天上界に竜宮城、神秘的な地底世界に幻惑!臼杵「風連鍾乳洞」

| 大分県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

天上界に竜宮城、神秘的な地底世界に幻惑!臼杵「風連鍾乳洞」

天上界に竜宮城、神秘的な地底世界に幻惑!臼杵「風連鍾乳洞」

更新日:2019/07/08 10:00

水津 陽子のプロフィール写真 水津 陽子 地域活性化・まちづくりコンサルタント

大分県臼杵市にある「風連鍾乳洞」は大正15(1926)年に発見された国指定の天然記念物です。洞の奥行きは500m、自然が生み出す独特の造形が並ぶ神秘的な地底世界は見る人を幻惑します。

日本で最も見事で美しい石筍群とされる「竜宮城」と呼ばれる地下の大宮殿のほか、「天上界」や「大だるま」、上から下がるつらら石と下から伸びる石筍がつながったという「霊妙閣」は高さ7m、21もの景勝を有し見所豊富です。

ミシュラン・グリーンガイド 大分にも選出

ミシュラン・グリーンガイド 大分にも選出

提供元:風連鍾乳洞

http://www.furen-shonyudo.com/地図を見る

風連鍾乳洞は閉塞型の鍾乳洞で外気の侵入が少なく、風化しなかったため、光沢がよく、均整のとれた美しい形、純白に近いのが特色です。

臼杵市では臼杵石仏などと並び、日本ミシュランタイヤが大分県内の観光地・観光施設を紹介する「ミシュラン・グリーンガイド 大分 WEB版」(仏語、英語)にも選出されました。

ミシュラン・グリーンガイド 大分にも選出

写真:水津 陽子

地図を見る

大正15年に青年団によって発見された洞窟。鍾乳洞の入り口近くにはその探検口が遺されています。現在は地下水のため、ここから中に入ることはできませんが、入り口部分を見学することができます。

ミシュラン・グリーンガイド 大分にも選出

写真:水津 陽子

地図を見る

洞の奥行きは500m。最奥にある15haの広場には洞内最大の記念物「競秀峰」が待っています。

何コレ?随所にクスっと笑える造形も

何コレ?随所にクスっと笑える造形も

写真:水津 陽子

地図を見る

「ちりめん土手」は高さ2m、長さ10mのフローストーンの丘で、この奥上方の小洞から流れ出した少量の地下水によって作られたものとされています。

何コレ?随所にクスっと笑える造形も

写真:水津 陽子

地図を見る

「これは一体・・・」と思わず声に出して唸ることも多々あり、よく見ると下の白っぽいところが人の顔にも見えてきます。「おじいさん」「おばあさん」というユーモラスなネーミングにはちょっとクスッとしてしまいます。

何コレ?随所にクスっと笑える造形も

写真:水津 陽子

地図を見る

こちらは「腰折の滝」、何か巨大な生き物の手のようで、今にも動き出しそう。この他にも「大だるま」や「亀さん」など、個性的な造形を見ることができます。

21もの見所、神秘的な地底世界を堪能

21もの見所、神秘的な地底世界を堪能

写真:水津 陽子

地図を見る

風連鍾乳洞の特徴の一つは、洞内で全く趣の異なる造形、景観が随所にあり、鍾乳石が一群となって天井から垂れ下がる豪奢なシャンデリアのほか、ヘリクタイトや鍾乳帯など、他では見ることができない日本最大級の鍾乳石に出会えるところです。

21もの見所、神秘的な地底世界を堪能

写真:水津 陽子

地図を見る

このまるで恐竜が咆哮しているようにも見える不思議な造形、洞内にはこうした神秘的な鍾乳石が随所に見られます。

21もの見所、神秘的な地底世界を堪能

写真:水津 陽子

地図を見る

こちらの見事な鍾乳石群。天井から生き物のように伸びる、根のような触手のような鍾乳石に覆われた壁面や天井は摩訶不思議な世界を創り出しています。

龍宮城は広さ15ha、中央にそびえる競秀峰

龍宮城は広さ15ha、中央にそびえる競秀峰

写真:水津 陽子

地図を見る

「竜宮城」は広さ15a、天井高15m。中央にある「競秀峰」は洞内最大の石筍で高さ10m、周囲は16m。1立方cmの成長には100〜130年ほどかかるとされており、ここまでになるには推定100万年以上かかるといいます。

龍宮城は広さ15ha、中央にそびえる競秀峰

写真:水津 陽子

地図を見る

「天上界」は高さ4m、周囲3m余りの純白の石柱で、特徴は透明な細長い鍾乳管です。レースのカーテンが垂れ下がっているようにも見え、鍾乳石とは思えません。

巨神兵にも見える瑞雲の滝、神秘の霊妙閣

巨神兵にも見える瑞雲の滝、神秘の霊妙閣

写真:水津 陽子

地図を見る

「瑞雲の滝」は高さ10m、この鍾乳石は全般的な鍾乳石の発達段階を示す最も興味のある鍾乳石群ともいわれています。

この他、洞内には「布引の滝」や「不老の滝」、「音無の滝」など、滝の名がつくものも多く、見比べてみると楽しいかもしれません。

巨神兵にも見える瑞雲の滝、神秘の霊妙閣

写真:水津 陽子

地図を見る

「霊妙閣」は高さ7m、上から垂れ下がる「つらら石」と下から伸びる「石筍」がつながってできたものです。

自然が生み出す独特の造形に魅了される「風連鍾乳洞」へ是非一度、訪れてみませんか。

風連鍾乳洞の基本情報

住所:大分県臼杵市野津町大字泊1632
電話番号:0974-32-2547
アクセス:JR日豊本線・臼杵駅から約23km、車で約30分
又はJR大分駅から大分バス「佐伯駅」行きで約1時間3分、「風連鍾乳洞入り口」で下車、徒歩15分

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/10/06 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -