イギリス、チベットが混在!ダージリンの街を散策しよう

インド、イギリス、チベットが混在!ダージリンの街を散策しよう

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

ダージリンの街は、ステレオタイプなインド、イギリス植民地時代の名残、そしてチベット人が多いためチベット文化とが混在する、インドの他のどこの街とも違う印象。

街歩きで欠かせない場所の一つがこの時計台。ここから街の目印チョーラスター広場まで歩いてみましょう(約500メートル)。

インド、イギリス、チベットが混在!ダージリンの街を散策しよう

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

写真のチョーラスター広場周辺には雑貨を売るマーケットや、食べ物の屋台で賑わいインドらしい雰囲気。ここから約500メートルのところにアンドリュー教会があり、インドの中のイギリスがここでも感じられます。

そしておすすめは、モールロードにある「オブザーバトリーヒル展望台」。ベンチがありのんびりと過ごせます。ここからの風景は、ダージリンがインド人にとっての避暑地ということを実感する美しさ。さらにモールロードを登り続けると、カンチェンジュンガを望めることも。

インド、イギリス、チベットが混在!ダージリンの街を散策しよう

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

チベット人が多く住み、チベット文化を至る所で感じるのもこの街の特徴。インドのどこの街よりも美味しい!と感じるチベット料理レストランに出会えるはず。

特に写真の「テントゥク」は、ワンタン入りの具沢山スープで、満足感あり体もあったまります。

数あるレストランの中でも間違いないのは「Kunga Restaurant」。

<クンガ レストランの基本情報>
住所:51, Gandhi Road, Chauk Bazaar, Darjeeling, West Bengal
電話番号:+91-95635-63219
アクセス:チョーラスター広場から徒歩で約10分、時計台から約2分

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

まるで遊園地!トイトレインに乗ってみよう

まるで遊園地!トイトレインに乗ってみよう

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

ダージリンの象徴の一つでもあるのがこのトイトレイン(ダージリンヒマラヤ鉄道)。ダージリンへの電車での最寄駅ニュージャルパイグリ駅から、ダージリン駅を結ぶものを始めとして5種類あります。

ダージリン駅とグーム間を走るジョイライドでは2時間で往復するので手軽に楽しめます。民家の間や車の近くすれすれのところをゆっくりとしたスピードで走る蒸気機関車は、まるで巨大遊園地のアトラクションのよう。

乗車中には、先ほどご紹介したバタシアループも通り、10分ほど停車します。

まるで遊園地!トイトレインに乗ってみよう

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

ダージリン駅からの景色が、街とは違うダージリン。写真では、残念ながら雲がかかっていて写ってはいませんが、天気がよければカンチェンジュンガを見ることもできるのです。

トイトレインの中でも蒸気機関車を利用しているのは、ジョイライドのみ。この区間でも、時間帯によって蒸気機関車とディーゼルになるのでタイムスケジュールでご確認くださいね。

<ダージリン駅の基本情報>
住所:Hill Cart Rd, Limbugaon, Darjeeling, West Bengal

でもやっぱり紅茶は欠かせない!農園を訪れてみよう

でもやっぱり紅茶は欠かせない!農園を訪れてみよう

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

紅茶の一大生産地として有名な「ダージリン」の街は、山の斜面に突如現れたかのよう。

街を美しくしているのがこの紅茶農園と、周囲に広がる緑豊かな山々。空気も澄んでいてインドにいることを忘れてしまうような穏やかさ。

もちろん街には、本場の紅茶を堪能できるカフェもあります。コーヒー通でもここではコーヒーを離れて紅茶を味わってみましょう。

でもやっぱり紅茶は欠かせない!農園を訪れてみよう

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

坂道が多く標高も高いので体力と注意が必要ですが、街の中心を離れて歩いて見て回るのがおすすめ。

紅茶農園は街から少し離れているのですが、そこに行くまでの道がまた期待を裏切らないのどかな風景が広がっています。

でもやっぱり紅茶は欠かせない!農園を訪れてみよう

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

ダージリンには見学できる紅茶農園がいくつかあるのです。最高級の茶葉がどうやって生まれるのか、出荷までどのような行程をたどっているのか気になりませんか?

おすすめの一つは、日本にも輸出されているハッピーバレー。ツアーと試飲は100ルピー(約160円/2019年6月現在)。色々試してからお気に入りを購入することができますよ。

紅茶と一言で言ってもたくさんの種類と香りがあり、ガイドさんの話を聞きながら、紅茶の美味しい入れ方まで学ぶことができます。

<ハッピーバレーの基本情報>
住所: Lebong Cart Rd, Chauk Bazaar, Near, Darjeeling, West Bengal
電話番号:+91-80177-00700
アクセス:ダージリンのチョーラスター広場から約1.5キロメートル

紅茶だけじゃない!ダージリンの魅力

ダージリンの魅力の一つは、なんと言っても本場の紅茶農園。でもそれ以外に自然、そしてミックスする文化、涼しいインドを体験できるのが特徴。

今回ご紹介した以外にもヒマラヤ山脈トレッキングあり、かつて王国だったシッキムへの玄関口でもあるのです。(シッキムへ行くには許可証が必要)

インドを訪れてもダージリンはついつい後回しになってしまいそうですが、違うインドに浸ることができる不思議な街なのです!

ダージリンは3月から5月と、10月、11月がベストシーズン。涼しい、ときには寒いインドなので服装など持ち物は事前にチェックすることをおすすめします。

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2015/10/23−2015/10/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -