石造りの街並みやビーチ!ギリシャ・ヒオス島南部のおすすめ3選

| ギリシャ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

石造りの街並みやビーチ!ギリシャ・ヒオス島南部のおすすめ3選

石造りの街並みやビーチ!ギリシャ・ヒオス島南部のおすすめ3選

更新日:2019/07/09 13:11

smileatrip akoのプロフィール写真 smileatrip ako トラベル・グルメライター、バックパッカー、パネットーネ愛好家

ギリシャ・ヒオス島南部にある村々は「マスティック」と呼ばれる独特のハーブの生産が盛んな地域です。また、中世の街並みや歴史を感じられる建造物、そして美しい自然が残る地域でもあります。今回はそんなヒオス島南部のおすすめスポット3ヵ所「Vessa(ヴェッサ)」「Mavra Volia(マヴラ・ヴォーリァ)」「Olympi(オリンピ)」をご紹介します。

アーチ型の道や石の家が特徴の村「ヴェッサ」

アーチ型の道や石の家が特徴の村「ヴェッサ」

写真:smileatrip ako

地図を見る

ヒオス市街地から約20キロメートル。ヒオス島南部に位置する「Vessa(ヴェッサ)」は中世の街並みが残る村です。

アーチ型の狭い道が多く、地元の石を使って造られた家々が特徴です。

アーチ型の道や石の家が特徴の村「ヴェッサ」

写真:smileatrip ako

地図を見る

村の中にはいくつかの塔が建っています。これは、海賊からの攻撃に備える為に10世紀に建てられました。ジェノヴァ共和国による侵略の際は、この塔がマスティックの保存場所として活用されたり、住民の避難場所としても使用されました。

「マスティック」とは、ヒオス島南部でしか育たないハーブです。ウルシ科の香木で、マスティックの木から採れる樹液は、抗ピロリ菌など殺菌作用があるとされています。

ヒオス島がジェノヴァ共和国の支配下になった1346年頃、マスティックの生産が盛んでしたが、1566年にオスマン帝国の傘下になると、非常に厳しい政策が行われました。マスティック生産者は毎年オスマン・トルコ皇帝に最高級のマスティックを納めなければならなくなったからです。

第一次世界大戦によってマスティック貿易は危機に陥り、衰退していきました。しかし、それを食い止め、ヒオス島のマスティック生産を促進させる為に「キオスマスティック生産者組合(Chios mastiha Growers Association)」が設立されました。

アーチ型の道や石の家が特徴の村「ヴェッサ」

写真:smileatrip ako

地図を見る

現在はマスティックの効用が注目されるようになり、欧米を中心に世界中で殺菌用の薬や歯周病予防の歯磨き粉の開発が行われています。

<Vessa(ヴェッサ)の基本情報>
アクセス:ヒオス市街地から車で南西へ35分

ギリシャ人にも人気のビーチ「マヴラ・ヴォーリァ」

ギリシャ人にも人気のビーチ「マヴラ・ヴォーリァ」

写真:smileatrip ako

地図を見る

ヒオス市街地から約30キロメートル南下すると、ギリシャ人もおすすめのビーチ「Mavra Volia(マヴラ・ヴォーリァ)」に到着します。

ここは現在休火山のPsaronasの黒い小石から名前を得て、「Black beach(黒いビーチ)」とも呼ばれ、黒い玉砂利の浜辺が特徴のビーチです。濃い色の小石によって、透き通った海の色に深みが増しています。

ギリシャ人にも人気のビーチ「マヴラ・ヴォーリァ」

写真:smileatrip ako

地図を見る

Mavra Volia(マヴラ・ヴォーリァ)は水温も比較的温かく、水が透き通っているので、魚がよく見えます。

ギリシャ人にも人気のビーチ「マヴラ・ヴォーリァ」

写真:smileatrip ako

地図を見る

この地域は火山独特の険しい断崖があり、Mavra Volia(マヴラ・ヴォーリァ)の南端にも大きな岩がそびえています。岩壁には道が整備されているので、ぜひ登ってみて下さい。高台から眺めるエメラルドグリーンのエーゲ海は必見です。

その岩を下ると、「Foki beach」が目の前に広がります。Mavra Voliaに比べると落ち着いた雰囲気のビーチです。

<Mavra Volia(マヴラ・ヴォーリァ)の基本情報>
アクセス:ヒオス市街地から車で南西へ40分

石畳の道が続く村「オリンピ」

石畳の道が続く村「オリンピ」

写真:smileatrip ako

地図を見る

ヒオス市街地から約30キロメートル。13世紀に造られた村「Olympi(オリンピ)」は、石畳の狭い道が続き、外壁が繋がっているのが特徴です。

村の中心には高さ20メートルの塔が建っており、この塔を中心に放射線状に村が造られています。

石畳の道が続く村「オリンピ」

写真:smileatrip ako

地図を見る

村の中心のこの建物は、かつて海賊の攻撃があった際に防衛の為に使われていました。現在はレストランとして使用され、周辺の広場を含め、地元住民の憩いの場所になっています。

石畳の道が続く村「オリンピ」

写真:smileatrip ako

地図を見る

Olympi(オリンピ)は洞窟でも有名な観光地です。深さ約57メートルに広がるオリンピ洞窟は約1億5000万年の歳月をかけて形成され、巨大な鍾乳石が造られています。

オリンピでの散策は壁画アートも必見!

オリンピでの散策は壁画アートも必見!

写真:smileatrip ako

地図を見る

Olympi(オリンピ)村を散策していると、面白い壁画アートに出会います。なんとなく視線を感じたと思っても、実は外壁に描かれたアートかもしれません。

オリンピでの散策は壁画アートも必見!

写真:smileatrip ako

地図を見る

村の色々な場所に壁画アートが存在しているので、意識して探してみると、くすっと笑えるようなアートに出会えるかもしれませんよ。

<Olympi(オリンピ)の基本情報>
アクセス:ヒオス市街地から車で南西へ40分

ヒオス島南部の村には魅力がいっぱい!

「マスティック」の歴史が根付いているヒオス島南部の村々。それぞれ村の特徴も異なるので、歴史を感じながら、ぜひ色々な村を散策してみて下さいね。

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/06/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -