鹿児島市街から30分!ホッと癒される天然かけ流し温泉「渓谷苑」

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

鹿児島市街から30分!ホッと癒される天然かけ流し温泉「渓谷苑」

鹿児島市街から30分!ホッと癒される天然かけ流し温泉「渓谷苑」

更新日:2014/04/30 16:57

六三四のプロフィール写真 六三四 日本旅のペンクラブ会員、4つ星温泉ソムリエ、温泉フリーライター

鹿児島市街地から姶良市(あいらし)に走る県道25号線。県道に沿って流れる本名川は随所に急流も見られる渓谷であり、四季折々の自然の美しさを楽しませてくれるエリアとしても知られています。

今回は、そんな自然豊かな鹿児島市街地近郊の癒しのスポットでもある渓谷沿いに位置する「渓谷苑」のご紹介です。

「癒し」のひとつは8,000坪の敷地を流れる川と滝!

「癒し」のひとつは8,000坪の敷地を流れる川と滝!

写真:六三四

地図を見る

広大な敷地を有する「渓谷苑」の代名詞ともいえるのが本名川と「女山滝(めやまたき)」。15mほどの落差のこの滝は、普段は繊細かつ穏やかな流れで訪れる人を和ませてくれます。

しかし、一旦雨が降るとその姿は一変し、豪音轟く荒々しい滝へと変貌します。まさに薩摩おごじょ(気立てがよく、控えめ、優しいが気は強い鹿児島女性を表わす方言)の典型のような「女山滝」。滝の名称が妙にしっくりくる鹿児島県民の男性は筆者だけではないのでは?そう感じます・・・。

これ以上書くと反感を買いそうなので次の「癒し」温泉のご紹介!

老若男女に人気のかけ流し温泉

老若男女に人気のかけ流し温泉

写真:六三四

地図を見る

コチラの温泉の魅力は無色透明かけ流しのきれいな湯。常連さんの多くが口にするのが「湯がきれい」のひとこと。筆者もこのきれいな湯にのんびり癒やしを求めて月に2度、3度と訪れています。

泉質は弱アルカリ性のナトリウム-塩化物・硫酸塩泉、ダブル美人の湯。潤いの補給が出来る化粧水のような湯でなめらかな肌ざわりも心地よく女性だけでなく男性にも評判の温泉です。

また敷地にはクレソンなどの野草が自生する天然水も湧いており、この水は浴場の水風呂にも使われています。冷たくきれいな水は飲用可能で浴中の水分補給や温冷交互浴にも最適。熱った体を冷ましゆっくり温泉をたのしむ事ができます。

姶良市だけでなく鹿児島市からもたくさんの温泉ファンが訪れる理由がこの湧き水にもあるのでしょう。

清流で育った名物の川魚料理は絶品!

清流で育った名物の川魚料理は絶品!

写真:六三四

地図を見る

「渓谷苑」の癒しは水と温泉だけでなく食にもあり!苑内にあるレストランでは会席料理、各種定食、めん類、丼物などの食事も提供しています。敷地内の自然に磨かれた水を利用して育てられた川魚料理は特におすすめ。澄んだ水で育った魚は臭みも無く、流れで身が引き締まって余計な脂もついておらず実に美味。プリプリとした歯ごたえが食欲をそそります。

「渓谷苑」では湧き水を使った冷たいそうめん流し(通年)も行っているので、そうめんを川魚料理とセットで頂くのもいいかもしれません。

温泉と食と自然で一日のんびりゆっくり

温泉と食と自然で一日のんびりゆっくり

写真:六三四

地図を見る

湯良し、水良し、食良し、自然良しの「渓谷苑」。温泉大国鹿児島と言われていますが鹿児島市街地近郊でコレだけのポテンシャルの高い温泉は他にはありません。

春は桜の咲き乱れる苑内、夏は女山滝からのひんやりとした涼風、秋は渓谷を彩る紅葉、冬は良質のダブル美人の湯でポカポカに。ホッと癒される天然かけ流し温泉「渓谷苑」、おすすめです。

【温泉名】上山温泉
【施設名】渓谷苑
【住 所】鹿児島県姶良市平松1773
【電 話】099-295-2044
【泉 質】ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
【適応症】きり傷、やけど、慢性皮膚病など
【入浴料】390円(大人)
【休 憩】1,000円〜(1日休憩プラン:温泉+広間+食事)
【家族湯】1,300円〜(1室1時間)
【宿 泊】6,800円〜(1泊2食付)

渓谷苑まとめ

「渓谷苑」では毎月お客様感謝デー風呂の日を行っています。この日は入浴料の割引、小学生以下の入浴無料、食事も10%オフなど盛りだくさんのサービスを提供。まだ行かれたことがないという方は風呂の日を利用するのをおすすめいたします。詳しくは「渓谷苑」ホームページをご覧ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/04/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ