ちょっと贅沢な大人旅!風情ある「城崎温泉」1泊2日モデルコース

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ちょっと贅沢な大人旅!風情ある「城崎温泉」1泊2日モデルコース

ちょっと贅沢な大人旅!風情ある「城崎温泉」1泊2日モデルコース

更新日:2019/07/12 15:49

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 アウトドアライター、小豆島サイクリングガイド、自転車旅フォトグラファー

平安時代から1300年の歴史があり、兵庫を代表する名湯「城崎温泉」。情緒あるレトロな街並みと枝垂れ柳が印象的なこの温泉街は、ちょっと贅沢な大人旅にぴったりです。なぜなら、温泉街には上質で落ち着いた旅館が数多く建ち並ぶほか、昼夜問わず趣があり、浴衣&下駄に着替えれば、普段味わえない非日常の時間を堪能できるから!また、思わず写真を撮りたくなるシーンに町の至る所で出会えるのもポイントです。

お昼過ぎに旅館へチェックインしたら、癒しの街並み散策へ

お昼過ぎに旅館へチェックインしたら、癒しの街並み散策へ

写真:土庄 雄平

地図を見る

新大阪から特急こうのとりで約3時間弱、中々長い電車旅を終えると「城崎温泉」へと到着します。遠方の方は「コウノトリ但馬空港」へ就航する飛行機を使い、そこからバスに乗って向かうのが得策です。車でもアクセス可能ですが、到着後に不要になってしまうので、レンタカーはあまりおすすめできません。

お昼過ぎに旅館へチェックインしたら、癒しの街並み散策へ

写真:土庄 雄平

さて1日目のお昼過ぎに「城崎温泉」へ着いたら、まず旅館へ荷物を預けるのがベスト!なぜならストレスフリーに散策をするためです。軽装へ準備を整えたら、早速街並み散策からスタートしましょう。まずは「城崎温泉」の雰囲気を形作っている大谿川(おおたにがわ)沿いの景観です。レトロな街並みを彩る枝垂れ柳、そして川の水面に映る青空がとても趣があります。少し歩くだけで癒されること間違いなし!

絶品の「城崎スイーツ」を満喫しよう!

絶品の「城崎スイーツ」を満喫しよう!

写真:土庄 雄平

地図を見る

さて、お昼過ぎの小腹がすく時間帯にオススメなのは「城崎スイーツ巡り」!実は、近年この古き良き街並みに、新進気鋭のスイーツが数々現れ、女性を中心に話題を呼んでいるのです。

まずは、温泉街の中心近くに位置するプリン専門店「Kiman」。砂糖をあまり使わず、たまごの黄身のみ使った濃厚なプリンを頂くことができるお店で、たまごプリン・クリームブリュレ・プレミアムプリンの3種が揃ったアソートが人気です。
見た目もとてもお洒落ですが、その味も素晴らしいんです。一口食べれば、思わず唸ってしまう程のとろける美味しさ!

<Kimanの基本情報>
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島267
電話番号:0796-32-2241
アクセス:JR城崎温泉駅から徒歩5分
※年中無休、10:00〜18:00の通し営業

絶品の「城崎スイーツ」を満喫しよう!

写真:土庄 雄平

地図を見る

甘いものを楽しんだ後は、爽やかな飲み物という選択はいかがでしょうか?「きのさきジュース菜果」では店頭にある果物を丸々使ったフレッシュなジュースを頂くことができます。暑い夏には、特にスムージーやフローズンカクテルがおすすめ!まるで果物を飲むかのように爽快で思いっきりクールダウンできますよ。ラインナップが豊富なので、外湯巡りの際にも利用したいところ。写真映えする色合いも良いですね。

<きのさきジュース菜果の基本情報>
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島644
電話番号:0796-32-0101
アクセス:JR城崎温泉駅から徒歩5分
※年中無休、9:00〜23:00の通し営業

絶品の「城崎スイーツ」を満喫しよう!

写真:土庄 雄平

地図を見る

温泉街の奥にも是非訪れたいお店があります。その名も「城崎スイーツ本店」!スイーツと括られている通り、パフェやジェラート、スムージーやドリンクなど幅広く揃っており、気温が上がってくる時間帯には、まるで天国に来たようなラインナップ!

なお、向かいには外湯の一つ「御所の湯」があるので、それを背景に写真撮影するのがおすすめ!まさに城崎温泉らしい風情ある一枚が撮れますよ。

<城崎スイーツ本店の基本情報>
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島527
電話番号:0796-32-4040
アクセス:JR城崎温泉駅から徒歩10分
※木曜が定休日、それ以外9:45〜17:45通し営業

旅館で一息!浴衣でレトロな町並み散策と外湯めぐり

旅館で一息!浴衣でレトロな町並み散策と外湯めぐり

写真:土庄 雄平

地図を見る

外でゆっくり楽しんだら、旅館に戻り夕涼みをすると良いでしょう。というのも、城崎温泉の醍醐味は夜にあるから!ここで一息ついておくのがポイントです。宿の夕御飯は17時くらいに早めに設定しておくと、その後がスムーズです。

そうして、城崎の旅館の醍醐味である山と海の幸が詰まった料理を頂きましょう。地産地消にこだわった宿も多く、温泉街の入り口付近にある「つばきの旅館」では城崎の近くの漁港・津居山港で水揚げされた旬の魚やカニ、そして自然の中で育まれた但馬牛を贅沢に味わうことができます。また夏らしいスイカなど旬の品々もあるのも嬉しいところ。

<ぎゃらりーの宿 つばきの旅館の基本情報>
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島781
電話番号:0796-32-2131
アクセス:JR城崎温泉駅から徒歩5分

旅館で一息!浴衣でレトロな町並み散策と外湯めぐり

写真:土庄 雄平

食事を終えたら、浴衣に着替えて夜の温泉街へ繰り出しましょう。実は、城崎は「ゆかたの似合う町」と言われるほど、浴衣が定着しており、各旅館には選ぶのが迷ってしまうほど色とりどりの浴衣が揃っています。

温泉街のメインストリートへと出れば、温かな灯りに照らされた情緒ある大谿川沿いの景観が広がります。昼とはまた異なって、古き良き温泉街の雰囲気が際立つのが、この日没後なのです。カランコロンと響く下駄の音、行き交う浴衣の人々、昭和らしさが残る遊技場など、趣抜群の温泉街を散策するのはとても楽しいですよ。大人だからこそ味わえる風情あるひとときです。

旅館で一息!浴衣でレトロな町並み散策と外湯めぐり

写真:土庄 雄平

地図を見る

そして夜の城崎温泉の定番は「外湯めぐり」!実は、各旅館がもつ温泉以外に、7つの温泉があり、旅館の宿泊者は無料で利用することができます。そして各湯には、例えば「一の湯」=合格祈願、「まんだら湯」=商売繁盛というように、ご利益がついているので外湯めぐりの参考にしてみてはいかがでしょうか?

中でも女性に嬉しいのは、美人の湯「御所の湯」でしょう。なんと、かつて南北朝時代に後堀川天皇の御姉安嘉門院が入った名湯としても知られています。京都御所を彷彿とさせる建物景観や、7月中旬まで置かれる七夕飾りとのコラボレーションも味わいがありますね。

外湯は少し温度が高いため、サッと入ってサッと出るのが丁度良いです。外湯めぐりの間に、火照った体をお酒で冷ますのも、大人旅ならではの特権ですね!

<御所の湯の基本情報>
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島448
電話番号:0796-32-2230
アクセス:JR城崎温泉駅から徒歩10分

琴線に触れる一枚を!城崎温泉2日目はバリエーションルート

琴線に触れる一枚を!城崎温泉2日目はバリエーションルート

写真:土庄 雄平

地図を見る

2日目の楽しみ方は人それぞれ。温泉街を引き続き散策するもよし、昨日入れなかった外湯を巡るのもよし。温泉街を十分楽しんだよ!と言う人は、関西有数の水族館「城崎マリンワールド」や景勝地「玄武洞」へ行くのも一つの手ですね。ともにJR城崎温泉からシャトルバスが出ており、アクセスは容易です。旅館に荷物を置いて身軽な状態で観光できるのも嬉しいですね。

<玄武洞の基本情報>
住所:兵庫県豊岡市赤石
電話番号:0796-22-8111
アクセス:JR城崎温泉駅からシャトルバスで10分、JR玄武洞駅から渡し舟で約10分

琴線に触れる一枚を!城崎温泉2日目はバリエーションルート

写真:土庄 雄平

地図を見る

「城崎マリンワールド」も「玄武洞」も午前中いっぱいで回れるため、お昼には「城崎温泉」へ戻ってランチを頂きましょう。

中でおすすめは「をり鶴」。実は、銀座の有名なお寿司屋の職人が開いたお店で、新鮮でバラエティーに富んだ旬のお寿司を味わうことができます。お寿司は3000円以上するため、ちょっと高いと思われる方は、高級感がありながらもリーズナブルな海鮮丼をチョイスしてみてはいかがでしょうか?添えられているコウノトリの箸置きも可愛いですね。

<をり鶴の基本情報>
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島396
電話番号:0796-32-2203
アクセス:JR城崎温泉駅から徒歩10分
※火曜が定休日、それ以外11:00〜13:30、17:00〜21:00営業

琴線に触れる一枚を!城崎温泉2日目はバリエーションルート

写真:土庄 雄平

午後は帰る時間のギリギリまで、温泉街を気の向くまま回ってみると良いでしょう。「城崎温泉」には、至る所に写真映えするシーンが溢れているので飽きることがありません。心の琴線に触れる一枚を探して、カメラを構えて巡るのはとても楽しいですよ。しかし、飛行機で来られている方は、特に帰りの便の時間には注意してくださいね。

優雅で非日常な「大人旅」に!旅情満点の「城崎温泉」

関西有数の温泉街として知られる兵庫県「城崎温泉」。そこには上質で趣のある空間が広がり、極上の山と海の幸、そしてホッと一息つける温泉など、ゆったりと非日常を楽しむ「大人旅」にはもってこいの要素を有しています。

特に、浴衣・下駄という城崎流の正装に着替えて、夜のレトロな温泉街を練り歩くのは極上のひと時です。またインスタ映えのスイーツや、町を彩る紫陽花など、至る所に思わず写真を撮りたくなるようなシーンが現れるのも魅力!ぜひ「城崎温泉」で、仲の良い友人や家族、また恋人と素敵な時間を過ごしてみて下さいね。

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/06/30−2019/07/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -