マーケットと刑務所は必訪!パースの情緒あふれる港町フリーマントル

マーケットと刑務所は必訪!パースの情緒あふれる港町フリーマントル

更新日:2019/06/30 10:35

さかた のぞみのプロフィール写真 さかた のぞみ 1人女子旅応援サポーター、路地裏探検隊、トラベルライター、ワールドキャラバン
オーストラリア西海岸の大都市パース。「住みやすい街」としても非常に評価されていますが、そんなパースにおいて欠かせない人気の観光地が「フリーマントル」エリアです。

もともと港町として栄えたフリーマントルエリア。今ではマーケットや刑務所が特に有名な観光地となっており、週末にもなると多くの人で賑わいます。今回はそんなフリーマントルのおすすめ観光スポット4選をご紹介します!
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

パースから電車で30分!フリーマントルへのアクセス

パースから電車で30分!フリーマントルへのアクセス

写真:さかた のぞみ

地図を見る

パースの中心部からフリーマントルへのアクセスは、電車が最も一般的。パース市内から青色が目印の「フリーマントル線」に乗車すれば、終点のフリーマントル駅までは約30分ほどです。

電車から降りたら、ぜひ振り返ってフリーマントル駅にも注目してみましょう!こちらの建物は1900年代の初頭に出来た建物で、西オーストラリア州の歴史遺産にも登録されています。雰囲気もたっぷりですよね。

パースから電車で30分!フリーマントルへのアクセス

写真:さかた のぞみ

地図を見る

駅以外にも、フリーマントルエリアには古い建物がたくさん残っています。これらは19世紀に始まった入植当時に建てられたものが多く、長年にわたって大切に保護されてきました。フリーマントルは「世界で最も19世紀の面影がある港町」と呼ばれることもありますが、こうした建築を眺めているとまさにタイムスリップしたかのような気分に浸ることができます。

フリーマントル観光のハイライト「フリーマントルマーケット」

フリーマントル観光のハイライト「フリーマントルマーケット」

写真:さかた のぞみ

地図を見る

フリーマントル観光の一番の目玉になっているのが、毎週金曜日から日曜日にかけて開催されるマーケット。パース市内からマーケット目当てに通う人もいるほど、地元民にも愛されているマーケットです。

フリーマントル観光のハイライト「フリーマントルマーケット」

写真:さかた のぞみ

地図を見る

観光客が多く訪れることもあり、入り口周辺にはお土産関連の商品がずらりと並んでいますが、奥に歩を進めればもっとローカルな一面も垣間見ることができます。新鮮な野菜や果物はスーパーで買うよりも2〜3割ほど安くなっているものが多いので、ホテルで食べるフルーツをここで調達するのも良いでしょう。

フリーマントル観光のハイライト「フリーマントルマーケット」

写真:さかた のぞみ

地図を見る

もちろん、イートインコーナーも非常に充実しています。アジア料理やヨーロッパ料理など、実に多国籍なお店が多いので、ぜひその日の気分に応じて好きな料理をチョイスしましょう!活気のあるマーケットの中で食べるご飯は、すごく雰囲気があって旅情もたっぷりですよ。

<基本情報>
住所:South Terrace &, Henderson St, Fremantle WA
アクセス:フリーマントル駅から徒歩約10分
オープン時間:8:00〜20:00(金)、9:00〜18:00(土日)

世界遺産「フリーマントル刑務所」はフリーマントルの必見スポット!

世界遺産「フリーマントル刑務所」はフリーマントルの必見スポット!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

フリーマントルマーケットと並んで、フリーマントル観光の目玉となっているのがフリーマントル刑務所。1850年代に建てられた刑務所は1991年まで現役で機能しており、現在は世界遺産にも登録された刑務所内を自由に見学することができます。

世界遺産「フリーマントル刑務所」はフリーマントルの必見スポット!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

刑務所の各施設をぐるりと巡る一般的なツアーから、夜中に懐中電灯を片手に巡る肝試しツアーまで、実に様々なツアーがプログラムされているのも魅力です。ぜひお好みのツアーを見つけて参加してみましょう!

<基本情報>
住所:1 The Terrace, Fremantle WA
アクセス:フリーマントル市場から徒歩約5分
オープン時間:9:00〜17:00(水金のみ9:00〜21:00)

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

フリーマントルを見晴らす「ラウンドハウス」

フリーマントルを見晴らす「ラウンドハウス」

写真:さかた のぞみ

地図を見る

フリーマントル刑務所が完成する前、牢獄の役割を果たしていた建物が「ラウンドハウス」。西オーストラリア州で最も古い建物とされているラウンドハウスでは当時の様子がうかがえる展示もありますが、ぜひ注目していただきたいのがここからの景色です。

フリーマントルを見晴らす「ラウンドハウス」

写真:さかた のぞみ

地図を見る

ラウンドハウスに入るには何段も階段を上らなくてはなりませんが、その分振り返ればフリーマントルの景色を見渡すことができます。

フリーマントルを見晴らす「ラウンドハウス」

写真:さかた のぞみ

地図を見る

さらに奥へと進めば透き通るようなオーストラリアの海を一望することもできます。天気が良い日には小動物「クオッカ」で有名なロットネスト島も。ぜひフリーマントルならではの景色を堪能してくださいね!

<基本情報>
住所:15 Captains Ln, Fremantle WA
アクセス:フリーマントル駅から徒歩約10分
オープン時間:10:30〜15:30

フリーマントルでお土産買うなら「Eシェッド」

フリーマントルでお土産買うなら「Eシェッド」

写真:さかた のぞみ

地図を見る

フリーマントルでショッピングを楽しみたいという方は、ぜひ港付近の大きな倉庫「E SHED」へ行ってみましょう!こちらはフリーマントルマーケットほど人が多くないので、より落ち着いてショッピングを楽しむことができます。

フリーマントルでお土産買うなら「Eシェッド」

写真:さかた のぞみ

地図を見る

「E SHED」の一番の特徴は、通常のお土産だけでなくレトロなビンテージ品がたくさん売られているということ。昔の切手やお札をはじめ、古いお皿にグラスにワンピースなど、レトロ好きにはたまらない商品がたくさん揃っています。こうした商品は一期一会なので、気に入ったものはぜひ日本へ持ち帰りましょう!

フリーマントルでお土産買うなら「Eシェッド」

写真:さかた のぞみ

地図を見る

ショッピングにちょっと疲れたら、テラス席のあるカフェでまったり休むのも良いでしょう。ここはもう海の目の前なので、優しい潮風を浴びながらまったりすることができます。フリーマントル観光の終わりに、ぜひ思い思いの時間を過ごしてみてくださいね!

<基本情報>
住所:Peter Hughes Dr, Fremantle WA
アクセス:フリーマントル駅から徒歩約5分
オープン時間:9:00〜17:00(金土日)

週末をパースで過ごすなら、絶対フリーマントルがおすすめ!

いかがでしたでしょうか?マーケットに刑務所、見晴らし台にショッピングと実に様々な楽しみ方ができるフリーマントル。平日はほとんど人がいないので、金曜日から週末にかけてお出かけするのがおすすめです。

ぜひあなたもパース観光の週末を利用して、フリーマントルへお出かけしてみませんか?

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -