絶景パワスポ!60余体の磨崖仏群「国宝臼杵石仏」7月蓮祭りも

| 大分県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

絶景パワスポ!60余体の磨崖仏群「国宝臼杵石仏」7月蓮祭りも

絶景パワスポ!60余体の磨崖仏群「国宝臼杵石仏」7月蓮祭りも

更新日:2019/08/06 16:52

水津 陽子のプロフィール写真 水津 陽子 地域活性化・まちづくりコンサルタント

大分県臼杵市に、国宝に指定された61体の磨崖仏群を見ることができる「臼杵石仏」があります。

山の岩肌に彫刻された仏像の前には、豊かな自然や農村集落の風景が広がり、ハスの花畑や芝桜や菜の花、コスモスなど、四季折々の花が咲く石仏公園もあります。

神秘的な微笑みを称える如来像や巨大の岩と一体となったように見える力強い金剛力士立像など、神々しい仏たちが生み出す絶景パワースポットを是非、堪能ください。

平安時代後期の傑作「阿弥陀三尊像」

平安時代後期の傑作「阿弥陀三尊像」

写真:水津 陽子

地図を見る

集札所を通り、最初に見ることができるのが「ホキ石仏第二群」です。写真はその全景で、ここに仏像をおさめる厨子(龕・がん)が2つあり、向かって左手には阿弥陀三尊像、右手に九品の弥陀像(くほんのみだぞう)が収められています。

平安時代後期の傑作「阿弥陀三尊像」

写真:水津 陽子

地図を見る

臼杵石仏では個人旅行客を対象に、10時〜15時までの間で1時間程度、ボランティアガイドによる無料案内が受けられます。

こちらは平安末期頃の作とされる9体の阿弥陀如来像が並ぶ九品の弥陀像、ボランティアガイドさんにいろいろとお話をして頂くと有り難さや凄さが増します。

※ボランティアガイドは3日前まで予約が必要です。詳しくは記事末尾の【関連MEMO】にある国宝臼杵石仏のホームページをご覧ください。

平安時代後期の傑作「阿弥陀三尊像」

写真:水津 陽子

地図を見る

阿弥陀三尊像は平安後期頃の作で、阿弥陀如来坐像、脇侍に観音・勢至菩薩立像が並びます。見事な彫刻技術で掘られ、臼杵石仏の中でも最も優れた石仏の一つとされています。

20数体の石仏が集まるホキ石仏第一群は壮観

20数体の石仏が集まるホキ石仏第一群は壮観

写真:水津 陽子

地図を見る

ホキ石仏第一群は平安時代から鎌倉期に至るまでの磨崖仏が20数体並び、まさに壮観です。こちらは中尊に地蔵菩薩、左右に冥府にあって亡者の罪を裁き、救済する十王像を5体ずつ配した「地蔵十王像」、鎌倉期の作です。

20数体の石仏が集まるホキ石仏第一群は壮観

写真:水津 陽子

地図を見る

第一群には4つの龕があり、3つの龕にそれぞれ如来三尊像が収められています。いずれも平安後期から末期頃の作です。

隠れ地蔵とも呼ばれる「山王山石仏」

隠れ地蔵とも呼ばれる「山王山石仏」

写真:水津 陽子

地図を見る

こちらには通称、隠れ地蔵と呼ばれる「山王山石仏」のほか、三体の石仏が収められています。

隠れ地蔵とも呼ばれる「山王山石仏」

写真:水津 陽子

地図を見る

仏像の顔は輪郭が丸く、目鼻はこじんまりとして童児のようで、今にも語りかけるような口もとなど、邪気のない純真無垢な童顔が心を和ませてくれます。

気品あふれる「古園石仏」と巨石に浮かぶ「金剛力士立像」

気品あふれる「古園石仏」と巨石に浮かぶ「金剛力士立像」

写真:水津 陽子

地図を見る

最後に控える「古園石仏」は大日如来像を中心とする曼荼羅を構成し、臼杵石仏の中心的存在で、通称古園十三仏ともいわれます。

気品あふれる「古園石仏」と巨石に浮かぶ「金剛力士立像」

写真:水津 陽子

地図を見る

特に中尊の大日如来は日本の石仏の中でも最高傑作の一つとされます。切れ長の目に引き締まった口元が端正で気品あふれる表情を作り出しています。

気品あふれる「古園石仏」と巨石に浮かぶ「金剛力士立像」

写真:水津 陽子

地図を見る

古園石仏の隣にある巨石には2躯の金剛力士立像が彫られています。向かって左側の像は、ほぼ原型を留めておらず、大半が岩盤より脱落していますが、右側の像はその姿を今に留めています。

土産におおいたB級グルメ準グランプリ「たち重」も

土産におおいたB級グルメ準グランプリ「たち重」も

写真:水津 陽子

地図を見る

石仏観覧券発売所から集札所へ向かう道には「石仏観光センター・郷膳うさ味」があります。

店には様々なお土産や特産品が並び、臼杵の郷土銘菓「臼杵煎餅」は薬効豊かなショウガ風味。大分県の名産「臼杵かぼす」、臼杵焼の器など、臼杵ならではの品、旅の記念になる臼杵石仏の土産も揃います。

土産におおいたB級グルメ準グランプリ「たち重」も

写真:水津 陽子

地図を見る

ここではおおいたB級グルメNo.1決定戦で準グランプリを獲得した名物「たち重」が味わえます。農林水産大臣賞受賞、臼杵産一本釣り太刀魚を使ったかば焼きは、ふっくらしてとても太刀魚とは思えません。薬味には千切りにした大葉、カボス胡椒を添えて、少し甘めのタレで頂きます。

土産におおいたB級グルメ準グランプリ「たち重」も

提供元:臼杵市観光情報協会

http://www.usuki-kanko.com/地図を見る

臼杵石仏公園の蓮畑周辺では7月「石仏の里 蓮まつり」、8月には「国宝臼杵石仏火まつり」も開催されます。是非一度、九州屈指の絶景パワースポットに出かけてみませんか。

国宝臼杵石仏の基本情報

住所:大分県臼杵市大字深田804-1
電話番号:0972-65-3300(臼杵石仏事務所)
アクセス:JR臼杵駅より「大分県庁前行」又は「三重行」のバスで約20分、臼杵石仏で下車。臼杵駅へはJR大分駅から日豊本線特急35分

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/10/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -