ターコイズブルーの海を満喫!トルコ南部のプチリゾート「カシュ」

| トルコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ターコイズブルーの海を満喫!トルコ南部のプチリゾート「カシュ」

ターコイズブルーの海を満喫!トルコ南部のプチリゾート「カシュ」

更新日:2019/07/05 15:46

Yamada Mikaのプロフィール写真 Yamada Mika ひとり旅応援トラベラー

トルコの地中海沿岸部には多くのリゾート地があり、トルコ人はもちろん、多くのヨーロッパ人のバケーション先になっていることをご存知ですか?1番の魅力はその透き通るターコイズブルーの綺麗な海。そんな地中海沿いのリゾートの中でも、ダイビングで有名なカシュを紹介します!

透明度抜群の海でダイビング!

透明度抜群の海でダイビング!

写真:Yamada Mika

地図を見る

カシュには30ヶ所以上のダイビングスポットがあり、その透明度の良さと沈船で有名です。

中でも、カシュの港から近い、灯台元のダイビングスポットには、第二次世界大戦で使用されたC-47ダコタ飛行機が沈められており、人気のダイビングスポットになっています。翼長29メートル、全長20メートルのこの飛行機は深さ20メートルの位置にあり、多くの魚の住みかとなっています。また、飛行機の貨物エリアに入りやすいことも人気の理由で、ダイビングで飛行機の中に入れるスポットは滅多にないので必見!

カシュには、他にも、水中トンネルや水中渓谷といった有名なダイビングポイントがあり、運が良ければウミガメを見ることもできます。

カシュには綺麗なビーチがたくさん

カシュには綺麗なビーチがたくさん

写真:Yamada Mika

地図を見る

海辺のリゾートといえばやはりビーチですよね!カシュにも綺麗なビーチがたくさんあり、トルコの中でも美しいとされ、毎年のようにカシュにバケーションに来るトルコ人が多いです。

カシュの街中からミニバスで20分ほど離れたカプタシュビーチは海岸線沿いに切り開かれた砂浜のビーチです。小石のビーチが多いカシュでは貴重な砂浜のビーチで、白い砂浜とターコイズブルーの海のコントラストがとても美しく、さらに背面に迫る岩壁がカクタシュビーチに特別感を醸し出しています。

<カプタシュビーチの基本情報>
住所:Kalkan Mahallesi, 07580 Kas/Antalya
アクセス:カシュのバスターミナルからミニバスで20分。6ターキッシュリラ
ビーチにはレストラン、シャワー、トイレあり

カシュには綺麗なビーチがたくさん

写真:Yamada Mika

地図を見る

カシュの街中から東に20分ほど歩いたところにはマーメイドビーチがあります。アダビーチやビッグパブルビーチとも呼ばれるこのビーチは小石のビーチで、あまり大きくないので、隠れ家的な存在のビーチです。

ビーチサイトにレストランがあり、家庭的なトルコ料理をビーチサイドで楽しみながら、のんびりできます。美味しい料理と透き通った海を目の前にリラックスできるのは至福の時間ですね。

カシュの街中にも岩場を上手く利用したビーチがたくさんあります。レストランが併設されているビーチがほとんどなので、トルコ料理に舌鼓をしながら、お気に入りのビーチを探してみてはいかがですか?

<マーメイドビーチの基本情報>
住所:Andifli Mahallesi, Buyuk Cakil Plaji No:4, 07580 Kas/Antalya
アクセス:カシュ中心部から徒歩20分。ミニバスあり
ビーチにはレストラン、シャワー、トイレあり

ゆっくりと時間が流れるカシュ

ゆっくりと時間が流れるカシュ

写真:Yamada Mika

地図を見る

何と言ってもカシュの魅力はのんびりとした時間が流れていてリラックスできること。あまりトルコらしい雰囲気が強くなく、ヨーロッパ的な開放的な土地柄なので、気を張る必要もありません。

トルコ人は親日な人が多く、さらに、カシュにはアジア人観光客が少ないので日本から来たと言っただけで、親切にしてくれることも多いです。

都会の喧騒から離れて、人の温かみに触れられるカシュでのんびりした夏休みを過ごしませんか?

カシュの基本情報

アクセス:
アンタルヤのバスターミナルからバスで4時間(30ターキッシュリラ)
ダラマン空港からシャトルバスで2時間半(80ターキッシュリラ)
※イスタンブールからアンタルヤ空港、ダラマン空港までは1時間強

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/06/20−2019/06/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -