鯉泳ぐ近代庭園に癒されよう!長崎県島原市「湧水庭園 四明荘」

鯉泳ぐ近代庭園に癒されよう!長崎県島原市「湧水庭園 四明荘」

更新日:2019/07/06 10:40

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 日本深掘りサイクリスト、アウトドアフォトグラファー、B級グルメ探訪家
雲仙普賢岳のお膝元「島原市」は水の都として知られる風情豊かな城下町。随所に溢れる湧水が水路を潤す景観が特徴的で、近年は「鯉の泳ぐまち」として注目を浴びています。そんな島原の中心にあるのが、今回紹介する「湧水庭園 四明荘」。1日3千トンもの水が湧く美しい池の上に、まるで浮遊するかの如く造られた邸宅から、鮮やかな緑と透明な水の中を優雅に泳ぐ鯉を眺めることができます。そこにあるのは極上の癒しの時間です。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

生活に根差した湧水!「鯉の泳ぐまち」の美しい景観

生活に根差した湧水!「鯉の泳ぐまち」の美しい景観

写真:土庄 雄平

地図を見る

元々湧水が豊富な「長崎県島原市」。60箇所もの湧水点が「島原湧水群」として名水百選へ選出されています。それ故に、町の中心部には水路が発達し、かんざらし等、水を使った食文化も育ちました。しかし、全国に「水の町」は多くあり、湧水と言う観点だけでは、いささか観光客を呼び込むには地味であるため、島原市が行った画期的な試みが「鯉の放流」です。

生活に根差した湧水!「鯉の泳ぐまち」の美しい景観

写真:土庄 雄平

地図を見る

その結果、今では「鯉の泳ぐまち」というフレーズが島原の常套句になり、その風光明媚な風景を求めて、多くの人がこの地を訪れるようになりました。水路を眺めてみれば、コンコンと水の湧く美しい清流の中を泳ぐ錦鯉の力強い姿が印象的!まさにこの景観は、歴史(昔)と町おこし(今)が有機的に結びついた唯一無二の形と言えるでしょう。

美しい庭園にお茶のサービス!奥ゆかしい「湧水庭園 四明荘」

美しい庭園にお茶のサービス!奥ゆかしい「湧水庭園 四明荘」

写真:土庄 雄平

地図を見る

そんな「鯉の泳ぐまち」の水路に面する立派な建物が「湧水庭園 四明荘」。明治後期の医者・伊東元三氏により建てられた別荘で、禅僧を招いて作庭されたと伝えられています。その特徴は、湧水をそのまま庭園として利用しているということ。京都にあるような枯山水式庭園とは対極的ですね。

美しい庭園にお茶のサービス!奥ゆかしい「湧水庭園 四明荘」

写真:土庄 雄平

地図を見る

濃い緑に彩られた門をくぐり、別荘の建物へ足を踏み入れれば、1日3千トンもの水が湧き出る透明度の高い池、そしてそこを悠々自適に泳ぐ鯉の姿に思わずうっとりしてしまうことでしょう。また建物と庭園の組み合わせも絶妙です!部屋の中からは、窓に区切られてまるで絵画のような、座敷と庭園が一体となった風景を眺めることができるほか、池の上に張り出す形で設けられた縁へと座れば、まるで水上に浮かんでいるような錯覚を味わえます。

美しい庭園にお茶のサービス!奥ゆかしい「湧水庭園 四明荘」

写真:土庄 雄平

地図を見る

そんな美しい部屋では、湧水を使ったお茶を頂くことができます。このお茶は入場料300円に含まれているのが嬉しいところ。目でも口でも、島原名物の湧水が楽しめるのは何とも一興ですね。

また「四明荘」を案内してくれる女将は、打ち解けやすい温かい人柄で四明荘名物です!(笑)分からないことがあったら質問してみましょう。きっと島原のことをより深く理解できるはず!

より情緒が増す!雨の時こそ行きたい「四明荘」

より情緒が増す!雨の時こそ行きたい「四明荘」

写真:土庄 雄平

地図を見る

風光明媚な島原の「湧水庭園 四明荘」ですが、実は雨のシチュエーションでも、また良い味を生んでくれます。木々に滴り落ちる雫、湧水の池にポツポツと降る雨。その中を泳ぐ色とりどりの錦鯉。より潤いのある風景へと変わり、周囲の色彩がより鮮明に映り込んできます。「わびさび」とでも言えば宜しいでしょうか。雨が、非常に心地よい雰囲気を醸し出してくれるのです。

より情緒が増す!雨の時こそ行きたい「四明荘」

写真:土庄 雄平

地図を見る

実はこの点は、周辺の「鯉の泳ぐまち」でも同様です。「四明荘」への入場料を払う「清流亭 鯉の泳ぐまち 観光交流センター」の雨樋を通して見る街並み、水路のみならず町一帯が濡れてキラキラと反射する情景など、実に風情があります。雨だからこそカメラを持って、フォトジェニックなシーンを探すのがとても楽しいです。また、島原にはグルメスポットが多く、雨宿りに困らないのも嬉しいですね。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

水をテーマに!島原の町と癒しの湧水庭園「四明荘」を巡ろう

水をテーマに!島原の町と癒しの湧水庭園「四明荘」を巡ろう

写真:土庄 雄平

地図を見る

今回紹介した近代庭園「湧水庭園 四明荘」は、「鯉が泳ぐまち」島原を代表するスポットです。湧水の池をそのまま使って、そこに鯉を放流するという手法自体、この島原で無ければあり得ない組み合わせで、それ故に唯一無二の景観が作り上げられています。

そして座敷とその景色のマッチングも魅力的。一歩引いて庭園へ目をやれば、思わずうっとりと眺めてしまうことでしょう。

そんな島原随一の絶景庭園へ、街並み散策と一緒にぜひ足を運んでみて下さいね!雨の時に訪れれば、情趣がさらに増すのでおすすめです。

湧水庭園 四明荘の基本情報

住所:長崎県島原市新町2丁目
電話番号:0957-63-1121
アクセス:島原鉄道「島鉄本社前駅」から徒歩10分
備考:「鯉の泳ぐまち観光交流センター清流亭」で300円払って入場券を購入が必要です。年中無休で営業時間は9:00~18:00。午前中が比較的空いています。

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -