名だたる戦国武将も祈願!名古屋「熱田神宮」で仕事運・勝負運アップ

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

名だたる戦国武将も祈願!名古屋「熱田神宮」で仕事運・勝負運アップ

名だたる戦国武将も祈願!名古屋「熱田神宮」で仕事運・勝負運アップ

更新日:2019/07/16 14:57

古川 和美のプロフィール写真 古川 和美 温泉ソムリエマスター、神社検定1級

熱田神宮は「草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)」という剣をお祀りしていますが、その歴史はかなり古く、創建から約1900年を迎える神社です。かつては戦国武将の御三家、信長・秀吉・家康なども篤く信仰してきました。今回は「神剣」をテーマに、特に勝負運、仕事運、成就運などを願う人におススメする別宮をはじめ、神剣と縁の深い摂社・末社もご紹介します。

草薙神剣の歴史を肌で感じよう

草薙神剣の歴史を肌で感じよう

写真:古川 和美

地図を見る

熱田神宮は三種の神器のひとつ「草薙の御神剣(くさなぎのみつるぎ)」を祀る、創建から約1900年を迎える古い歴史を持つ神社です。現在祀られているのは本宮の一番奥に鎮座する「本殿」。

現在の社殿は伊勢神宮と同じ神明造りですが、明治26年までは尾張造りで社殿も朱色の鮮やかなもので、外観も今とは全く違うものでした。こちらの社殿は伊勢神宮の内宮で使われていた古材を使用しているので、三種の神器の鏡を祀っていたものと考えると、二度有り難い参拝ができますね。

草薙神剣の歴史を肌で感じよう

写真:古川 和美

地図を見る

こちらは神楽殿の北側に位置する土用殿です。明治26年までは神剣はここに奉安されていました。先ほどの神明造りへの建て替えにより神剣は現在の本殿に移されましたが、それまではこの目の前が参道となっていました。

現在は祭祀などで使われることがありますが、今でもこの土用殿の前に立つと、厳かで神妙な気持ちになります。

名だたる戦国武将も篤く信仰した「別宮八剣宮」

名だたる戦国武将も篤く信仰した「別宮八剣宮」

写真:古川 和美

地図を見る

正門(南門)のすぐ左手にあるのが「別宮八剣宮(べつぐうはっけんぐう)」です。
本宮より少し規模は小さいですがほぼ同じ造りで、本宮と同じご祭神を祀り、神事も本宮にならって同じように執り行われます。

織田信長の必勝祈願をはじめ、豊臣秀吉や徳川家康なども社殿の造営や修復に力を入れるなど、名だたる戦国武将たちも厚く信仰していました。本宮を参拝されたらぜひこちらにも参拝されてみてくださいね。

名だたる戦国武将も篤く信仰した「別宮八剣宮」

写真:古川 和美

地図を見る

桶狭間の戦いといえば、歴史に詳しくない方でも耳にしたことはあると思います。大軍勢を率いて攻めてきた今川義元勢に対して、少人数で対抗した織田勢が勝利した歴史に残る戦い。
普通に考えると明らかに織田側の勝利は不可能と思えますが、ここでの必勝祈願のおかげでしょうか?その後織田信長はそのお礼にと「信長塀(のぶながべい)」を寄進しています。

土と石灰を油で練り固め瓦を厚く積み重ねたもので、「築地塀(ついじべい)」と呼ばれるもの。信長の想いが詰まった土塀に触れて思いを馳せてみては。

地元民からも長く愛され商売繁盛を願う「上知我麻神社」

地元民からも長く愛され商売繁盛を願う「上知我麻神社」

写真:古川 和美

地図を見る

別宮八剣宮と同じ敷地内にある「上知我麻神社(かみちかまじんじゃ)」。ご祭神は「乎止與命(おとよのみこと)」。聞きなれない名前ですが、日本尊命(やまとたけるのみこと)の奥さんである宮簀媛命(みやずひめのみこと)のお父さんにあたります。

こちらの神社は昔、東海道の宿場町「宮宿」にありました。宮宿は当時有数の崇敬を篤く受け、社頭の賑わいも大変なものであったと伝えられています。

昭和24年、国道1号の拡幅工事に伴い、現在の位置に移されました。移転後も変わらず、現在でも商売繁盛、また知恵の神様として多くの人が訪れています。

地元民からも長く愛され商売繁盛を願う「上知我麻神社」

写真:古川 和美

地図を見る

その「上知我麻神社(かみちかまじんじゃ)」の両脇には大国さまやえびす様が祀られていて、商売繁盛を願う人の方の参拝も多くみられます。

そして境内の授与所には、各種珍しいフレーズが書かれた「えびす神札」が4種類ずらりと並びます。特に目をひくのは「ちからえびす」。生涯現役でいつまでも元気で働いていたい!という人にはこちらのお札で活力をいただけるかもしれませんね。

境内では唯一の朱塗りの尾張造りの「南新宮社」

境内では唯一の朱塗りの尾張造りの「南新宮社」

写真:古川 和美

地図を見る

遠目からでもひとめで朱塗りの社殿がわかるのが「南新宮社(みなみしんぐうしゃ)」。

こちらはあの草薙の神剣をヤマタノオロチから取り出した本人でもある、素戔嗚尊(すさのおのみこと)をお祀りしていて、こちらも勇者や勝利のヒーローとして名高い神様です。勝負運、仕事運、勝運などに特にこだわる方はこちらにも足を運ばれてみては。

「勝負」「勇気」にちなんだ各種お守り

「勝負」「勇気」にちなんだ各種お守り

写真:古川 和美

地図を見る

さて、最後にお守りのご紹介です。これまでご紹介したように、熱田神宮では勝負運や成就運など祈願する方向けのお守りも豊富に揃っています。一部ご紹介しましょう。

左はビニールで覆われてサイズも小ぶりなので、お財布などにも入れて持ち歩きやすいもの。「勝紐」という紐も同封されています。これは、毎年年に一度の5月1日に西楽所で行われる舞楽神事の舞の1つ、戦勝の舞「陸王」の舞装束の柄で作ってあります。

右手の青地に龍の絵が渋いデザインは「男守(ますらお)」。知恵と力と勇気を持てるように、と祈願されています。
お気に入りのお守りで勝負運、成就運、勇気をいただけそうですね。

熱田神宮の基本情報

住所:愛知県名古屋市熱田区神宮一丁目一番一号
電話番号:052-671-4151(月〜日 8:30〜16:30受付)
アクセス:名鉄神宮前駅下車 徒歩3分
駐車場合計台数:400台

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/07/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -