大阪湾ベイサイドが幻想的空間に!南港ATCにイルミネーション誕生

大阪湾ベイサイドが幻想的空間に!南港ATCにイルミネーション誕生

更新日:2014/05/27 17:46

西日本最大級のウォーターフロント「大阪南港ATC(太平洋アジアトレードセンター)」。 その中にある、全長450mのシーサイドスペース「O’sパーク(オズパーク)」にイルミネーションスポットが誕生しました!幻想的な空間、そして煌めく光の回廊(コリドー)を、潮風を受けながら是非お楽しみください。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

シーサイド一帯が幻想的な空間に!煌めく光の回廊

シーサイド一帯が幻想的な空間に!煌めく光の回廊
地図を見る

ATC(太平洋アジアトレードセンター)は、大阪市住之江区大阪南港エリアの複合商業施設。ITM棟とO’s(オズ)棟で構成されています。ITM棟にはIT関連・海外企業等のオフィスを中心に、家具・インテリアのショールームやタウンアウトレット「マーレ」などがあります。
また、オズ棟には、食事やショッピングなどを楽しむことができる約70店舗が並び、各種イベントも行われるので、つねに賑わいを見せてくれています。 

そのオズ棟西側にある全長450mのシーサイドスペース「オズパーク」は、海に向かって開かれた憩いのスペース。海沿いを歩くこともできますし、座って海を眺められる構造になっています。歩きながら語らうのもよし、座って語らうのもよし!光の回廊(コリドー)を中心としたこの幻想的な空間で、素敵な時間をお過ごしください。

皆があたたかい気持ちになれる光景

皆があたたかい気持ちになれる光景
地図を見る

淡い光の光源を集めて、こんな素敵な風景も作り出されています。きらめくイルミネーションがあたたかい気持ちを運んで来てくれ、大人だけではなく、子供達もとっても楽しそうに過ごしています。

別府観光港へのフェリー乗り場も隣接

別府観光港へのフェリー乗り場も隣接
地図を見る

大阪から別府観光港を結ぶ「フェリーさんふらわあ」の乗り場、大阪南港コスモフェリーターミナル(ATCのりば)も隣接してます。フェリー出発前に、イルミネーションをバックに記念撮影はいかがでしょうか。御覧のように、写真撮影スポットもあります。きっと素敵な旅の思い出の一枚となるでしょう。

光の回廊を見守る大阪府咲洲庁舎

光の回廊を見守る大阪府咲洲庁舎
地図を見る

ATC(太平洋アジアトレードセンター)の東側にそびえ立つ、大阪府咲洲庁舎(旧大阪ワールドトレードセンタービルディング/略称WTC)。1996年度・第16回大阪都市景観建築賞の大阪市長賞を受賞した、日本第4位の高さ(256.0m)を誇る超高層ビルです。
こうやって見ると、大阪府咲洲庁舎がオズパークの光の回廊を見守ってるように見えますね。イルミネーションを見ながらも、ちょっと後ろを振り返って、TVなどで話題になることもある大阪府咲洲庁舎の姿も見て帰ってくださいね。

夕日をみるならこちらもお勧め、地下鉄コスモスクエア駅北側「シーサイドコスモ」

夕日をみるならこちらもお勧め、地下鉄コスモスクエア駅北側「シーサイドコスモ」
地図を見る

地下鉄コスモスクエア駅北側「シーサイドコスモ」もご紹介します。ここは、ATCからニュートラムでひと駅、徒歩なら約10分の所にある、夕日を見るならお勧めのスポットです。

東西に長く伸びる「シーサイドコスモ」は、左側に夕日、右側に大阪港・天保山にある海遊館や観覧車を見る事ができます。海に向かって設置されている、ベンチに座り夕日を眺めながら、語り合うのはいかがでしょうか。

ここで沈みゆく夕日を鑑賞し、暗くなったらオズパークに向かいイルミネーションを堪能する…このコースがお勧めです。

最後に

南港は、天保山・海遊館付近からも車で約15分です。天保山までいかれたら、夕暮れは南港で過ごすのはいかがでしょうか。お勧めいたします。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/05/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -