積丹「鱗晃(りんこう)」で絶品ウニ丼!甘えび丼や海の子三色丼も

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

積丹「鱗晃(りんこう)」で絶品ウニ丼!甘えび丼や海の子三色丼も

積丹「鱗晃(りんこう)」で絶品ウニ丼!甘えび丼や海の子三色丼も

更新日:2019/06/30 17:22

ミセス 和子のプロフィール写真 ミセス 和子 北海道ブロガー、街興しフリーライター
北海道は四方が海に囲まれ、ウニの漁獲量が日本一と言われています。特に日本海側「積丹半島」の生ウニは美味しいので有名。
積丹のウニが美味しい訳は、積丹ブルーと呼ばれるほど透明度が高い積丹の海がとても栄養のある海だからなのです。昆布や海藻がよく育ち、その昆布を食べて育つウニに滋味が蓄積されるのです。
積丹の観光名所「島武意海岸」の近くにあるお食事処「鱗晃」で、お勧めしたい海の幸の丼を4つご紹介します。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

ご飯の見えないウニ丼とは?

ご飯の見えないウニ丼とは?

写真:ミセス 和子

地図を見る

鱗晃のウニ丼は、ご飯の見えないウニ丼で有名。たっぷりと豪快に「エゾムラサキウニ(白ウニ)」が盛り付けられています。ウニを一口頬張ると、磯の香りとウニ本来の持つ甘さが口の中でとろけて、何とも言えない満足した気分になります。

積丹では、バフンウニとムラサキウニの二種類のウニが獲れますが、80パーセントはムラサキウニです。ミョウバンなどの添加物が使われていない天然の生ウニが味わえます。

ご飯の見えないウニ丼とは?

写真:ミセス 和子

地図を見る

写真は「ウニ丼定食」。ウニ丼の他に、浜鍋と殻付きの生ウニ、お新香や昆布巻がセットになってお値打ちです。殻付き生ウニは、切り目が入っているのでそこから割り、専用スプーンでウニの身をすくっていただきます。平日限定のセットメニューです。

ご飯の見えないウニ丼とは?

写真:ミセス 和子

地図を見る

「浜鍋」は、一人用の小さな鉄鍋に、赤魚や甘エビ、ホタテやムール貝、お豆腐や長ネギ、しめじやわかめ等が入った味噌仕立ての鍋です。熱々の浜鍋をレンゲで容器に移していただきます。とても美味しい、積丹ならではの浜鍋です。

「海の子 三色丼」って?

「海の子 三色丼」って?

写真:ミセス 和子

地図を見る

「海の子三色丼」は、タラコとイクラ、そして生ウニがご飯の上に盛り付けられた丼です。生ウニだけではなく、イクラもタラコも食べたい方にぴったりな丼。
イクラもタラコも、食感と塩加減がちょうど良いお味です。

「海の子 三色丼」って?

写真:ミセス 和子

地図を見る

「海の子三色丼定食」には、小鉢のお料理の他に海老の頭の入った海老汁が付きます。

これぞ鱗晃の「海鮮丼」

これぞ鱗晃の「海鮮丼」

写真:ミセス 和子

地図を見る

鱗晃の「海鮮丼」は、生ウニと甘えび、イクラ、イカ、タコ、カニやサーモン、マグロや白身魚等の新鮮なネタがたっぷりと盛り付けられています。
小皿にお醤油とわさびをといて、上からかけていただいてみましょう。新鮮でぷりっぷりのネタが美味しい北海道の海鮮丼です。

これぞ鱗晃の「海鮮丼」

写真:ミセス 和子

地図を見る

ボリューム満点の「海鮮丼定食」は、海老汁と昆布巻き、つぶ、お漬物の小鉢が付いています。満足できる定食です。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

ぷりぷりの豪快「甘エビ丼」

ぷりぷりの豪快「甘エビ丼」

写真:ミセス 和子

地図を見る

丼いっぱいに盛り付けられた「甘エビ丼」。こんなに甘エビが食べられるかしら?飽きないかしら?と心配になりそうですが、ぷりぷりの食感で口の中でトロンと溶けて、新鮮で甘いので一気に食べることができます。

ぷりぷりの豪快「甘エビ丼」

写真:ミセス 和子

地図を見る

「甘エビ丼定食」も海老汁と小鉢の付いた定食です。

ぷりぷりの豪快「甘エビ丼」

写真:ミセス 和子

地図を見る

丼だけではない、一品料理の生ウニもあります。生ウニは新鮮さが一番、旬に水揚げされる産地まで出かけていただくのが一番贅沢な生ウニの食べ方ですね。

お食事処 鱗晃は「島武意海岸」の入り口に!

お食事処  鱗晃は「島武意海岸」の入り口に!

写真:ミセス 和子

地図を見る

積丹半島の観光名所「島武意海岸海岸」の入り口にあるお食事処「鱗晃」は。4月から11月の間だけ営業しているお店です。ウニの時期6月〜8月は早朝7時から営業しているので、朝ごはんにウニ丼を食べることができます。

店内にはお土産コーナーもあり、海産物や新鮮な朝に水揚げされた生ウニなども販売されています。お店の入り口には、お値段が書かれたメニュー表があるので、じっくり選んでから入店することができます。

お食事処  鱗晃は「島武意海岸」の入り口に!

写真:ミセス 和子

地図を見る

「鱗晃」から徒歩1分の場所には、「島武意海岸トンネル」があります。なんとか人が直立して通れるほどの天井の低いトンネルを抜けると、晴れた日には積丹ブルーが一望できる海岸に出ます。

お食事処  鱗晃は「島武意海岸」の入り口に!

写真:ミセス 和子

地図を見る

島武意海岸トンネルを抜けると、日本渚百選・選定海岸「島武意海岸」に出ます。ここはニセコ積丹小樽海岸国立公園に指定されている場所。海の青さは、積丹ブルーと呼ばれるほど透明度が高く美しい海岸です。

積丹お食事処 鱗晃 の基本情報

住所:北海道積丹郡積丹町入舸町109-9
電話番号:0135-45-6651
営業期間:4月中旬〜11月中旬
営業時間:
6月〜8月/7時〜18時
上記以外/9時〜17時
定休日:無休
駐車場:島武意海岸海岸の駐車場使用可能
お支払い:現金/クレジットカード使用不可

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/06/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -