滋賀「パフェ専門店LAMP」で幻想的なランプ型パフェを!

| 滋賀県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

滋賀「パフェ専門店LAMP」で幻想的なランプ型パフェを!

滋賀「パフェ専門店LAMP」で幻想的なランプ型パフェを!

更新日:2019/07/20 13:34

Sige pandaのプロフィール写真 Sige panda パンダライター、パンダスポット探検家

滋賀県箱館山にある「パフェ専門店LAMP」。アクセスは麓からゴンドラで。残念ながら予約は不可。人気の「いちごパフェ」の他に、2019年は、すいかパフェ、南国パフェ、メロンパフェが登場。秋にはいちじくパフェも。

夜の森をイメージした、幻想的な空間で楽しむランタン型のパフェ。見た目だけでなく味とボリュームも大満足!2019年には新スポット虹のカーテンも登場!ちょっぴりリゾート気分のパフェ屋さんです。

ゴンドラで移動!リゾート気分のパフェ屋さん

ゴンドラで移動!リゾート気分のパフェ屋さん

提供元:箱館山ゆり園

https://www.hakodateyama.com/green/地図を見る

「パフェ専門店LAMP」がある箱館山まではゴンドラで移動。上りのゴンドラは朝9時から16時30分まで随時運行。リフトのように次々とやってくるゴンドラに乗り込んで約8分で箱館山に到着します。

ゴンドラ往復料金は、大人 1,850円 子供 930円(18才以下)ペット 510円 で、3才以下は無料。途中、琵琶湖の絶景も楽しめます。ゆり園の入場料も含まれていますので、一緒に楽しんでくださいね。「パフェ専門店LAMP」の予約は不可。お出かけの際は、現地で並ぶ時間も考慮しましょう。

夜の森のような幻想的空間

夜の森のような幻想的空間

写真:Sige panda

地図を見る

こちらは、スキー場にあった山小屋をリノベーションして作られました。雪深い場所にある山小屋は窓も小さめで、ほの暗い空間。無数の小さな明かりはまるで星のよう。そう、ここは夜の森。お店に入るだけでテンションが上がります。

夜の森のような幻想的空間

写真:Sige panda

地図を見る

足下には小川をイメージした水場。ぽつぽつと明かりが流れてきます。川を流れる明かりのグラスが、カチンとぶつかる音も幻想的。川の上にはアクリルを貼ってありますので、落ちる心配はありません。

夜の森のような幻想的空間

写真:Sige panda

地図を見る

カウンターの向こうにも広がるランプの明かり。ずっと眺めていたくなる空間です。

お目当は輝くパフェ

お目当は輝くパフェ

提供元:箱館山ゆり園

https://www.hakodateyama.com/green/地図を見る

こちらで味わえるのが、ランタンに入った11種類のパフェ。光り輝くパフェはとてもフォトジェニック!フレッシュイチゴたっぷりの「いちごパフェ(税込 1,620円)」、上品な甘さの「桃パフェ(税込 1,620円)」などが人気です。甘いものが苦手な方には、ランタンに入ったドリンクや数量限定のランチプレートもありますよ。

お目当は輝くパフェ

写真:Sige panda

地図を見る

2019年の夏営業から、夏らしいパフェが3種類仲間入り。夏の定番スイカにレモンゼリーを合わせた「すいかパフェ(1,400円)」に、夏のびわ湖をイメージした青いゼリーが涼やかな「南国パフェ(1,300円)」、フレッシュメロンと紅茶ゼリーの組み合わせ「メロンパフェ(1,620円)」。どれもフォトジェニックで迷ってしまいますね。

お目当は輝くパフェ

写真:Sige panda

地図を見る

こちらは自分でカウンターまで取りに行くスタイル。素敵なロケーションに、幻想的なランタンの明かり。ランタンを持ち歩く体験も楽しいですよ。ランタンの明るさは、前のつまみで調節できるので、いい感じの明るさで写真を撮りましょう。

中身はこんな感じ

中身はこんな感じ

写真:Sige panda

地図を見る

こちらのパフェはビジュアルだけでなく、味も量も大満足。筒型のグラスには、先が細い通常のパフェグラスよりたっぷりのパフェが入っています。こんなにたくさん食べられるの?と思ってしまいますが、優しい甘さとフレッシュなフルーツの美味しさで、ペロッといけてしまうのが恐ろしい!

中身はこんな感じ

写真:Sige panda

地図を見る

満天の星空(をイメージしたライト)にかざせば、中身だけでもフォトジェニック。いつまでも楽しめるパフェです。

中身はこんな感じ

写真:Sige panda

地図を見る

写真手前から、メロン、スイカ、いちご、南国…カウンターにパフェが並ぶ姿は圧巻。2019年秋営業の時期には、地元産のいちじくを使用したパフェも登場予定!秋の味覚も楽しみですね。

びわ湖を望む絶景に虹のカーテンも

びわ湖を望む絶景に虹のカーテンも

提供元:箱館山ゆり園

https://www.hakodateyama.com/green/地図を見る

パフェを食べたら眺望も楽しみましょう。ゆり園を眼下に眺める「ゆりペアリフト(大人350円、子供200円)」で山頂まで登れば、眼下にゆりとびわ湖の絶景が広がります。ユリの見頃は7月中旬から8月上旬まで。秋は真っ赤に染まるコキアのコキアパークが楽しめます。

びわ湖を望む絶景に虹のカーテンも

写真:Sige panda

地図を見る

さらに2019年夏に、新たなフォトスポットが誕生。地元の伝統工芸品「高島ちぢみ」を200枚も使用した「虹のカーテン」です。虹のカーテンをくぐれば、そこはびわ湖の見える丘。眼下にびわ湖の絶景が広がります。

びわ湖を望む絶景に虹のカーテンも

提供元:箱館山ゆり園

https://www.hakodateyama.com/green/地図を見る

晴れた日の眺めは最高!このあたりは高島時雨と呼ばれるにわか雨の振りやすい気候。雨のあとに本物の虹が見られることもあるんですよ。

さらに山上では、期間限定のイベントも盛りだくさん。びわ湖の湖面に輝く満月と星空が楽しめる人気イベント「箱館山ナイトゴンドラ」も、2019年は日程が増えて行きやすくなっています。詳しくは関連MEMOの公式ホームページからチェックしてくださいね。

パフェ専門店LAMPの基本情報

期間:夏季営業 6月29日(土)〜8月25日(日)、秋季営業 9月14日(土)〜10月14日(月) 
営業時間:10:00〜16:30 ※日程により前後します 
ゴンドラ料金:大人1,850円、子供930円、ペット510円 

住所:滋賀県高島市今津町日置前 びわこ箱館山ゆり園内
電話番号:0740-22-2486(箱館山)
アクセス:JR近江今津駅から湖国バスで約20分

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/06/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -