祖谷渓の一軒宿「和の宿ホテル祖谷温泉」で最高の温泉と大自然を

| 徳島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

祖谷渓の一軒宿「和の宿ホテル祖谷温泉」で最高の温泉と大自然を

祖谷渓の一軒宿「和の宿ホテル祖谷温泉」で最高の温泉と大自然を

更新日:2019/08/11 16:31

Happy ブンブンのプロフィール写真 Happy ブンブン

日本三大秘境に数えられる徳島県の祖谷渓谷に、四国でも最高クラスの源泉を持つ「秘湯を守る会」認定の旅館があります。大自然の中にポツンと建つ「和の宿ホテル祖谷温泉」は祖谷温泉の中でも珍しい源泉かけ流し。また客室も一般の客室だけでなく、露天風呂が部屋にある絶景客室まで多彩です。食事は祖谷の旬の食材を中心とした会席料理を眺望の良いレストランで頂きます。大自然の絶景と最高の温泉があなたを待っています。

日本三大秘境の祖谷渓谷にまさかの一軒宿

日本三大秘境の祖谷渓谷にまさかの一軒宿

写真:Happy ブンブン

地図を見る

日本三大秘境の祖谷渓谷の中にポツンと建つ「和の宿ホテル祖谷温泉」は、祖谷温泉の中でも最深部に位置し、この宿に宿泊した人しか味わえない魅力を持った宿なのです。
写真を見れば一目瞭然ですが、宿は大自然に囲まれ、人工物は一切ありません。

日本三大秘境の祖谷渓谷にまさかの一軒宿

写真:Happy ブンブン

地図を見る

祖谷渓谷の名物として有名な小便小僧は、旅館から徒歩で5分の距離にあります。この小便小僧は1968年に徳島県出身の彫刻家・河崎良行氏によって制作されたもので、高低差約200メートルの断崖絶壁に置かれています。ユーモアいっぱいの彫刻を、散歩がてらに見学してください。

日本三大秘境の祖谷渓谷にまさかの一軒宿

写真:Happy ブンブン

地図を見る

旅館のバックは祖谷渓谷の大自然です。左側の建物が通常客室とダイニングホール Iya fellowsの有る別館。正面の建物が本館で玄関フロアは4階になります。こちらの建物は通常客室に加え、露天風呂のある客室と大浴場、渓谷に面した展望レストラン「Cafe Dining HANA」、そして谷底の源泉かけ流しの露天風呂に続くケーブルカーのターミナルがあります。

祖谷渓谷を眺めながら5分間の空中散歩

祖谷渓谷を眺めながら5分間の空中散歩

写真:Happy ブンブン

地図を見る

自慢の露天風呂は深い谷に向かってケーブルカーで降りていきます。約170メートル下の温泉までは、42度の傾斜がある断崖をゆっくり景色を眺めながら5分での到着です。

祖谷渓谷を眺めながら5分間の空中散歩

写真:Happy ブンブン

地図を見る

ケーブルカーのターミナル(旅館側)には小さな小便小僧と鳥の餌籠が置かれています。写真は小便小僧と野鳥のツーショット。野鳥を撮影するのは、人が混雑しない朝の第一便(7時)がお勧めです。もちろん一番風呂も楽しめますね。

祖谷渓谷を眺めながら5分間の空中散歩

写真:Happy ブンブン

地図を見る

ケーブルカーは露天風呂への通行手段だけではありません。日本三大渓谷の大パノラマをゆっくり降りていくと、夏は新緑、秋には紅葉、そして冬の雪景色と四季を通じて表情を変える景色を楽しめるのです。V字に切り立った渓谷の底に祖谷川が見えてこれば、露天風呂はもうすぐです。

川の畔にある露天風呂は四国では珍しい源泉かけ流し

川の畔にある露天風呂は四国では珍しい源泉かけ流し

写真:Happy ブンブン

地図を見る

「秘湯を守る会」の宿泊施設は全国にありますが、四国ではここ「和の宿ホテル祖谷温泉」だけとなっています。組織の目的は人も来ない山奥の良い温泉宿を保護する事から始まりました。写真の提灯は、今では良い温泉施設の証明ともなっているのです。

川の畔にある露天風呂は四国では珍しい源泉かけ流し

写真:Happy ブンブン

地図を見る

渓谷の露天風呂は「渓谷の湯」と「せせらぎの湯」があり、男女の入替制となっているので宿泊者はどちらの露天風呂にも入る事が出来ます。泉質はぬめりがあり、肌にまとわりつく「アルカリ性単純硫黄温泉」。炭酸などの各イオンを含んでいるので、浴槽に注がれる源泉は気泡が立つ、たいへん珍しい温泉でもあります。

川の畔にある露天風呂は四国では珍しい源泉かけ流し

写真:Happy ブンブン

地図を見る

祖谷川のすぐ前には「まどろみの畔」と名付けられた休憩所があります。ケーブルカーのターミナルには自動販売機が用意されているので、川の流れを眺めながらゆっくりするのもお勧めです。
またカップルやご家族でプライベートの温泉を楽しみたい方は、貸切露天風呂「やまぎりの湯」(60分有料)も用意されているので、フロントで予約してください。

日本三大秘境を眺めながら部屋露天を楽しむ贅沢

日本三大秘境を眺めながら部屋露天を楽しむ贅沢

写真:Happy ブンブン

地図を見る

客室は全20室で祖谷渓谷の景色を満喫できる月見台のある客室から、露天風呂や展望風呂が用意された部屋と豊富なラインナップとなっています。
今回紹介する部屋は3階にある露天風呂が付いた「ふたりじめ」というお部屋です。どちらかといえば地味なイメージがある「秘湯を守る会」の宿泊施設とは思えない、どちらかと言うと近代的デザイナーズ旅館を思わせる部屋です。

日本三大秘境を眺めながら部屋露天を楽しむ贅沢

写真:Happy ブンブン

地図を見る

12畳の主室の窓際には、ラウンジチェアが並べられた「寛ぎ場」があり、二人で並んで景色を楽しむ事が出来ます。また日本三大秘境の山々が目前に迫るテラスには、彩り鮮やかなハンモックが置かれています。大自然に抱かれながら、ゆっくりと流れる時間を楽しんで下さい。

日本三大秘境を眺めながら部屋露天を楽しむ贅沢

写真:Happy ブンブン

地図を見る

まさに客室の名前「ふたりじめ」通りの二人のためだけの部屋露天風呂です。肌触りの良い設楽焼の浴槽に注がれるのは、源泉を掛け流し(加熱のみ)という贅沢さ。目の前に広がるのは雄大な祖谷渓谷です。

「秘湯を守る会」トップクラスの食事は展望レストランで

「秘湯を守る会」トップクラスの食事は展望レストランで

写真:Happy ブンブン

地図を見る

食事は渓谷に面した展望レストラン「Cafe Dining HANA」で、絶景を眺めながら頂きます。写真は「秘湯を守る会」の旅館でもトップクラスの美しい前菜で、筍と湯葉木の芽和えや、季節の山の野菜に高知名物のカツオも加えられています。体の中から健康になれそうな見た目もきれいな料理です。

「秘湯を守る会」トップクラスの食事は展望レストランで

写真:Happy ブンブン

地図を見る

全国的にはアマゴとして知られる川魚で、この地域ではアメゴと呼ばれています。時間を掛けてじっくり焼いてあるので、骨も頭もすべて食べる事が出来ます。またこのアメゴを使った日本酒の骨酒もお勧めなので、日本酒ファンは試してみてください。

「秘湯を守る会」トップクラスの食事は展望レストランで

写真:Happy ブンブン

地図を見る

朝食は和食と洋食をそれぞれチョイスすることが出来ます。写真の和食は定番の出汁巻き玉子や、季節の煮物などが籠にきれいに並べられています。また朝食はブッフェ形式も取り入れ、別テーブルにデザート類や地元のそば米雑炊などが置かれています。右側に置かれている名物の「祖谷そば」も朝食ブッフェの一品なので、洋食をチョイスしても頂けます。

最高の温泉と大自然の素晴らしさを知ろう

「和の宿ホテル祖谷温泉」は四国で唯一の「秘湯を守る会」の宿泊施設で、源泉かけ流しの素晴らしい温泉と、ここでしか経験できない大自然が魅力の宿です。客室は色々なタイプが用意されているので、旅の目的に合わせて選ぶ事が出来ます。日本三大秘境の祖谷渓谷を一番身近に感じる事の出来る素晴らしい宿泊施設です。

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/22−2019/05/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -