伝統と革新の「サツキかき氷」ホテルニューオータニ・東京

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

伝統と革新の「サツキかき氷」ホテルニューオータニ・東京

伝統と革新の「サツキかき氷」ホテルニューオータニ・東京

更新日:2019/07/31 16:45

Belle Churakoのプロフィール写真 Belle Churako 禁煙旅行推進ライター、素敵カフェ・レストラン発掘人

夏のお楽しみスイーツといえば「かき氷」。最近では様々な場所で趣向を凝らしたかき氷を食べられるようになりましたね。

今回は、スーパースイーツでも名高い「ホテルニューオータニ(東京)」が供する「サツキかき氷」をご紹介。日光から取り寄せた天然氷を贅沢に使い、ホテルパティシエが素材にこだわったシロップとマカロンをトッピング。
口どけの良いふわふわの氷と、厳選された素材が織りなすハーモニーは感動モノです!

KATO’S DINING & BARでいただく「サツキかき氷」

KATO’S DINING & BARでいただく「サツキかき氷」

写真:Belle Churako

地図を見る

究極の「サツキかき氷」を提供するのは、東京のホテルニューオータニにある「KATO’S DINING & BAR」。「サツキかき氷」が食べられるのはティータイムの14:00〜17:00(L.O.16:30)までです。
「サツキ」と名前がついているので、ザ・メインのロビィ階にある「SATSUKI」と間違いそうになりますが、「KATO’S DINING & BAR」は、ニューオータニガーデンコートの同じくロビィ階(6階)にあるダイニングバーです。

KATO’S DINING & BARでいただく「サツキかき氷」

写真:Belle Churako

地図を見る

「KATO’S DINING & BAR」は、日本料理のダイニング。ご覧の通り優雅な雰囲気の場所です。和箪笥など、ところどころに和のテイストを取り入れたインテリアデザインとなっています。

究極の「サツキかき氷」とは?

究極の「サツキかき氷」とは?

提供元:ホテルニューオータニ(東京)

https://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/kato/地図を見る

「サツキかき氷」が誕生したのは2014年。あの「スーパースイーツ」の生みの親である中島グランシェフが、ホテルニューオータニ開業50周年記念のメニューとして考案したものです。

初登場から毎年改良を重ね続け、2019年は以下の5種のかき氷を提供。
・一番人気は中央の「和三盆」(¥2,000)
・和のテイストを漂わせる「抹茶」(¥2,000)
・定番の人気商品「いちご」と「メロン」(共に¥1,800)
・2019年新作の「ブランマンジェ」(¥1,800)
(※全て税・サービス料別)

それぞれのかき氷の高さは20cm以上もあって、ボリュームたっぷり。上にちょこんと載せられたマカロンもキュートで、まさに「映えスイーツ」ともいえます。いずれも美味しそうで、選ぶのに迷うのは必至です。

究極の「サツキかき氷」とは?

写真:Belle Churako

地図を見る

サツキかき氷に使われているのは、明治から続く日光天然氷の蔵元、松月氷室(しょうげつひむろ)のもの。日光の湧水と冬の寒さが作り出す大自然の恵みです。

口にした時にフワッとほどける口当たりは、スーパーショートケーキのスポンジを思わせる軽やかさ。氷はシロップの味を引き立たせるクリアな風味で、キーンとなることもありませんし、最後まで口の中が冷たくならずに食べられます。

サツキかき氷は、その独特の食感と口当たりを引き出すために、冷凍庫から出してた氷を少し置いて、汗をかかせてから削っています。溶けた分がもったいない気もしますが、究極の食感を生み出すためのワザなのですね。

究極の「サツキかき氷」とは?

提供元:ホテルニューオータニ(東京)

https://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/kato/地図を見る

かき氷の見た目のアクセントにもなっている、キュートなマカロンは「パティスリーSATSUKI」の人気商品。メニューごとに異なるマカロンがトッピングされています。

新作の「ブランマンジェ」には、ホテルニューオータニのバラ園をイメージした「レッドローズマカロン」をトッピング。赤いバラを模したマカロンには、薔薇風味のクリームだけでなく、かき氷にも使われているライチテイストをプラス。上品な味わいに仕上げています。

他のマカロンにも、そのかき氷と一緒に味わうことで、よりかき氷の美味しさを楽しめるような工夫がされているのはさすがです。

一番人気!希少糖「和三盆」かき氷

一番人気!希少糖「和三盆」かき氷

写真:Belle Churako

地図を見る

一番人気は、和スイーツであるかき氷の「和三盆」。沖縄県の波照間島(はてるまじま)産、伊平屋島(いへやじま)産の2種の黒糖をブレンドして作った、特製の黒蜜をシロップに使用。沖縄の離島で作られている天然の黒糖は、それぞれの島によって味に違いがあるのが特徴です。

一番人気!希少糖「和三盆」かき氷

写真:Belle Churako

地図を見る

かき氷のタイトルにもなっている「和三盆」は氷にトッピングされており、黒糖シロップの少し後を引くビターさを、まろやかに包み込みます。

3種類の砂糖が持つ甘みと、隠し味の藻塩が織りなす絶妙な味のハーモニーが、舌の上で踊る口福が楽しめる、そんなかき氷です。

一番人気!希少糖「和三盆」かき氷

写真:Belle Churako

地図を見る

かき氷を食べ進めていくと、底には白玉・羊羹ゼリー・黒蜜あんこが登場。最後まで飽きさせない構成です。1つ1つがもちろん美味しいのですが、氷と共に口に含むことで、それぞれの具材の持ち味がミックスされ、新しい味わいを楽しめます。
白玉・羊羹ゼリー・黒蜜あんこいずれも、結構な量が入っていますので、最後の最後まで贅沢気分で食べ終えることができますよ!

定番人気!あまおうをふんだんに使った「いちご」

定番人気!あまおうをふんだんに使った「いちご」

写真:Belle Churako

地図を見る

かき氷といえば真っ先に浮かぶ定番でもある「いちご」。「サツキかき氷」のいちごは、博多あまおうの果肉100%のシロップを使用しています。
クリームや練乳などは使っていないので、いちご本来の美味しさを心行くまで堪能できる一品。

定番人気!あまおうをふんだんに使った「いちご」

写真:Belle Churako

地図を見る

いちごシロップというと、赤色を連想しますが、サツキかき氷のシロップはピンク色。あまおうの果肉そのものの色なのです。

定番人気!あまおうをふんだんに使った「いちご」

写真:Belle Churako

地図を見る

もちろん器の底には、あまおうシロップと共にいちごがゴロゴロ。こんにゃくを使用したいちごゼリーと共に、いちご尽くしのかき氷が楽しめます。「また!いちごが出てきた!」と期待を上回る量が入っていますよ。

同じフルーツ系では、やはり定番の「メロン」もおすすめ。メロン100%のシロップと共に、フレッシュなメロンとこんにゃくゼリーが、このいちごかき氷と同様に、氷の下に敷き詰められています。

新作「ブランマンジェ」はライチと元祖くず餅「船橋屋」のコラボ

新作「ブランマンジェ」はライチと元祖くず餅「船橋屋」のコラボ

写真:Belle Churako

地図を見る

2019年の新作は「ブランマンジェ」。シロップの色味がないので、一見シンプルに見えますが、「これがかき氷?」と思わせる斬新な組み合わせで話題の一品です。

そもそも「ブランマンジェ」とは、アーモンドミルクと砂糖、そしてゼラチンから作られるフランス料理のデザートのこと。

サツキかき氷では、パティスリーSATSUKIでも人気の、亀戸の元祖くず餅「船橋屋」のくず餅乳酸菌を加えたブランマンジェを、氷の下に敷き詰めています。

ホテルニューオータニと元祖くず餅「船橋屋」は様々なアイテムでコラボしており、パティスリーSATSUKIでは、スイーツのほかにパンも販売しています。「船橋屋」の本店取材記事もありますので、詳しくは「関連メモ」をご確認くださいね。

新作「ブランマンジェ」はライチと元祖くず餅「船橋屋」のコラボ

写真:Belle Churako

地図を見る

氷にかかっているのはライチのシロップと隠し味のはちみつ。氷を良く見ると白い部分がありますよね。これはブランマンジェではなく、ティラミスでおなじみのマスカルポーネチーズ。

ライチの爽やかさと、氷で冷やされたマスカルポーネチーズのクリーミーさがマッチし、新しいチーズのスイーツと食べているかのようです。

新作「ブランマンジェ」はライチと元祖くず餅「船橋屋」のコラボ

写真:Belle Churako

地図を見る

器の底には、たっぷりのライチと、くず餅乳酸菌入りのプルプルのブランマンジェがお出迎え。食感の異なるデザートを幾通りも組み合わせた味の奥深さを、ぜひご賞味ください。

日本の伝統的な昔ながらの氷の味わいを、厳選素材と革新的なアイディアで表現した「サツキかき氷」。毎年の進化から目が離せません!2019年の夏は、ぜひ究極のかき氷を味わってみませんか?

ホテルニューオータニ(東京)サツキかき氷の基本情報

場所:ホテルニューオータニ(東京)KATO’S DINING & BAR
期間:2019年9月30日(月)まで
提供時間:14:00〜17:00(L.O.16:30)
料金:抹茶、和三盆 ¥2,000/ブランマンジェ、いちご、メロン ¥1,800
(税金・サービス料別)

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/06/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -