ネスタリゾート神戸の夏はプール!混雑を回避する4つの方法も

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ネスタリゾート神戸の夏はプール!混雑を回避する4つの方法も

ネスタリゾート神戸の夏はプール!混雑を回避する4つの方法も

更新日:2019/07/03 17:33

塚本 隆司のプロフィール写真 塚本 隆司 ぼっち旅ライター

今や関西の夏を代表するスポット、ネスタリゾート神戸の大自然プール「ウォーターフォート」。連休や学校が夏休みに入ると、連日多くの人でにぎわいます。
理由は、日本でここだけの水のジェットコースターや異次元感覚のスライダーなど数々の楽しいことと、リゾート地としてのラグジュアリー感。2019年の夏はグランピングコーナーが登場しさらに充実です。
混雑回避方法と合わせて「夏のネスタ」の魅力を紹介します。

日本でここだけ!水のジェットコースター

日本でここだけ!水のジェットコースター

写真:塚本 隆司

地図を見る

大人気のスライダーから紹介しましょう。ウォーターフォートには、行列必至のスライダーが4つあります。写真は、グレートブラスター(手前のブルー)とファミリースプラッシュ(奥のグリーン)。

日本でここだけ!水のジェットコースター

提供元:NESTA RESORT KOBE(ネスタリゾート神戸)

http://nesta.co.jp地図を見る

訪れる人の誰もが一度は体験したいのが、日本でここだけ(2017年6月21日現在)水のジェットコースター「グレートブラスター」です。10メートルを超える高さから急降下をしたら、約6トン/分の水で一気に急上昇。迫力満点の2人乗りスライダーです。混雑時には1時間以上の待ち行列ができますが、それでも一度は滑りたいスライダーです。

日本でここだけ!水のジェットコースター

提供元:NESTA RESORT KOBE(ネスタリゾート神戸)

http://nesta.co.jp地図を見る

家族や友達と一緒なら「ファミリースプラッシュ」。4人乗りの専用浮き輪に乗り込んで、曲がりくねったトンネルを滑走。向きがどっちになるかわからないからスリルも満点。最後の横揺れもたまりません。

幻想的でスリリング「ダーク・スパイラル」の2つのコース

幻想的でスリリング「ダーク・スパイラル」の2つのコース

写真:塚本 隆司

地図を見る

宇宙空間を疾走するような不思議な感覚が体験できる「ダーク・スパイラル」は、ドットコースとリングコースの2種類があります。

幻想的でスリリング「ダーク・スパイラル」の2つのコース

提供元:NESTA RESORT KOBE(ネスタリゾート神戸)

http://nesta.co.jp地図を見る

全長は先に紹介したスライダーより短いですが、光るやドットやリングが幻想的でスリリングです。光のリング内を疾走するスリルと迫り来る光のドット。どちらもクセになるおもしろさです。

幻想的でスリリング「ダーク・スパイラル」の2つのコース

提供元:NESTA RESORT KOBE(ネスタリゾート神戸)

http://nesta.co.jp地図を見る

特に良く晴れた日がおすすめ。リングやドットの明るさが増し、より美しく見えますよ。

小さな子どもたちが大喜び水の楽園も大人気

小さな子どもたちが大喜び水の楽園も大人気

写真:塚本 隆司

地図を見る

ネスタリゾート神戸の「ウォーターフォート」は、行列必至の巨大スライダーだけではありません。楽しさでいえば水の楽園も忘れずに。大小さまざまなスライダーもあり、小さな子どもが一緒なら水の楽園の方がメーンになるでしょう。

小さな子どもたちが大喜び水の楽園も大人気

提供元:NESTA RESORT KOBE(ネスタリゾート神戸)

http://nesta.co.jp地図を見る

圧巻は「水の要塞(ようさい)」。てっぺんのバケツからは、2トンもの水が降りそそぎます。まさに「バケツの水をひっくり返した」状態を体験できます。

小さな子どもたちが大喜び水の楽園も大人気

提供元:NESTA RESORT KOBE(ネスタリゾート神戸)

http://nesta.co.jp地図を見る

他にも流れるプールや水深の浅いキッズプールJAVAJAVA(写真)など、幅広い世代で楽しめるのが、ウォーターフォートの魅力です。

有料でも確保したい休憩場所

ここだけのスライダーや楽しいプールがそろい、人気があるのも当然のネスタリゾート神戸「ウォーターフォート」。混雑状況も正直スゴいです。オープン前から入口ゲートは行列で、近い駐車場(P1)もオープン前に満杯になることがしばしば。

有料でも確保したい休憩場所

写真:塚本 隆司

地図を見る

一見広いように見えるテント設営可能エリアも、足の踏み場がないほどテントで埋め尽くされ、場所取りだけでも大変です。他に屋根のある広い休憩所がありますが、ここもすぐに満杯になるため休憩場所の確保は重要です。
注)幅約200cm×奥行約200cm×高さ約150cm以下の折り畳み式テントのみ可能です

<混雑回避情報その1:アーリーオープン>
ネスタリゾート神戸は、宿泊施設としても大人気。そこで、宿泊者には通常の30分前に入場できるアーリーオープン制がとられています。これでいい場所の確保ができますね。
(2019年7月中旬〜8月末までは、ほぼ満室です。詳しくは公式サイトをご確認ください)

有料でも確保したい休憩場所

写真:塚本 隆司

地図を見る

<混雑回避情報その2:ラグジュアリーシート>
日帰りで楽しむ人にもいい情報があります。有料休憩スペースの利用です。ラグジュアリーシートは、事前予約ができるので一番の解決策かもしれません。
1日4組(2〜4名)限定の4サイトがあり、1サイト15,000円。1ドリンクとホテル内のイタリアンレストラン「Trattoria SOGNI di SOGNI」の焼きたて窯焼きピッツア(2名で1枚)付きのスペシャルなシートです。
予約専用ダイヤル:0794-83-5211(前日の17時までに予約)

<混雑回避情報その3:有料シート>
場所や定員によって価格が変わりますが、1人当たり1000円程度の手軽な金額で利用できる有料シートもあります。4種36サイトあり、事前予約はできません。当日プール内事務所(パンダマークが目印)で購入できます。混雑日は着替える前に買った方がいいかも。

有料でも確保したい休憩場所

写真:塚本 隆司

地図を見る

新たにプールサイドのグランピングコーナーが登場!

新たにプールサイドのグランピングコーナーが登場!

写真:塚本 隆司

地図を見る

<混雑回避情報その4:プールサイドでグランピング>
2019年夏に新登場したのが、プールサイドでのグランピング。30サイトもあり、場所の確保と食事の両方ができるうれしいサービスです。泳ぐ準備さえできていれば楽しめる手軽さが魅力です。

新たにプールサイドのグランピングコーナーが登場!

提供元:NESTA RESORT KOBE(ネスタリゾート神戸)

http://nesta.co.jp地図を見る

バーベキューの内容は、牛肉や鶏肉、野菜などの食材に木炭やトングなどの器材、割り箸や紙皿などの食器類全てセットです。追加食材も売店で購入できます。

新たにプールサイドのグランピングコーナーが登場!

写真:塚本 隆司

地図を見る

1サイトあたりの定員は2〜4人。1サイト5000円でBBQセットが1人前4000円(2名以上で注文)。詳しくは予約専用ダイヤルで確認ください。
予約専用ダイヤル:0794-83-5211(前日の17時までに予約)

ネスタリゾート神戸「ウォーターフォート」の基本情報

期間:2019年6月27日(木)〜9月23日(月)
時間:
6月27日(木)〜7月12日(金)9時〜18時(最終入場17時)
7月13日(土)〜8月31日(土)9時〜19時(最終入場18時)
9月1日(日)〜9月23日(月)9時〜18時(最終入場17時)
入場料金:中学生以上2484円、2歳〜小学生1944円(各種スライダー料金は入場料金に含む)
前売りチケットがコンビニで購入できます
別料金:駐車場1,000円、プール以外のアクティビティ・延羽の湯は別途料金が必要。前売りチケットでは、天然温泉とのセット券やアクティビティ施設とのセット券など5種類のチケットがあります
電話:0794-83-5000(問い合わせ)、0794-83-5211(予約専用)
アクセス:
車 山陽自動車道三木東ICから約2分 中国自動車道吉川ICから約30分
直通バス 大阪駅発(1日3往復 7月15日〜8月31日)約60分 片道1500円、三ノ宮駅発(平日1日4往復/土日祝1日6往復)約40分 片道670円
宿泊施設:ホテル ザ・パヴォーネ、クラブ ルーム、コテージなど

表示の価格は全て税込みです。

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/06/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -