レトロ可愛い英国版の民宿 キュー・ガーデン「ニューエンズ」

| イギリス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

レトロ可愛い英国版の民宿 キュー・ガーデン「ニューエンズ」

レトロ可愛い英国版の民宿 キュー・ガーデン「ニューエンズ」

更新日:2019/06/30 17:27

小野 雅子のプロフィール写真 小野 雅子 わくわく探しの旅ライター

イギリスの宿泊施設にはホテルの他に「ベッド・アンド・ブレックファースト」という、いわば日本の民宿に近いものがあります。略してB&B(ビーアンドビー)と呼ばれ、その多くはパブの上階などを利用した家族経営による小規模なもの。ホテルと違いゴージャスな雰囲気はない反面アットホームで温かいおもてなしが嬉しいB&B「ニューエンズ」などは、その代表的なもの。きっと思い出深い旅の宿となりますよ。

老舗ティールーム「ニューエンズ」が経営するB&B

老舗ティールーム「ニューエンズ」が経営するB&B

写真:小野 雅子

地図を見る

ご案内するB&Bがあるのは、西ロンドンのリッチモンド・アポン・テムズ区にある町キュー。王立植物園として有名なキュー・ガーデンがある場所と言った方が、お馴染みかもしれませんね!キュー・ガーデンで最も大きい入口ヴィクトリア・ゲートから徒歩2分という立地上、広大な植物園でゆっくり時間を気にせず過ごしたい方には特にお勧め。

またウィンブルドン、リッチモンド、ヴィクトリア&アルバート美術館や自然史博物館などが建ち並ぶサウス・ケンジントンへも、最寄り駅キュー・ガーデンズからディストリクト線に乗れば短時間で行ける距離です。

老舗ティールーム「ニューエンズ」が経営するB&B

写真:小野 雅子

地図を見る

なお路線バス65番か391番に乗った場合は、「キューガーデンズ・ロード」という名前の停留所で降りると目の前。バスを降りたら秒で到着しますよ。

老舗ティールーム「ニューエンズ」が経営するB&B

写真:小野 雅子

地図を見る

ここにベーカリーを開店したのは1850年ですが、実は建物そのものは築300年以上。レトロで可愛い外観には、れっきとした理由があるのです!

ティールームの前に飾ってあるヴィンテージ・カーにペイントされた店名もその昔、焼き立てパンやお菓子を配送していた荷車に書かれていたのと同じ書体とデザイン。こういう細部にも、オーナーさん達の誇りと愛情を感じますね。

まずティールームへ!ヘンリー8世の愛したお菓子をご賞味しよう

まずティールームへ!ヘンリー8世の愛したお菓子をご賞味しよう

写真:小野 雅子

地図を見る

チェックイン・タイムは午後3時から。もしも早めに着いちゃった場合には荷物を預けて観光などに出かけたり、1階のティールームでひと休みするのも良いでしょう。こちらも建物の外観とイメージをたがわず、初めて来たのになぜか懐かしいような雰囲気が魅力です。

まずティールームへ!ヘンリー8世の愛したお菓子をご賞味しよう

写真:小野 雅子

地図を見る

小腹が空いているならば、ハイ・ティーがお勧め。ティー・サンドウィッチ5切れ(具はハム、キュウリ、スモークサーモン、エッグマヨ、チーズ)、超小ぶりなスコーン2個(フルーツ&プレーン各1個ずつ)にクロテッド・クリームと苺ジャム、そしてこの店自慢のお菓子メイズ・オヴ・オナーまたはお好きなケーキ1個。これに紅茶かコーヒーが付いて1人前17ポンドは、とてもリーズナブルな料金です。

ちなみにこの店ではお勘定書きにサービス料を加算していないので、サービスに満足したらチップを置くようにしましょう。イギリスでは料金の10%から15%が平均的なチップ額と言われています。

まずティールームへ!ヘンリー8世の愛したお菓子をご賞味しよう

写真:小野 雅子

地図を見る

こちらが「ニューエンズ」ご自慢の秘伝レシピで焼かれた、メイズ・オヴ・オナー(Maids of Honour)。王妃に仕える侍女という名前の起源は、ヘンリー8世まで遡ると言い伝えられているんですよ。

ある日リッチモンド宮殿で王妃つき侍女らがお菓子を食べていたところを見かけた彼は、自分も食べてみたところ大いに気に入ったため、そのお菓子にも彼女らの役職名を付けたとか。また別の説では、のちに彼の妻となるアン・ブーリンも王妃つき侍女としてそのお菓子を焼いていたからというのも。

一見ポルトガルのパステル・デ・ナタに似ていますが、あちらはカスタードが具。このメイズ・オヴ・オナーの具はチーズ・カード(Cheese Curds)という点が違います。ちなみにチーズ・カードというのはリコッタ・チーズやカテージ・チーズに似た食感の乳製品です。

優しい甘さで、ほっこり美味しいメイズ・オヴ・オナー。さすがはヘンリー8世のお済み付き!?

客室は2つ ヴィンテージ・スイートとグロスター・スイート

客室は2つ ヴィンテージ・スイートとグロスター・スイート

写真:小野 雅子

地図を見る

ティールームの2階を改装してB&Bを始めたのは、3年ほど前のこと。現在2室ありますが、将来的には現在オフィスになっている部屋も客室にして3室にする計画だそうです。

こちらの部屋はヴィンテージ・スイート。もう1つはグロスター・スイートという部屋でこれよりも少し広く、独立したダイニング・キッチンがあるので中長期滞在にも向いています。

客室は2つ ヴィンテージ・スイートとグロスター・スイート

写真:小野 雅子

地図を見る

築300年の家ですから所によっては床がやや傾いていたり、細かい部分にその年季を感じるのにも親しみが湧きます。ホテルと違うB&Bの本骨頂は、まるで親戚か友人の家にお泊りに来たようなアットホーム感。

スタッフの方々が「何かご用があったらいつでも声かけてくださいね、下にいますから!」と気さくに言う時の笑顔がとても良く、マニュアル対応じゃない気遣いを感じます。またティールームが閉店する夕方6時以降には緊急用の携帯電話番号を教えてくれるので、その点も心強いですね。

客室は2つ ヴィンテージ・スイートとグロスター・スイート

写真:小野 雅子

地図を見る

無料Wi-Fiはちゃんとした速さ、デスクやワードローブなど備え付け家具も使いやすい仕様です。なお小さなB&Bとはいえ各客室にシャワー&トイレが完備しており、共同ではありませんからご安心を!

出来立てイングリッシュ・ブレックファーストで始まる、極上の朝

出来立てイングリッシュ・ブレックファーストで始まる、極上の朝

写真:小野 雅子

地図を見る

ベッド・アンド・ブレックファーストという呼称が示すとおり、B&Bの宿泊料金は朝食込み。「ニューエンズ」では1階のティールームで朝食メニューの中から好きなものを注文し、出来立てアツアツを頂きます。

出来立てイングリッシュ・ブレックファーストで始まる、極上の朝

写真:小野 雅子

地図を見る

朝食メニューはバラエティ豊かでフル・イングリッシュ・ブレックファースト、オムレツなどの卵料理、またはシンプルに済ませたければベーカリーからの焼き立てパン・セットなど。フィルターコーヒーや紅茶はポットで運ばれてきて、どちらもお代わり自由です。

ちなみにイングリッシュ・ブレックファーストの代表的な組み合わせは卵、ソーセージ、ベーコン、焼いたトマトとマッシュルーム、ベイクドビーンズ(イギリス版の煮豆)。卵は目玉焼き、スクランブルドエッグ、ポーチドエッグなど調理法を指定します。

出来立てイングリッシュ・ブレックファーストで始まる、極上の朝

写真:小野 雅子

地図を見る

一方こちらはエッグズ・ベネディクト。食べてみるとクオリティの高さがハッキリ分かる肉厚ハムに、半熟ポーチドエッグの黄身がとろーり。まろやかなオランデーズ・ソースとともに、マフィンと絡めて頬張りましょう!またハムの代わりにスモーク・サーモンを使用する、ロイヤル・エッグズ・ベネディクトも選べますよ。

チェックアウトは午前11時 ショップでお持帰りも買ってみよう

チェックアウトは午前11時 ショップでお持帰りも買ってみよう

写真:小野 雅子

地図を見る

チェックアウトは原則的に午前11時となっていますが、そこは小規模経営の長所で多少フレキシブル。他にも何かにつけスタッフの方に相談すれば対応してもらえるのが便利です。

なおチェックインもチェックアウトも、ティールーム手前にあるベーカリー・ショップのお会計カウンターが兼任しています。美味しそうなパンやお菓子が並び、もちろん焼き立てのメイズ・オヴ・オナーも販売しています。

チェックアウトは午前11時 ショップでお持帰りも買ってみよう

写真:小野 雅子

地図を見る

スィーツだけでなく、軽食に重宝するお食事系も充実。ソーセージロール、お肉や野菜が具になっているパイ、キッシュなどが沢山あります。お昼や午後のおやつ用に買って帰るのも良いですね!

チェックアウトは午前11時 ショップでお持帰りも買ってみよう

写真:小野 雅子

地図を見る

なおB&B宿泊料金は、滞在日数が多くなると割引になる料金体系につき一概に言えないものの、ご参考までに。たとえばヴィンテージ・スイートに1泊ならば1室120ポンドからなので、短期だと多少お高めに感じるかもしれません。できれば数日間や1週間という短期アパート的な利用がお勧めです。家庭的なB&Bを利用して、暮らすようにロンドン滞在を楽しんでくださいね!

ニューエンズの基本情報

住所:Newens 288 Kew Rd, Richmond TW9 3DU
電話番号:+44-20-8940-2752
アクセス:地下鉄ディストリクト線キュー・ガーデンズ駅から徒歩7分、または路線バス65番か391番に乗ってキュー・ガーデンズ・ロード停留所で降りると1分以内

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/06/12−2019/06/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -