洗練されたデザイン「ザ ロイヤルパーク キャンバス 大阪北浜」で出張もレジャーも

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

洗練されたデザイン「ザ ロイヤルパーク キャンバス 大阪北浜」で出張もレジャーも

洗練されたデザイン「ザ ロイヤルパーク キャンバス 大阪北浜」で出張もレジャーも

更新日:2019/06/25 12:12

シカマ アキのプロフィール写真 シカマ アキ 旅行ジャーナリスト、フォトグラファー、航空旅行アドバイザー

ロイヤルパークホテル「CANVAS(キャンバス)」シリーズで、名古屋、東京・銀座に続く3つ目のホテルが、大阪・北浜に2019年6月7日開業。主な宿泊ターゲットは、デザインやライフスタイルへの感度が高いミレニアル世代。駅からすぐの立地、客室は機能的でシンプルなデザイン、いつでもコーヒーが飲めるラウンジ、朝食に具材が選べるサラダトーストを提供し、ビジネス、レジャーの利用もおすすめのホテルです。

大阪のオフィス街・北浜エリア、どこへ行くにも便利な場所

大阪のオフィス街・北浜エリア、どこへ行くにも便利な場所

写真:シカマ アキ

地図を見る

「ザ ロイヤルパーク キャンバス 大阪北浜」は、大阪メトロ堺筋線・京阪電車の北浜駅(3号出口)に隣接し、雨が降っていても濡れずにアクセスできる便利な場所にあります。

また、大阪メトロ御堂筋線・京阪電車の淀屋橋駅より徒歩約8分であるほか、新大阪から最短約16分、関西国際空港から約70分(公共交通機関)/約50分(車)、大阪国際空港(伊丹空港)からも約55分(公共交通機関)/約20分(車)です。梅田やなんば・心斎橋、大阪城、さらに京都へのアクセスも便利。ホテルの隣が、大阪取引所の建物(大阪証券取引所ビル)です。

大阪のオフィス街・北浜エリア、どこへ行くにも便利な場所

写真:シカマ アキ

地図を見る

ホテルのフロントは2階。エレベーターまたは階段でアクセスできます。

フロントでチェックインをしてカードキーを受け取り、後方にある精算機で宿泊代金を支払います(未支払の場合)。チェックアウト時も同じ機械で行うため、スムーズです。

大阪のオフィス街・北浜エリア、どこへ行くにも便利な場所

写真:シカマ アキ

地図を見る

精算機の横に、客室で利用できるアメニティが自分好みで選べる「キャンバスピックアップ」があります。

お茶のティーバッグ各種、ヘアブラシやボディタオル、綿棒のほか、女性向けにスキンケア用品のセットや顔シートパック(フェイスマスク)などもあります。カミソリも通常用に加えて女性用があるのもうれしい点。フェイスマスクも種類があり、これも好みで選べます。

全室禁煙7タイプの客室

全室禁煙7タイプの客室

写真:シカマ アキ

地図を見る

ホテルは12階建て、2階から12階までが客室です。客室は7タイプ、全238室。全室禁煙です(ホテル内に喫煙スペースあり) Wi-Fiは全館無料。

ベッドの上のクッションなど、全室にライオン(※)のモチーフを取り入れ、モダンクラシックな額縁のアートワークが飾られています。その壁の色は客室によって異なり、グリーン、グレー、イエローの3色です。※ライオンについては後述

全室禁煙7タイプの客室

写真:シカマ アキ

地図を見る

このホテルで最もシンプルに泊まれる客室が「コンフォートダブル」です。1〜2名用で、単身出張やカップル向け。部屋の広さは14.8〜18.2平方メートルとそれほど広くないものの、冷蔵庫やセキュリティーボックスなど必要なものはしっかり配備。ベッドサイドに電源、USBポート、照明のスイッチもあります。バスルームはシャワーブースのみ。

全室禁煙7タイプの客室

写真:シカマ アキ

地図を見る

2人でゆっくり泊まるなら、「スタンダードツイン」がおすすめ。コンフォートダブルよりも6平方メートルほど広く、ベッドも2台あるので、よりゆったりとした空間で過ごすことができます。この客室もシャワーブースのみ。

なお、ベッドは全室シモンズ社製を採用、バスルームではドイツの老舗メーカーで知られるハンスグローエ社のレインシャワーで旅の疲れを癒すことができます。モダンレトロでおしゃれなタイルの客室もあります。

ワンランク上の滞在、スーペリアルームはバスタブ付き

ワンランク上の滞在、スーペリアルームはバスタブ付き

写真:シカマ アキ

地図を見る

さらに快適なホテルライフを過ごしたい人向けに、ワンランク上の「スーペリアダブル」「スーペリアツイン」がおすすめです。客室の広さはそれぞれ22.6〜24.3平方メートル、24.4〜26.1平方メートルと広めです。

ワンランク上の滞在、スーペリアルームはバスタブ付き

写真:シカマ アキ

地図を見る

この客室タイプには、洗い場付きのバスタブがあるのが特徴。レインシャワーは、他の客室と同様です。小さな子どもがいるファミリーでの利用にもおすすめ。洗面台も広めです。ベッドの上のクッションはもちろん、ライオン(※) ※ライオンについては後述

ワンランク上の滞在、スーペリアルームはバスタブ付き

写真:シカマ アキ

地図を見る

その他、スイートが1室あります。スイートはこのホテルで最上級の客室。最上階の角部屋でもあり、大阪の夜景が客室内から楽しめるほか、ソファとテーブルもあって優雅な気分で過ごすことができ、バスルームも広めです。

居心地良い「ラウンジ」、自分で挽いて飲むコーヒーは格別

居心地良い「ラウンジ」、自分で挽いて飲むコーヒーは格別

写真:シカマ アキ

地図を見る

フロントの奥にある「CANVAS LOUNGE(キャンバスラウンジ)」はホテル滞在中、いつでも利用することができ、朝6時30分から10時までは朝食会場として、カフェ&バーは10時から24時まで(ラストオーダー23時) です。

上質感あるソファや椅子、テーブルは、大阪を代表する金融街・北浜の雰囲気にも合っています。

居心地良い「ラウンジ」、自分で挽いて飲むコーヒーは格別

写真:シカマ アキ

地図を見る

宿泊者にうれしいサービスが、コーヒーがマシンでいつでも無料で飲めること。ミネラルウォーター、ティーバッグで飲むお茶も数種類、用意されています。

さらに、自分でコーヒー豆を選び、電動ミルで挽き、ハンドドリップして飲めるコーナーも設置。地元・大阪にある「心斎橋焙煎所」で焙煎された数種類のコーヒー豆が常時用意されています。コーヒー豆をブレンドして作れば、その美味しさはまさに格別です。

また、アルコールを含むドリンクとスナックも全品500円で販売。パニーニもあり、ちょっとした軽食での利用もおすすめ。

居心地良い「ラウンジ」、自分で挽いて飲むコーヒーは格別

写真:シカマ アキ

地図を見る

天井の照明が、日中と夜では異なり、このラウンジの雰囲気がガラッと変わります。ここでは、ホテル周辺のワーカーや地元の人々と交流するイベントも定期的に開催されています。120インチのスクリーンやDJブースなども備えています。

ラウンジ併設のテラス席もおすすめ。季節が良い時期は心地よい風を感じながら、寛ぐことができます。ホテルのロビーとして、このラウンジで過ごすことができるほか、仕事の打ち合わせなども可能。電源が豊富にあるので、パソコンを持参して仕事にも集中しやすい環境です。

こだわりの朝食、ホテル内にいる「ライオン」にも注目

こだわりの朝食、ホテル内にいる「ライオン」にも注目

写真:シカマ アキ

地図を見る

ホテルでの朝食は、横浜ロイヤルパークホテルの総料理長監修「ワンプレートBreakfast」を提供(朝食なしプランだと1,200円)

まず、温かいスープが数種類から選べます。そして、トーストの上にブッフェ台に並ぶサラダや具材を自分好みに乗せていくスタイル。もちろんドリンク付きです。

トーストは、ホテル1階にある「パンカラト ブーランジェリーカフェ」製。10年連続ミシュランの星を獲得する大阪のフランス料理店「リュミエール」が手がけるブーランジュリーカフェで、ホテルと同時にオープンしました。もちもちサクサクのトーストには具材をたっぷり乗せて。スープも具だくさんで美味しく、朝から野菜を摂れて大満足。

こだわりの朝食、ホテル内にいる「ライオン」にも注目

写真:シカマ アキ

地図を見る

その他、ホテルにある「レンタルアイテムルーム」(4階)が宿泊者に便利。ドライヤーや美顔スチーマーなどは全室にある一方、くるくるドライヤーや空気清浄機、毛布、枕各種など、さらに客室で利用したいアイテムをピックアップして利用できます。

さらに、全階にアイロンコーナーがあるほか、コインランドリー(3台)もホテル内にあって、連泊する時に便利。1階には24時間営業のコンビニエンスストアもあります。

こだわりの朝食、ホテル内にいる「ライオン」にも注目

写真:シカマ アキ

地図を見る

先ほどの、お部屋のクッションでも見た、「ライオン」をホテル内のいたるところで見かけます。このライオンは、ホテルから近い難波橋、通称・ライオン橋に配置されている4体のライオンをモチーフとしています。

橋詰の4ヶ所にある阿(あ)と吽(うん)それぞれ2体ずつの石造ライオン像は、ホテルから徒歩で見に行くことができます。ホテル周辺は大阪取引所やモダンレトロ建築、おしゃれなカフェも多く、地元・大阪人にも人気の散策スポットです。

大阪で北浜という立地は、どこへ行くのにも実は便利

大阪・北浜はオフィス街。夜は静かで、落ち着いて過ごせます。リーズナブルで美味しいカフェやレストランがホテル周辺にはたくさんあるので食事の場所には困らず、コンビニエンスストアやドラッグストアなどもすべて徒歩圏内。

客室などはシンプルながら、ホテルに滞在する際に「これがあった良いのに」といつも思う、ベッドサイドの電源、Wi-Fi、自分で選べるアメニティコーナーなどすべてあるのが、さすが日系ブランドです。「ラウンジ」も快適で、いつでもコーヒーが飲める、パソコンで仕事もできる駅上のスポットはありがたい場所。関西出張で、ビジネスパーソンに人気が高まりそうです。

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/06/13−2019/06/14 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -